受験情報

2021.08.01

【明治大学の古文の入試傾向と対策】勉強法やおすすめ参考書も紹介

目次

明治大学では、政治経済学部・法学部・商学部・文学部・農学部・経営学部・情報コミュニケーション学部・国際日本学部の8学部で古文受験が可能です。
学部ごとの出題傾向の差や他大学と比較したときの特徴を掴み、十分な対策を練って臨みましょう。

今回は、明治大学における古文の入試傾向と対策を紹介致します。

勉強法やおすすめの参考書についても触れますので、明治大学志望者は是非チェックしてみてください。

明治大学の古文の入試基本情報

まずは、明治大学の入試で使われる古文について、基本的な情報を確認していきましょう。

出題範囲

明治大学の古文は、古典Bの範囲から出題されます。
古典A・国語総合・国語表現では扱わない文法などが出てくる可能性がありますので、古典Bまで履修しておくことがおすすめです。

ただし、全学部統一入試に限り国語総合から出題されます。
漢文を除き、現代文・古文の両方で「国語」科目にて受験する必要があるため、注意しましょう。

出題形式と解答形式

明治大学の古文は、マークシート形式と記述形式の両方で出題されます。
どの学部でも必ず記述形式の問題がありますので、記述対策は必須です。

唯一、全学部統一入試のみマークシート形式で行われます。

配点情報

全学部統一入試でも、学部別の一般入試でも、100点満点で採点されます。
学部ごとに大問数が異なるため1問あたりの配点率は異なりますが、全体で何点取れるかを意識しておくのがよいでしょう。

試験時間と時間配分

試験時間や時間配分も、学部によって異なります。
全学部統一入試では、60分で3つの大問に取り組みます。
ただし、そのうち古文が占める割合が大問1つ分だけです。残りの2つは現代文から出題されます。

明治大学の古文は難しい?難易度を分野ごとに解説

明治大学の古文は難しくありませんが、著名作品への深い理解が欠かせません。
オーソドックスな作品から出題される傾向が高いため、受験生のほとんどが同じような対策をしてきます。
大きく点数差がつかず、1点を争う激戦になることが想定されます。
基礎力や応用問題への対応力を上げることはもちろんですが、それ以上に「取れる問題を確実に取る」ことを意識し、ミスのない解答をすることが重要です。

【明治大学の国語の入試傾向と対策】勉強法やおすすめの参考書も紹介

明治大学の古文の入試傾向を学部ごとに解説

明治大学は、多くの学部で現代文を「国語」科目として設けています。現代文と古文をセットで解答する必要がありますので、あらかじめ把握しておきましょう。
ここでは、古文に特化して学部ごとの傾向を紹介していきます。

全学部入試

全学部統一入試に限り、全問マークシート形式で出題されます。
ただし、「国語」科目として設けられているため、現代文も古文も入り混じります。
漢文からの出題はありませんが、古文だけの対策に特化しすぎないよう注意しておく必要があるでしょう。

法学部

法学部の国語は、60分で大問3つを解きます。
全ての大問でマークシート形式と記述形式が入り交ざっていることが多く、特定の大問を優先的に解くなどの工夫がしにくい学部だと言えるでしょう。

基本的な古文単語が頭に入っていれば、問題なく解けるレベルです。
ただし、多くの人物が出てくる物語文が多く、主語が少ない中で「誰が何をしたか」を正確に把握する力が求められます。
それさえできれば比較的平易に解けるため、まずは主語を意識した学習を行いましょう。

政治経済学部

政治経済学部の国語は、60分で大問4つを解きます。
大問4だけマークシート形式、他はマークシート形式と記述形式が入り混じることが多いです。

基本的な古文単語をベースに、人の気持ちなど人情を分析した出題が多いです。
「なぜこのような行動をしたのか」が細かく描かれることの少ない古文では、気持ちの想像や共感が欠かせません。
背景にまで目を向けて文章を読むことができれば、問題なく解けるレベルです。

商学部

商学部の国語は、60分で大問3つを解きます。
マークシート形式も記述形式も混ざっていますので、大問ごとに設問方式が分かれていることはないでしょう。

教科書や参考書であまり取り上げない部分の源氏物語を扱うなど、マニアックな出題が多いです。
しかし問題のレベル自体は平均的なので、基本的な単語や用語を覚えていられれば問題ないでしょう。

文学部

文学部の国語は、60分で大問3つを解きます。
明治大学のなかで唯一漢文からも出題される学部であり、現代文・古文・漢文で大問1つずつと考えておくとよいでしょう。

漢文が出題される分、古文の比重が少なくなります。
しかし口語訳を記述させる問題が頻出であり、古語を現代語に直すスキルが求められます。
記述対策も兼ねて、現代語訳への徹底したトレーニングが必要です。

農学部

農学部の国語は、60分で大問4つを解きます。
マークシート形式と記述形式の比率は半々だとイメージしておくとよさそうです。

現代文における漢字の出題比率が高く、年によっては大問の半分を占めたこともあります。
暗記さえできていればすぐ終わりますので、古文に充てる時間を長めに確保できるでしょう。
また、古文でも単語の書き取りや意味の説明を求める問題が多いです。
暗記していないと解けない問題が多いため、基本的な単語には全て目を通しておきましょう。

経営学部

経営学部の国語は、60分で大問2つを解きます。
1つが現代文、1つが古文というシンプルな構造であることが特徴です。

明治大学では珍しく、2つの文章が扱われることが多いです。
同じ作品内の異なる部分などが扱われやすく、有名な古典作品はあらかじめ一通りチェックしておくとよいでしょう。
それぞれの文章内から関連しているキーワードを探すような問題も想定されますので、基本的な単語を暗記しておくのが近道です。

情報コミュニケーション学部

情報コミュニケーション学部の国語は、60分で大問3つを解きます。
現代文はマークシート形式と記述形式が混じりますが、古文はマークシート形式だけで出題された年もありました。

現代文より古文のレベルの方が少し高めに設定されている珍しい学部です。
そのため古文の完成度が合否に影響しやすく、点差を稼ぐポイントにもなります。
マークシート形式方式だけの出題だったとしても、基本的な正誤問題は必出だと考えてよいでしょう。

国際日本学部

国際日本学部の国語は、60分で大問3つを解きます。
現代文はマークシート形式と記述形式が混じりますが、古文はマークシート形式だけで出題された年もありました。

他学部より、知識偏重であることが特徴です。
読解力や表現力だけでなく、文学史や古典文法に関する知識も問われますので、暗記を重視して対策しましょう。
古典単語の書き取りが出題されたこともあるため、読みだけでなく書きへの対策が肝心です。

明治大学の古文の対策ポイント

明治大学の古文は、学部ごとに大きな特徴差はありません。
ここでは、どの学部でも通用しやすい対策ポイントを紹介します。

基本的な古文単語は網羅しておくこと

明治大学の古文は、他大学と比較しても標準的なレベルです。
まずは基本的な古文単語をマスターし、読める文章の幅を増やしておきましょう。
特に、文脈により意味が異なる古文単語が頻出である傾向が強いため、注意が必要です。
丸暗記だけに頼らず、文中での使い方も意識しながら覚えましょう。

助詞・接続詞など古典文法を抑えること

助詞・接続詞など現代文の論説文を読む際に必要な文法は、古典でも同様に抑えておく必要があります。
文章内の位置関係だけでは憶測できないような古典文法も多いため、「現代語訳ならこうなるはず」という先入観を持たずに取り組むのがポイントです。
まずは基本に忠実に学んでいくのがよいでしょう。

文学史の暗記も必須

学部によっては、文学史に関する知識が出題されることもあります。
日本史のように詳細な時代背景や前後関係を覚える必要はありませんが、誰がどの時代にどんな作品を作ったのかは解答できるようにしておきましょう。

明治大学の古文で高得点を取るための勉強法

明治大学の古文は、基本的な古文単語に基づいた読解ができればそう難しくありません。
ここでは、現在の偏差値別に勉強法を解説します。
それぞれおすすめの参考書も紹介しますので、古文の学習法に悩んでいる人は目を通してみてください。

偏差値40以下の勉強法

偏差値40以下の場合、基本的な古文単語が習得できていないケースが大半です。
暗記するだけで解ける問題も複数ありますので、まずは暗記から始めましょう。

偏差値40以下の人におすすめ参考書

では実際に、偏差値40以下の人におすすめの参考書を紹介します。

ナガセ出版『古文単語FORMULA600【改訂版】』(富井健二)

全ての古文単語にイラストがついており、使用シーンをイメージしながら暗記できる参考書です。
実際に古典作品のどの部分に使われているか、例文を豊富に掲載して解説しています。
また、確認テストや音声学習ができる提携アプリもリリースされていますので、スキマ時間を活用するためにも利用してみましょう。

学研プラス『マドンナ古文単語230 パワーアップ版 』(荻野文子)

累計150万部を突破した、大学受験古文のベストセラー参考書です。
東進ハイスクール・東進衛星予備校で古文の授業を担当している講師が編纂し、「マドンナ古文」として有名になったシリーズですので、ぜひ目を通しておきましょう。
語呂暗記ができる解説が魅力的で、覚えるためにさまざまなアプローチを重ねてくれる1冊です。

旺文社『望月光の古文単語333超基礎がため』望月光

代々木ゼミナールの人気講師による古文単語帳です。
333語と比較的ボリュームが多めになっており、難関私立大学にも1冊で対応できます。
別冊には一問一答問題集や単語チェックシートが加わっていますので、本当に覚えているか自分でチェックしたいときにも便利です。

偏差値40~50の勉強法

偏差値40~50の場合、古文に慣れていないことが想定されます。
頭の中で古文を無理矢理現代文のように解いてしまっているのかもしれません。
まずは古典文章に触れる機会を増やし、短~中文程度のボリュームに慣れていくことがおすすめです。

偏差値40~50の人におすすめ参考書

では実際に、偏差値40~50以下の人におすすめの参考書を紹介します。

河合出版『ステップアップノート30古典文法基礎ドリル』(井上摩梨)

薄めの参考書であり、古文の基礎に素早く目を通すことができます。
1つの単元が10分程度の学習で終了するよう編纂されていますので、1日で全て解き切ることもできるでしょう。
まずは基本中の基本から古典を学びたい!という人におすすめの参考書です。

KADOKAWA『改訂版 元井太郎の 古文読解が面白いほどできる本』(元井太郎)

古文に関する王道表現を網羅的に学習できる参考書です。
全ての表現を7つに分類し、「どのパターンに当てはまるか」で学習できるため、短時間で文章を理解しやすくなるでしょう。
普遍性のある読み方をしたい受験生のおすすめできます。

旺文社『《新入試対応》大学入試全レベル問題集古文3 私大標準レベル新装版』(伊藤紫野富)

MARCHよりも日東駒専レベルに近い古文の学習ができる参考書です。
掲載問題は12問と少な目ですが、本番さながらの形式で出題されているため演習量を増やすという意味でも効果的です。
また、古文ごとのジャンルや読解ルールの解説も豊富なので、基礎から学びたい人におすすめです。

偏差値50~60の勉強法

偏差値50~60の場合、古典の世界観や文学史が抜けているかもしれません。
基本的な単語力と読解力が身についたら、最低限の時代背景は抑えられるようステップアップしていきましょう。

偏差値50~60の人におすすめ参考書

では実際に、偏差値50~60以下の人におすすめの参考書を紹介します。

学研プラス『マドンナ古文常識217 パワーアップ版』(荻野文子)

読み物としても辞書としても活用しやすい古文参考書です。
高校1年生から本書を使う人も多く、古文に関する基本的な単語や時代背景を学ぶことができます。
早い時期から読んでおくことで古文読解を支える理解力が身につきますので、「長い古文が苦手」という人にも向いています。

学研プラス『和歌の修辞法―荻野文子の特講マドンナ古文』(荻野文子)

同じくマドンナ古文の作者が編纂した参考書ですが、和歌に特化しているのが特徴です。
古文=古典文学だと思われがちであり、長文読解への対策時間を増やす受験生は多いですが、実は抜け穴になりやすいのが和歌対策です。
修辞法などを基礎から徹底的に解説しているため、人物の心情や時代背景も併せて理解できます。

KADOKAWA『岡本梨奈の1冊読むだけで古文単語&古文常識が面白いほど身につく本』(岡本梨奈)

単語帳ではありますが、読解の際の背景知識が細かく解説されているのが特徴です。
文学史を含む古文常識を網羅しているため、覚えやすさを重視したい人に向いているでしょう。
全体のボリュームが多くなりすぎないように工夫されていますので、現代文の比率が高いため古文に割く時間を少なくしたい明治大学に向いている参考書です。

偏差値60~70の勉強法

偏差値60~70の場合、基本的な読解力は問題なく身についていることがほとんどです。
そのため、高得点を取るために必要な記述力に特化して対策するのがよいでしょう。
中間点狙いではなく完答を目指して学ぶことで、他の受験生との差を大きく開かせることができます。
まずは50~100字程度の記述問題に慣れられるよう、対策していきましょう。

偏差値60~70の人におすすめ参考書

では実際に、偏差値60~70以下の人におすすめの参考書を紹介します。

Z会『古文上達基礎編 読解と演習45』(仲光雄)

基本的な古典知識を解説する「集中講義」と、実際にアウトプットを行う「練習問題」を繰り返しながら実力の定着を図る参考書です。
最終的に中堅私立大学の記述問題に対応できるよう作られていますので、表現力を養いたい人にも向いています

河合出版『得点奪取古文記述対策』(竹村良三・武田博幸・伊田裕)

古文記述に特化した参考書であり、入試問題の実態に即して作成されたオリジナル問題が豊富です。
全ての問題に解説・採点基準・出店・内容早わかりポイント・現代語訳・設問解答がついていますので、深掘りして理解するにも向いています。

河合出版『ステップアップノート30古典文法トレーニング』(井上摩梨)

文法のトレーニング本でありながら、文法に焦点を当てた記述問題対策ができるのがポイントです。
ただ知識として古典文法を習得するとことから更に発展させ、読解と記述に対応できる文法知識を養うのに便利でしょう。

偏差値70以上の勉強法

偏差値70以上の場合、とにかく難関大に対応できる問題を解くのがポイントです。
古文は基本的な知識が重視される科目ではありますが、学校によって難問・奇問の出題率が高いケースがあります。
どんな問題が出ても冷静に対処できるよう、演習量を増やしましょう。

偏差値70以上の人におすすめ参考書

では実際に、偏差値70以上の人におすすめの参考書を紹介します。

河合出版『首都圏「難関」私大古文演習』(池田修二)

MARCHや早慶など首都圏にある難関私立大学の古文に的を絞った参考書です。
扱う作品は王道でありながら、文法・文学史なども全て視野に入れた細かい解説が成されていますので、明治大学に対策するのに向いていると言えるでしょう。
制限時間や得点配分なども載っていますので、古文採点のポイントを抑えるにも便利です。

河合出版『古文 入試精選問題集』(河合塾国語科)

首都圏・関西圏の難関私立大学と中堅国公立の古文入試を徹底的に分析した参考書です。
ハイレベルな問題が多く、単語・文法・読解力の全てが身についていることが前提となります。
予備校講師でも驚いた難問なども扱われていますので、解説にしっかり目を通しながら時間をかけて取り組みましょう。

駿台文庫『古文解釈の方法<改訂版>』(関谷浩)

読みやすい平易な分だけに偏らず、かなりレベルの高い文章題を扱います。 演習問題の量はさほど多くありませんが、特殊な読み方をする文章を1題ずつ扱っているため、古典に関するボキャブラリーを増やしたい人に向いています。
古典における敬語の使い方や、受け身と使役などややこしい文法の解説もしていますので、より発展的な問題にチャレンジしたい場合に活用しましょう。

【明治大学の漢文の入試傾向と対策】勉強法やおすすめ参考書も紹介

明治大学入試で古文なしの学部はどこ?

明治大学は、古文なしで受験できる学部はありません。
国語が選択科目になっている学部はありますが、国語を選択する以上必ず古文はついてまわると理解しておきましょう。
ただし、学部によって古典の比重は変わります。
学部ごとの過去問をチェックし、現代文とのバランスを取ることが重要です。

【明治大学の現代文の入試傾向と対策】勉強法やおすすめ参考書も紹介

まとめ

明治大学の古文は、基本的な古文単語や古典文法が習得できていれば問題なく解けるレベルです。
ただし、人物の心情や時代背景を記述回答させる問題もありますので、記述対策を怠らないようにしましょう。

まずは、基礎力をつけてから思考力を養うのが効果的です。
紹介した参考書を利用しながら、少しずつ実力をつけていきましょう。

明治大学の入試を徹底解説!入試方式や学部ごとの入試科目もご紹介