受験情報

2021.08.01

【明治大学の生物の傾向と対策】勉強法やおすすめの参考書も解説!

目次

明治大学では、農学部のみ生物受験が可能です。
全学部統一入試に限り、法学部・政治経済学部・文学部・理工学部・情報コミュニケーション学部・国際日本学部・総合数理学部でも選択科目として受験することができます。

今回は、明治大学における生物の入試傾向と対策を紹介します。

勉強法やおすすめの参考書についても触れますので、明治大学志望者は是非チェックしてみてください。

【明治大学の入試物理の傾向と対策】勉強法やおすすめの参考書も解説!

明治大学の生物の入試基本情報

まずは、明治大学の入試で使われる生物について、基本的な情報を確認していきましょう。

出題範囲

明治大学の生物は、生物基礎および生物から出題されます。
理科総合など他の理科科目だけでは対応できない範囲も多いので、必ず生物基礎及び生物を履修して臨みましょう。

出題形式と解答形式

明治大学の生物は、マークシート形式と記述形式の両方で出題されます。
生物に限らずどの科目でも必ず記述問題が扱われますので、記述対策は欠かさず行いましょう。

唯一、全学部統一入試のみマークシート形式で行われます。

配点情報

全学部統一入試でも、学部別の一般入試でも、100点満点で採点されます。
それぞれ1問あたりの配点率は異なりますが、全体で何点取れるかを意識しておくのがよいでしょう。

試験時間と時間配分

全学部統一入試では、60分で4つの大問に取り組むため、大問1つにつき10分程度で解答するのがよいでしょう。

農学部の入試は、学科により分かれます。 農学科・農芸化学科・生命科学科では、国語・数学・化学・生物のなかから2科目を選択し、併せて120分以内に回答します。
加えて60分で外国語が課されますので、3科目受験する必要があると覚えておきましょう。

食料環境政策科では、必須科目である国語に加え、世界史・日本史・地理・政治経済・数学・化学・生物の7科目から1科目を選択し、併せて120分以内に回答します。
加えて60分で外国語が課されますので、こちらも3科目受験する必要があります。

どの科目をどう選択していくかが合否の分かれ目になりそうですね。

生物が必要となる学部は農学部のみ?

学部別試験で生物が必要になるのは、農学部のみです。
ただし、農学部でも生物受験が必須ではありません。
あくまでも選択肢科目の1つとして設けられているだけに過ぎないため、生物が得意な人は生物を、生物以上に得意な科目がある人はその科目を選択するのが合格への近道です。

また、全学部統一入試では商学部を除く全ての学部で生物選択が可能です。

明治大学の生物の難易度はどれくらい?

特別な難問・奇問は出題されないため、基礎~標準程度の難易度だと言えるでしょう。
しかし、計算問題が多くなる傾向にあり、正確性とスピードが求められます。
また、年度によって問題数が変動するため、予測しづらい科目だと言えるでしょう。
基礎・基本を重視しながら計算問題に対する十分な対策が求められます。

【明治大学の入試化学の傾向と対策】勉強法やおすすめの参考書も解説!

明治大学の生物の入試傾向を学部ごとに解説

ここからは、入試形態・学部ごとに生物の傾向を紹介していきます。
受験を検討している学部があれば、チェックしてみましょう。

全学部入試

全学部統一入試に限り、全問マークシート形式で出題されます。
大問数も全体の問題数も年度によって変動することが多く、対策しづらい科目であることが特徴です。
加えて、計算問題の比重が年々高まってきています。
特に遺伝情報に関連した計算問題が頻出単元とされていますので、配点の高いここで点数を落とさぬよう対策しておく必要があるでしょう。
その他、植物の反応・生態・生物反応・細胞分裂からの出題も頻出です。
基本的な正誤問題も問われますので、幅広く対策しておきましょう。

農学部

農学部の生物は、生物に加えてもう1科目を併せて120分で解答する必要があります。

農学科・農芸化学科・生命科学科では、国語・数学・化学・生物のなかから2科目を選択し、併せて120分以内に回答します。
食料環境政策科では、必須科目である国語に加え、世界史・日本史・地理・政治経済・数学・化学・生物の7科目から1科目を選択し、併せて120分以内に回答します。
自分がどの科目に焦点を当てて挑むか、事前に作戦立てしておく必要があるでしょう。

基本的にマークシート形式での出題が大半で、記述形式の問題数は非常に少なく抑えられています。
しかし問題数が多いため、スピード重視の対策が必要でしょう。
全学部統一入試と同じく計算問題が頻出であり、遺伝情報の分野を中心に出題されます。
使う知識は比較的平易であるものの、問題文のボリュームの多さや計算問題のややこしさに足をすくわれる受験生が多いため、過去問演習が必須です。

明治大学の生物の対策ポイント

明治大学の生物は、知識そのものは平易でありながら問題の出題傾向に癖があるのが特徴です。
ここでは、対策ポイントをいくつか紹介します。

どの入試形態でも計算問題対策が必須

全学部統一入試でも学部別の一般試験でも、計算問題が頻出です。
マークシート形式か記述形式かを問わず毎年必ず出題されていますので、ここで確実に点へと繋げる対策が求められるでしょう。
記述形式への対応ができればマークシート形式にも対応できますので、まずは途中式含め自分で1から解法を整えられるスキルを身につけます。
基本的な計算ミスがないよう複数回に渡って問題演習を行い、落ち着いて解けるようにしておきましょう。

遺伝情報と代謝からの出題が多い

明治大学の生物は年度によって扱う単元が異なりますが、そのなかでも遺伝情報と生物代謝からの出題が多い傾向にあります。
DNA・環境に対するヒトの反応・体内環境の維持に必要な要素・交配実験などの分野は確実に抑えておきましょう。
また、自然選択や集団遺伝に関する基礎知識も備え、計算問題以外の遺伝分野に対策しておくことも効果的です。
いわゆる「捨て単元」がないため苦戦することが予測されますが、難易度そのものは高くないため基礎基本を重視した学びが重要です。

スピードを意識した解答が欠かせない

大問数・問題数共に年度により変化するのが、明治大学生物の特徴です。
年度によっては問題ごとの難易度は簡単寄りでありながら大量の問題が出たケースもあり、ある程度スピードを意識した学習が求められるでしょう。
ケアレスミスで点数を落とすと他の受験生と大差がついてしまう恐れがありますので、ある程度基本問題も複数回演習を重ね、瞬発的に解く力が必要です。

明治大学の生物で高得点を取るための勉強法

明治大学の生物対策をするには、特定の単元への重点的な対策とスピードを重視した問題演習が欠かせません。
ここでは、効率よく学ぶ勉強法を紹介します。

文章の読解力を上げておく

明治大学の生物は、問題文そのものの文章量が他大学と比較して多めです。
「全文に目を通しているだけでかなりの時間を食われてしまった」ということになりかねないため、文章の読解力を上げておく必要があるでしょう。
また、問題に慣れることである程度アタリをつけてナナメ読みする技術も必要です。
1文ずつ全てに目を通そうとすると、どんなに解答スピードが速い人でも時間が足りなくなってしまうとあらかじめ心得ておき、設問から先に目を通すなど工夫しておきましょう。

遺伝子分野は難問まで挑戦しておく

明治大学の生物は基本的に平易な難易度であるものの、遺伝分野は毎年頻出の単元です。
年度によっては大問2つ分を割いたこともあるため、ここで点数が取れないと合格が遠ざかると思っておきましょう。
そのため、高得点を取り合格を確実なものにしたいのであれば、遺伝分野に限ってはある程度の難易度がある問題にチャレンジしておくことをおすすめします。
伴性遺伝・対立遺伝子・減数分裂・組換え価と染色体地図などの基本的な要項に加え、DNAの構造・RNAの加工・遺伝の法則なども抑えておきたいポイントです。

PCR法に関する知識を定着させておく

新型コロナウイルスの流行に伴い、「PCR検査」の単語が話題になるシーンが増えています。
PCR法は高校生物の範囲で基礎を学べるため、時事問題対策としても取り組んでおくのがよいでしょう。
コロナ流行前の2017年には実際にポリメラーゼ連鎖反応をテーマにPCR法に関する出題が行われたこともあり、DNAの構造・遺伝子組み換えと同様のボリュームで扱われていました。
記述形式で出題されることも視野に入れ、自分の言葉で基本的な概要や解法を説明できるようになっておくのが理想です。

明治大学の生物対策におすすめの参考書5選

ここでは、明治大学の生物対策に適した参考書を紹介します。
基礎から応用まで幅広くピックアップしていますので、自分のレベルや復習したい単元に合わせて検討してみましょう。

ナガセ『田部の生物基礎をはじめからていねいに(東進ブックス名人の授業)』(田部眞哉)

超基礎レベルの参考書であり、高校生物の概要にザッと目を通したい人に向いています。
図・グラフ・表・イラスト・キャラクターによる吹き出し解説などが豊富であり、非常に見やすいレイアウトになっています。
生物の図説や資料集としても活用できるくらいの解説量を誇りますので、生物に苦手意識がある人でも問題なく取り組めるでしょう。
また、知識・用語・語句・公式の丸暗記だけでなく、「そもそもなぜこの実験結果が得らえるのか」「なぜこのような構造・仕組みになっているのか」を根本から把握するのにも便利です。
新課程である「生物基礎」科目にも対応した最新版でもありますので、教科書ガイドとして補足的に活用するのもおすすめです。

文英堂『生物基礎の必修整理ノート新課程版(要点を書き込むだけで覚える)』(文英堂編集部)

生物基礎の単元を全範囲的に網羅したうえで、ノートに書き込むような形で知識の定着が図れる参考書です。
書き込みながら覚えられるため、ただ参考書を読んでいるよりも効率よく頭に入れることができるでしょう。
また、問題演習のページも豊富に確保されているため、習ったばかりの知識を演習に活かしたい人にも向いています。
超基礎レベルの参考書に目を通し終わったら、ヒントや解説なしでどれくらい欄を埋められるかチャレンジしながら取り組み、自分の抜け・漏れがニガテ単元を確認するのに使うのがおすすめです。

河合出版『生物用語の完全制覇』(汐津美文)

中学生物では出てこなかった、高校生物ならではの単語を網羅して紹介する参考書です。
データ編と問題編との2つに分けて構成されており、演習問題ベースで解説されるため、用語集としてだけでなく演習用参考書としても活用できるのがメリットです。
問題編は大学入試問題から生物用語問題を213題ピックアップして収録されているため、受験を見据えた演習にレベルアップしたい人にも向いているでしょう。
また、基礎問題と応用問題それぞれにレベル分けされているので、自分のレベルに合わせて活用することも可能です。

旺文社『大森徹の生物 記述・論述問題の解法 新装版』(大森徹)

生物の記述・論述にターゲティングした参考書です。
第1編では、記述・論述のルール・構文・考察パターンに的を絞った解説が行われます。
「答えは分かっているけれどどのように記述すればいいか分からない」
「最終的な解答は合っているのにいつも途中点までしか取れない」
という人に最適であり、採点者の目線で記述対策しやすくなるでしょう。
第2編では、実際に入試で出題された問題を解きながら、自分で表現する力を養います。
明治大学以外の大学にも目を向け、より多角的な問題演習がしたい場合は是非活用していきましょう。

文英堂『大森徹の最強問題集159問 生物』(大森徹)

明治大学より上位の難関校を受験する学生が使用することも多い、レベルの高い参考書です。
タイトルの通り問題演習に特化しており、国公立大学や難関私立大学の過去問から良問がピックアップされています。
実践重視の問題集であるため、マークシート形式はもちろん記述形式にも対応しており、遺伝子分野からの計算問題も扱っています。
明治大学の生物で頻出である計算問題対策をしたい人は、是非活用したい1冊です。

まとめ

明治大学の生物は、基本的な単語や公式が習得できていれば問題なく解けるレベルです。
ただし、年々計算問題の比重が高まっており、スピードを求められる文章量もあるため、十分な問題演習を行いましょう

まずは、基礎力をつけてから思考力を養うのが効果的です。
紹介した参考書を利用しながら、少しずつ実力をつけていきましょう。

明治大学の入試を徹底解説!入試方式や学部ごとの入試科目もご紹介