受験情報

2021.08.01

【明治大学の現代文の入試傾向と対策】勉強法やおすすめ参考書も紹介

目次

明治大学では、政治経済学部・法学部・商学部・文学部・農学部・経営学部・情報コミュニケーション学部・国際日本学部の8学部で日本史受験が可能です。
学部ごとの出題傾向の差や他大学と比較したときの特徴を掴み、十分な対策を練って臨みましょう。

今回は、明治大学における現代文の入試傾向と対策を紹介致します。

勉強法やおすすめの参考書についても触れますので、明治大学志望者は是非チェックしてみてください。

明治大学の現代文の入試基本情報

まずは、明治大学の入試で使われる現代文について、基本的な情報を確認していきましょう。

出題範囲

明治大学の現代文は、現代文Bの範囲から出題されます。
現代文A・国語総合・国語表現では扱わない文法などが出てくる可能性がありますので、現代文Bまで履修しておくことがおすすめです。

ただし、全学部統一入試に限り国語総合から出題されます。
漢文を除き、現代文・古文の両方で「国語」科目にて受験する必要があるため、注意しましょう。

出題形式と解答形式

明治大学の現代文は、マークシート形式と記述形式の両方で出題されます。
どの学部でも必ず記述形式の問題がありますので、記述対策は必須です。

唯一、全学部統一入試のみマークシート形式で行われます。

配点情報

全学部統一入試でも、学部別の一般入試でも、100点満点で採点されます。
学部ごとに大問数が異なるため1問あたりの配点率は異なりますが、全体で何点取れるかを意識しておくのがよいでしょう。

試験時間と時間配分

試験時間や時間配分も、学部によって異なります。
全学部統一入試では、60分で2~3つの大問に取り組みます。
年度によって大問数ごと変更されていますので、大問数ごとの時間配分を考えておく必要はありません。

明治大学の現代文は難しい?難易度を解説

明治大学の現代文のレベルは難しくありませんが、限られた時間の中で長文読解していくスキルが求められます。
「時間が不足しやすい」という意味では、非常にハイレベルな大学だと言えるでしょう。
使用する知識自体は比較的平易ですので、スピード重視の対策が重要です。

【明治大学の国語の入試傾向と対策】勉強法やおすすめの参考書も紹介

明治大学の現代文の入試傾向を学部ごとに解説

明治大学は、多くの学部で現代文を「国語」科目として設けています。現代文と古文をセットで解答する必要がありますので、あらかじめ把握しておきましょう。
ここでは、現代文に特化して学部ごとの傾向を紹介していきます。

全学部入試

全学部統一入試に限り、全問マークシート形式で出題されます。
ただし、「国語」科目として設けられているため、現代文も古文も入り混じります。
漢文からの出題はありませんが、現代文だけの対策に特化しすぎないよう注意しておく必要があるでしょう。

法学部

法学部の国語は、60分で大問3つを解きます。
全ての大問でマークシート形式と記述形式が入り交ざっていることが多く、特定の大問を優先的に解くなどの工夫がしにくい学部だと言えるでしょう。

法律に関する長文読解が多く、年によっては論文や主張文がピックアップされることもあります。
専門用語が理解できないと読み解けないレベルではありませんが、政経科目を履修して法律関連の単語をざっくり知っておくと強みになるでしょう。

また、MARCHの他大学と比較して、漢字の書き取りレベルが非常に高いです。
漢検2級程度の問題は全て網羅しておく必要がありそうです。

政治経済学部

政治経済学部の国語は、60分で大問4つを解きます。
大問4だけマークシート形式、他はマークシート形式と記述形式が入り混じることが多いです。

基本的にマークシート形式が多く、記述形式は30~50文字程度の短文解答を求められます。
大問1つ分が丸々漢字の読み書きであることも特徴で、漢字暗記を疎かにすることができません。
論説文が中心ではありますが、文字数はそう多くありません。
着実に読み解く力があれば、高得点を狙うことも難しくないでしょう。

商学部

商学部の国語は、60分で大問3つを解きます。
マークシート形式も記述形式も混ざっていますので、大問ごとに設問方式が分かれていることはないでしょう。

非常にオーソドックスな問題が多く、旧センター試験のレベルに対応できていれば問題ありません。
商学部以外の明治大学過去問を取り寄せて解くだけでも十分な演習になりますので、学部の枠を超えてチャレンジしてみましょう。

文学部

文学部の国語は、60分で大問3つを解きます。
明治大学のなかで唯一漢文からも出題される学部であり、現代文・古文・漢文で大問1つずつと考えておくとよいでしょう。<
> そのため、現代文の比重が相対的に低くなります。
論述の読解問題が出ることが多いため、論述問題の演習は十分に行っておきましょう。

問題のレベルも、平易です。
反対に古文や漢文が難しい傾向にありますので、そちらの対策を怠らず、国語科目全体の点数を底上げできるように意識しましょう。

農学部

農学部の国語は、60分で大問4つを解きます。
マークシート形式と記述形式の比率は半々だとイメージしておくとよさそうです。

漢字の出題比率が高く、年によっては大問の半分を占めたこともあります。
全て記述形式で出題されますので、読み・書き共に解答できるよう対策をしておきましょう。

古文で大問1つ分使うため。現代文の比率は低いです。
時事問題に即した話題がピックアップされることもありますので、環境・自然・農業関係の話題に関しては積極的にニュースをチェックしておきましょう。

経営学部

経営学部の国語は、60分で大問2つを解きます。
1つが現代文、1つが古文というシンプルな構造であることが特徴です。

標準レベルの論説文が出ることが多く、基本的な読解力が身についていればそう難しくありません。
ただし、対照表現や同意表現など細かく表現手法を分けた正誤問題が出ることが多く、問題に十分慣れておく必要があります。

他大学・他学部の過去者も含め、とにかく多くの論説文に触れる経験を積んでおきましょう。

情報コミュニケーション学部

情報コミュニケーション学部の国語は、60分で大問3つを解きます。
古文はマークシート形式に限定されますが、現代文はマークシート形式も記述形式も合わさります。

これまでは論説文からの出題が多く見られましたが、近年会話文からの出題も多くなっています。
学部の特性が反映されているのか、コミュニケーションが話題になっていました。
人と人、国と国だけでなく、虫と人・ロボットと人・過去の人と現代の人など、人をベースにしたさまざまな関わりがキーワードになりそうです。

国際日本学部

国際日本学部の国語は、60分で大問3つを解きます。
古文はマークシート形式に限定されますが、現代文はマークシート形式も記述形式も合わさります。

50~80文字程度での解答が求められる記述形式が、他学部と比較して多い傾向にあります。
読解力だけでなく、表現力も磨けるような取り組みが必須になるでしょう。
また、漢字のレベルが高く、過去には漢検準1級レベルの出題が行われた年もありました。
早期の段階からコツコツ暗記していくことが欠かせません。

明治大学の現代文の対策ポイント

明治大学の現代文は、学部ごとに大きな特徴差はありません。
ここでは、どの学部でも通用しやすい対策ポイントを紹介します。

堅めの文体に慣れておく

明治大学の現代文は、論説文が中心となって出題されます。
社会論・芸術論・コミュニケーション論・政治論・経済論など内容は多岐に渡りますが、堅めの文体で記されていることが多いため、慣れておきましょう。
新聞の経済面・国際面などを活用し、文に触れる機会を多くするのがポイントです。

文学史への知識を落とさないようにする

論説文が中心であるとはいえ、随筆が出題された年もあります。
「随筆が出たら点が取れない」という抜け穴にならないよう、対策しておく必要があるでしょう。
特に、日本文学史に関する基本的な知識が欠かせません。
なかには知識がないと解けないような問題もありますので、過去問をチェックしてみましょう。

記述に時間を取られすぎないよう、スピードを重視する

明治大学の現代文は、問題文の量が多い傾向にあります。
目を通しているだけであっという間に時間が経過してしまいますので、ある程度テクニックに頼った読解が必要になるシーンが出てくるでしょう。
長文問題に取り組むときは、常にストップウォッチを携帯しながら時間を意識していくことが重要です。
一朝一夕には身につかない能力ですので、長期的なトレーニングが欠かせません。

【明治大学の漢文の入試傾向と対策】勉強法やおすすめ参考書も紹介

明治大学の現代文で高得点を取るための勉強法

明治大学の現代文は、スピードさえ意識できればそう難しくありません。
ここでは、現在の偏差値別に勉強法を解説します。
それぞれおすすめの参考書も紹介しますので、現代文の学習法に悩んでいる人は目を通してみてください。

偏差値40以下の勉強法

偏差値40以下の場合、暗記だけでも十分対応できる漢字や文法に関する知識が抜けているケースが大半です。
時間をかけて根気よく対策するだけで点数が上がりますので、まずは自分に合った参考書を用いて知識習得に挑みましょう。

偏差値40以下の人におすすめ参考書

では実際に、偏差値40以下の人におすすめの参考書を紹介します。

河合出版『入試漢字マスター1800+』(川野一幸)

大学入試に必須の1,800語を収録した漢字帳です。
四字熟語などの頻出漢字も扱っているため、基礎の基礎から見直したい人に向いているでしょう。
理系学部受験者でも落とせない漢字が多いため、最低でもこの1冊を全て網羅できるだけの漢字力が不可欠です。

旺文社『分野別漢検 でる順問題集2級新装四訂版』(旺文社編集)

大学受験を乗り切るために最低限必要な漢字レベルは、漢字検定試験の2級程度だと言われています。
漢検対策用の参考書を使って勉強すれば、近道になるでしょう。
ただし、読み・書き・四字熟語・部首・送り仮名・対義語と類義語・同音及び同訓異字・誤字訂正など、幅広い出題がされています。
この参考書に記載されている漢字は全て読み・書きできるよう、出題形式に囚われず対策していく必要がありそうです。

水王舎『銀の漢字 必須編―大学入試』(出口汪)

漢字の収録数は1,200語程度なので少な目ではありますが、短期習得に特化した参考書です。
旧センター試験にはこれ1冊で十分対応できると言われていますので、明治大学の現代文であれば問題ありません。
国際日本学部など、漢字の書き取りレベルが高い出題が行われる学部を受験するのであれば、同じシリーズの『金の漢字 必須編―大学入試』に挑戦してみるのがおすすめです。

偏差値40~50の勉強法

偏差値40~50の場合、長文問題に慣れていないことが想定されます。
いきなり長文から着手すると内容を理解しきらないまま時間ばかり経ってしまう可能性がありますので、まずは短~中文程度の文章を読むことに慣れましょう。
具体的には、新聞のコラム欄から1,000字程度の文章をイメージしておくのがおすすめです。

偏差値40~50の人におすすめ参考書

では実際に、偏差値40~50以下の人におすすめの参考書を紹介します。

学研プラス『池上の短文からはじめる現代文読解』(池上和裕)

大手予備校・駿台予備校で現代文を担当する人気講師による執筆です。
段階を踏んで徐々に文章量を増やせる工夫が凝らされており、最終的に私立大学の入試レベルにまで発展させることが可能です。
1章につき1つのテーマという分かりやすい構成もあるため、明治大学に多い論説文から始める、という工夫もできるでしょう。

旺文社『基礎からのジャンプアップノート 現代文読解・書き込みドリル』(梅眞由起)

現代文を読む基本的なスキルを身につけられるよう、「地固め編」と「実践編」に分けて展開されています。
地固め編では、読解の方法や解答に至った根拠を書き込みながら基礎力の定着を図ります。 実践編では、社会・芸術・科学・メディア・文学などさまざまな文章をもとに、地固め編で培った解き方をアウトプットします。
読む力・解く力をつけるための参考書なので、読解力アップのために活用していきましょう。

日本入試センター『田村のやさしく語る現代文』(田村秀行)

会話形式で易しく現代文の解き方を解説してくれる参考書です。
「本文中で一番大事なポイントはどこか」などキャッチーなものから、助詞・接続詞・指示語など文法知識を活用して手堅く読むものまで幅広く扱っているため、基本的な読み方を網羅的に学びたい人に向いています。
長文読解をマニュアル化するための第一歩であり、テクニックを学ぶ入口としても適しています。

偏差値50~60の勉強法

偏差値50~60の場合、ある程度の読解力はあるものの、受験現代文に対応してきれていないことが想定されます。
受験現代文には、頻出キーワードが存在します。
よく出るキーワードに関する知識を入れておけば読解のスピードをかなり上げられますので、短い時間で多くの文章を読みやすくなるでしょう。
そのため、キーワードに関する勉強に足を踏み入れるのがおすすめです。

偏差値50~60の人におすすめ参考書

では実際に、偏差値50~60以下の人におすすめの参考書を紹介します。

Z会『現代文キーワード読解 改訂版』(Z会編集部)

頻出のキーワードをテーマ別に解説しています。
科学・哲学・近代・メディア・宗教など幅広く、図やイラストを使った解説があるため分かりやすいと好評です。
抽象的な文章を読みやすくするために向いており、語彙力を増やしてスピードを上げたい人におすすめです。

河合出版『ことばはちからダ!入試現代文最重要キーワード20』(前島良雄)

タイトルにはキーワード20とありますが、重要キーワードだけで20あり、テーマ別にプラスされているものも多いためチェックしてみましょう。
例文が非常に豊富なため、一度読んで理解したキーワードに関する引き出しを増やすことができます。
また、表論文など批判や反対の表現が多い論説に関する解き方コラムなども掲載されており、息抜きしながら進められます。

語学春秋社『現代文講義の実況中継』(出口汪)

3冊分のシリーズになっていますので、余裕があれば全てに目を通すことをおすすめします。
解法のプロセスに着目し、読むべきピポイントを探る手助けをしてくれます。
別冊で問題集がついているため、繰り返し解きたい場合にも便利です。
「なぜこの表現になるのか」を考えることで論理的思考力を養う参考書だと言えるでしょう。

偏差値60~70の勉強法

偏差値60~70の場合、基本的な読解力は問題なく身についていることがほとんどです。
そのため、高得点を取るために必要な記述力に特化して対策するのがよいでしょう。
中間点狙いではなく完答を目指して学ぶことで、他の受験生との差を大きく開かせることができます。
まずは50~100字程度の記述問題に慣れられるよう、対策していきましょう。

偏差値60~70の人におすすめ参考書

では実際に、偏差値60~70以下の人におすすめの参考書を紹介します。

かんき出版『ゼロから覚醒Final 読解力完成現代文』(柳生好之)

文章を要約して読む方法を解説する1冊であり、「時間内に解き終わらない」という悩みに即しています。
長文をただ読むのではなく、情報を整理しながら読み、即解ける問題には即対応していくことを原則としているため、問題を読むだけで精一杯になってしまう人に向いています。
また、文法知識を活用した読み方や記述問題への対策法も解説していますので、読解も記述も学びたいときに使いましょう。

河合出版『得点奪取現代文 記述・論述対策』(天羽康隆)

記述問題に関する採点基準を明確に示している参考書です。
自分の記述解答が実際の入試でどれくらいの点になるのか把握したいときに使いやすく、採点者側の目線で書かれた対策が好評を得ています。
記述問題ばかり集めているため、学習効率も高くなるでしょう。

Z会『記述編 現代文のトレーニング』(Z会編集)

4つのテーマに沿ってオリジナル問題を掲載しており、自分の解答を見つめ直しながら点につながる学習がしやすい参考書です。
また、要旨を掴んで把握する要約問題の出題数が多く、ざっくり全体を見渡しながら読む力も身につきます。
問題文のレベルもかなり高いため、時間をかけて取り組むのがよいでしょう。

偏差値70以上の勉強法

偏差値70以上の場合、明治大学より上の大学の過去問にもチャレンジしてみるのがおすすめです。
現代文に関する自分の引き出しを増やし、より幅広い問題に対応できるよう意識した勉強がポイントとなるでしょう。
基本的な抜け・漏れがないか確認しながら、ハイレベルな問題演習を繰り返して慣れていくことが重要です。

偏差値70以上の人におすすめ参考書

では実際に、偏差値70以上の人におすすめの参考書を紹介します。

ナガセ出版『出口の現代文レベル別問題集5上級編改訂版』(出口汪)

難関私立大学から国立大学二次試験程度のレベルに特化した参考書です。
制限時間・配点・採点基準を明確にしてから問題演習ができるシステムになっており、合格目標点を取るためのアドバイスも付記されています。
難問・奇問への対応も記載されている最難関参考書であるため、合格を確実なものにしたいときに活用しましょう。

KADOKAWA『世界一わかりやすい 東大の国語[現代文]合格講座』(浦貴邑)

最難関大学として名高い東京大学レベルに対応できる参考書です。
ロジカルシンキングを用いた読解と、自らの言葉で解法を伝える表現力が培われるよう作られているのが特徴です。
また、解説がかなり重厚に作られているため、初心に戻って難関校対策をしたい人にも向いているでしょう。
明治大学の枠を超え、難しい問題にチャレンジしてみたいときに活用するのがおすすめです。

河合出版『入試現代文へのアクセス発展編』(荒川久志)

基本編・完成編に続くハイレベルな参考書です。
本分に沿って200~300字程度で要約された文章が載っており、どの部分がキーセンテンスなのか振り返りながら分析することができます。
スピード重視で解くというよりは、時間をかけて文章の構成そのものから見直しで読解力をレベルアップしたい人向きだと言えるでしょう。
難関私立大学以上を目指す場合におすすめできます。

【明治大学の古文の入試傾向と対策】勉強法やおすすめ参考書も紹介

まとめ

明治大学の現代文は、論説文を中心に読解・記述バランスよく勉強していく必要があります。
漢字の出題比率が高い学部もありますので、まずは自分が志望する学部に合わせた対策をしていきましょう。

まずは、基礎力をつけてから思考力を養うのが効果的です。
紹介した参考書を利用しながら、少しずつ実力をつけていきましょう。

明治大学の入試を徹底解説!入試方式や学部ごとの入試科目もご紹介