受験情報

2021.08.01

【明治大学の世界史の入試傾向と対策】勉強法やおすすめ参考書も紹介

目次

明治大学では、政治経済学部・法学部・商学部・文学部・農学部・経営学部・情報コミュニケーション学部・国際日本学部の8学部で世界史受験が可能です。
学部ごとの出題傾向の差や他大学と比較したときの特徴を掴み、十分な対策を練って臨みましょう。

今回は、明治大学における世界史の入試傾向と対策を紹介致します。

勉強法やおすすめの参考書についても触れますので、明治大学志望者は是非チェックしてみてください。

明治大学の地理受験は可能?入試傾向・対策やおすすめの参考書も解説!

明治大学の世界史の入試基本情報

まずは、明治大学の入試で使われる世界史について、基本的な情報を確認していきましょう。

出題範囲

明治大学の世界史は、世界史Bの範囲から出題されます。
世界史Aや歴史総合では対応できない範囲も多いので、必ず世界史Bを履修して臨みましょう。

出題形式と解答形式

明治大学の世界史は、マークシート形式と記述形式の両方で出題されます。
どの学部でも必ず記述形式の問題がありますので、記述対策は必須です。

唯一、全学部統一入試のみマークシート形式で行われます。

配点情報

全学部統一入試でも、学部別の一般入試でも、100点満点で採点されます。
学部ごとに大問数が異なるため1問あたりの配点率は異なりますが、全体で何点取れるかを意識しておくのがよいでしょう。

試験時間と時間配分

試験時間や時間配分も、学部によって異なります。
全学部統一入試では、60分で5つの大問に取り組むため、大問1つにつき10分程度で解答するのがよいでしょう。
残りの時間は、ケアレスミスの確認に充てるのが理想です。

明治大学世界史の3つの特徴

明治大学の世界史には、難問・奇問はほとんど出題されません。
基礎を重視すれば問題ないものばかりですが、出題傾向は必ずチェックしておきましょう。

学部ごとに問題の毛色が異なる

明治大学の世界史は、学部ごとに大きく毛色が異なります。
例えば、政治経済学部であれば、諸外国における政治機能の移り変わりや、日本との外交史がよく出題されます。
商学部では、アダム・スミスの「国富論」から始まる資本主義工場生産から始まり、世界の経済がどう変わっていったか、変遷を問うような問題が多いです。
学部ごとの過去問は、必ず解いておくべきだと分かります。

近代史の割合が多い

どの学部にも共通して言えるのは、近代史以降の出題割合が多いことです。
世界史でありながら外国のことだけを問うような問題は少なく、世界における日本に立ち位置や日本に与えた影響についても扱われますので、国の枠組に囚われすぎることなく勉強していきましょう。

200字以上の長文記述形式もある

法学部や政治経済学部では、200文字以上の記述を求める出題が行われます。
大問の大半を占めた年もありますので、十分な記述対策が必要だと言えるでしょう。
内容は、事象が起きた理由や、ひとつの事象がどんな分野にどんな影響を与えたなど関連性を問うような問題が多いです。
単語の暗記だけでなく、時代ごとの移り変わりや相互作用も学んでおくことが大切です。

何割とれば良いのか

学部によって、最低合格ラインは大きく異なります。
ただし、全学部統一入試も学部ごとの一般試験も合計合格最低点が6~7割で推移しています。
7割を最低ラインとして対策しておくことが肝心です。

明治大学の世界史は難しい?難易度を解説

明治大学の世界史は、記述形式偏重のため他大学より難しい傾向にあります。
問題文だけでなく地図やグラフなどのデータを読み取る力が求められ、その上で速やかに自分の解答を文章化するスキルが求められます。
また、どんなに記述力が高くても基本的な知識がないと解けない出題が多いため、基礎と記述の両方をバランスよく整えていく必要がありそうです。

明治大学の世界史の入試傾向を学部ごとに解説

ここからは、入試形態・学部ごとに世界史の傾向を紹介していきます。
受験を検討している学部があれば、チェックしてみましょう。

全学部統一入試

全学部統一入試に限り、全問マークシート形式で出題されます。
学部ごとに一般試験と比較して出題される時代や地域の偏りが少なく、全範囲を網羅した万遍ない対策が必要です。
また、地図やデータなどを読み取る応用問題が増えていますので、一問一答の枠を超えた勉強をするのがよいでしょう。

法学部

法学部の世界史は、60分で大問4つを解きます。
大問1と2は記述形式、大問3と4はマークシート形式になることが多いです。

法学部の記述問題は難易度が高く、文量も150~250文字程度求められることが多いです。
そのため、前半に時間を割かれて後半が駆け足になってしまう受験生も多いでしょう。
時間の余裕を考えるのであれば、先に大問3以降から取り掛かるのもおすすめです。

東洋史も西洋史もバランスよく出題されますが、ここ2~3年は中国史の割合も高まっていますので、近代を中心にチェックしておきましょう。

政治経済学部

政治経済学部の世界史は、60分で大問4つを解きます。
大問1と2はマークシート形式、大問3と4は記述形式になることが多いです。

問題自体は比較的平易なレベルですが、時代は広範囲に渡ります。
紙幣が作られる前の経済活動から、ここ数年盛んになっている暗号資産に関する時事問題まで、幅広く出題されますので注意しましょう。

また、法学部同様記述問題のレベルが高いのも特徴です。
自分の持っている知識を文章化する訓練が欠かせません。

商学部

商学部の世界史は、60分で大問5つを解きます。
大問1と3以降はマークシート形式、大問2は記述形式になることが多いです。

欧米史の比率が高いと言われていた明治大学ですが、近年第三世界を中心としたアフリカ史が出題されることも多くなっています。
特にアフリカにおける近年の経済成長率などがピックアップされることが多く、時事問題やニュースを含めた確認が必須です。

文学部

文学部の世界史は、60分で大問4つを解きます。
大問1と2は記述形式、大問3と4はマークシート形式になることが多いです。

他学部同様に時代の偏りはありませんが、世紀の枠組みを超えた出題が多いです。
宗教史・文学史・文化史などテーマごとに縦割りされた問題に対策できるようにしておきましょう。
出来事ひとつひとつを取り出すような問題より、時代ごとの変遷に目を向けた問題に慣れておくのがポイントです。

農学部

農学部の世界史は、2科目120分で大問5つを解きます。
大問1・2と4・5は記述形式、大問3はマークシート形式になることが多いです。

用語や人名などを問う問題が多く、暗記が必須です。
教科書レベルの単語が記憶できていれば問題ありませんが、ヨーロッパ史から中国史まで幅広く出題されますので、網羅的な学習が欠かせません。
また、正誤問題が占める割合が高いため、正しい知識を確実にインプットすることを重視しましょう。

経営学部

経営学部の世界史は、60分で大問4つを解きます。
その大問もマークシート形式と記述形式が入り混じって出題されますので、振り回されないよう着実に取り組みましょう。

全体の半分以上が正誤問題であり、僅かな穴をつつくようなレベルの高い出題が多いです。
「適切でないものを1つ選べ」など問題文の読解に時間がかかるものも頻出なので、スピード重視の対策が必要でしょう。
また、経営学部でありながら宗教史や文化史も扱われます。
政治・経済・外交以外の歴史にも目を向けておくのがポイントです。

情報コミュニケーション学部

情報コミュニケーション学部の世界史は、60分で大問5つを解きます。
大問1と2が記述形式、大問3以降がマークシート形式になることが多いです。

記述に時間が割かれることを想定し、マークシート形式である大問3以降から解くのがおすすめです。
ただし、誤文選択など解答に時間がかかるものが多いため、時間配分に注意する必要があります。

国際日本学部

国際日本学部の世界史は、60分で大問5つを解きます。
大問1~3がマークシート形式、大問4以降が記述形式になることが多いです。

地図や史料を活用した問題が多いため、一問一答以外の演習量を増やしましょう。
基本的には教科書レベルの問題が多いですが、写真史料なども積極的に活用されるため、世界史資料集にも目を通しておくことが肝心です。

明治大学の世界史の対策ポイント

明治大学の世界史は、学部ごとの差が大きいため、文理別の特色はありません。
ここでは、対策ポイントをいくつか紹介します。

誤文選択に耐えられるスピード力をつけよう

どの学部でも、必ずと言っていいほど誤文選択問題が出ます。
時代・人物・国・数値など僅かな違いを見つけなければいけない形式のため時間がかかり、集中力を乱す要因になるでしょう。
そのため、日常的に誤文選択問題に触れ、慣れておく必要があります。
知識をいくつかセットでインプットできれば覚えやすくなりますので、おすすめです。

記述対策が肝となる!相互の関係性を理解しておこう

明治大学の世界史は、特に記述形式の問題レベルが高いです。
学部によってはかなり多めの文字数で論述が求められる場合もありますので、必ず記述対策は行っておきましょう。
特に、「事象が起きた理由」「事象によってどんな影響が出たか」などを把握しておくのがポイントです。
ただ知識を問うだけの問題が出されることは少ないので、相互の関係性を重視したアウトプットをしておくとよいでしょう。

時代ごとではなくテーマごとの歴史を確認しよう

時代ごとに区切った出題がされることは、あまりありません。
むしろ時代ごとの変遷や変化に着目し、テーマごとに縦割りで出題する傾向が強いです。
一般的な教科書や参考書は時代ごとにページを分けて解説されていますが、宗教史・文化史・文学史・政治史・経済史・外交史などテーマごとに分けて多角的に学んでいくのがよいでしょう。

明治大学の世界史で高得点を取るための勉強法

明治大学の世界史対策をするには、記述とテーマ史が欠かせません。
ここでは、2つを効率よく学ぶ勉強法を紹介します。

資料集を活用する

明治大学の世界史には史料やデータを活用した出題が多く、文字だけの教科書・参考書だけでは対応できないケースも多いです。
学校で使用している資料集を活用するのはもちろん、写真に写り込んでいるものの背景を説明したり、データ上の数値が出た理由を述べたりできるよう対策しておくことが重要です。

時事問題に関連する単元を調べる

割合はそう高くありませんが、学部によっては1~2つ程度時事問題に関連する出題が行われるケースがあります。
オリンピックに関連して世界のスポーツや文化祭典にまつわるキーワードが出たり、感染症に合わせて世界で過去流行した感染症や外交上の波紋にまつわるキーワードが出たりすることもありますので、秋口までの時事問題は必ずチェックしておきましょう。

学部ごとの説明会を受講する

明治大学の世界史は、特に学部ごとの特色が大きいです。
オープンキャンパスや大手予備校で学部ごとの入試説明会が行われているようであれば、積極的に参加しておきましょう。
教授の興味・関心を探って時事問題の対策としたり、効率のよい勉強法が確立できたりする可能性が高まります。

明治大学の数学対策におすすめの参考書3選

ここでは、明治大学の世界史対策に適した参考書を紹介します。
基礎から応用まで幅広くピックアップしていますので、自分のレベルや復習したい単元に合わせて検討してみましょう。

山川出版『山川一問一答世界史』(今泉博)

多くの高校で教科書として採用されている、山川出版の世界史準拠の一問一答問題集です。
正誤問題や誤文選択の多い明治大学世界史を乗り切るのは、まず確実な基礎力をつける必要があります。
用語の暗記には間違いなく役立ちますので、英単語帳と同じような扱いで何度も解いていくのがよいでしょう。

Z会『実力をつける世界史100代題』(Z会出版編集部)

整理整頓されすぎていない問題演習をしたいなら、この1冊がおすすめです。 時代ごと・テーマごとなどに細分化されていない問題がランダムに出題されるため、全範囲を網羅的に演習するのに向いています。
マークシート形式だけでなく記述形式の問題もありますので、自分の実力を試したいときにもよいでしょう。

河合出版『判る!解ける!書ける!世界史論述』(伊藤正武)

大手予備校・河合塾で世界史を担当する人気講師による執筆です。
論出問題が全4章で構成されており、入門編から応用編まで幅広く扱われています。
テーマ史研究など明治大学の世界史と相性のいい単元もありますので、記述対策に不安がある人は利用してみましょう。

【明治大学の日本史の入試傾向と対策】勉強法やおすすめ参考書も紹介

まとめ

明治大学の世界史は、学部ごとに問題の毛色が大きく異なります。
しかし、どの学部でも記述形式が多めになっていますので、記述対策は必須項目として抑えておきましょう。

まずは、基礎力をつけてからテーマごとに区切ってアウトプットしていくのが効果的です。
紹介した参考書を利用しながら、少しずつ実力をつけていきましょう。

明治大学の入試を徹底解説!入試方式や学部ごとの入試科目もご紹介