受験情報

2021.08.01

【明治大学の入試化学の傾向と対策】勉強法やおすすめの参考書も解説!

目次

明治大学では、理工学部・農学部で化学受験が可能です。
全学部統一入試に限り、法学部・政治経済学部・文学部・情報コミュニケーション学部・国際日本学部・総合数理学部でも選択科目として受験することができます。

今回は、明治大学における物理の入試傾向と対策を紹介します。

勉強法やおすすめの参考書についても触れますので、明治大学志望者は是非チェックしてみてください。

【明治大学の入試物理の傾向と対策】勉強法やおすすめの参考書も解説!

明治大学の化学の入試基本情報

まずは、明治大学の入試で使われる化学について、基本的な情報を確認していきましょう。

出題範囲

明治大学の化学は、化学基礎および化学から出題されます。
理科総合など他の理科科目だけでは対応できない範囲も多いので、必ず物理基礎及び物理を履修して臨みましょう。

出題形式と解答形式

明治大学の化学は、マークシート形式と記述形式の両方で出題されます。
化学に限らずどの科目でも必ず記述問題が扱われますので、記述対策は欠かさず行いましょう。

唯一、全学部統一入試のみマークシート形式で行われます。

配点情報

全学部統一入試でも、学部別の一般入試でも、100点満点で採点されます。
それぞれ1問あたりの配点率は異なりますが、全体で何点取れるかを意識しておくのがよいでしょう。

試験時間と時間配分

全学部統一入試では、60分で4つの大問に取り組むため、大問1つにつき10分程度で解答するのがよいでしょう。
理工学部の入試は80分で3つの大問に取り組みます。
農学部の入試では、国語・数学・化学・生物のなかから2科目を120分で解答します。
時間配分に配慮し、最後にケアレスミスの確認ができる余裕を残しておくのがポイントです。

化学が必要となる学部とは?

学部ごとの一般入試で化学を扱うのは、理工学部と農学部のみです。
その他の学部では、物理や生物が課されることはありますが化学受験はできません。
ただし、理工学部・農学部共に化学が必須とは限りません。
理工学部の場合、物理及び化学からそれぞれ大問3つ(合計6つ)出題され、そのなかから大問3つを選択して解答します。
農学部の場合、国語・数学・化学・生物のなかから2科目を選択して解答します。
化学を避けて受験することも可能なので、明治大学で化学が必須である学部はないということが分かります。

明治大学の化学の難易度はどれくらい?

明治大学の化学は、一般的な教科書・参考書に対応できていれば問題ないレベルです。
しかし、制限時間に対し設問数が比較的多めであるため、問題の難易度よりは解答のスピードで苦戦する受験生が多いです。
記述形式での出題も行われますので、スピード重視の対策は欠かさず行いましょう。

【明治大学の生物の傾向と対策】勉強法やおすすめの参考書も解説!

明治大学の化学の入試傾向を学部ごとに解説

ここからは、入試形態・学部ごとに化学の傾向を紹介していきます。
受験を検討している学部があれば、チェックしてみましょう。

全学部入試

全学部統一入試に限り、全問マークシート形式で出題されます。
電気の電極反応と量的関係・混合気体と気圧・個体の溶解度などについて問われることが多く、例年頻出単元となっています。
また、無機化学よりも理論化学からの出題が多い傾向が強いことに注意しましょう。
計算を経て解答を選択肢でピックアップさせるような問題が少しずつ増えていますので、水和物の質量モル濃度など高校化学で必修の計算問題は必ずチェックしておきます。
計算問題のスピードを上げられるかどうかがカギになってきそうです。

理工学部

理工学部の化学は、80分で大問3つを解きます。
ほぼマークシート形式ですが、2~3問は記述形式の出題がされるため、どちらもバランスよく対策しておきましょう。

出題傾向が安定していることが多く、大問1で理論化学と無機化学、大問2で理論化学、大問3で有期化学が問われる傾向にあります。
全学部統一入試以上に全範囲的に網羅しておく必要があると分かります。
また、なかには化学反応式や化合物の構造式を完全記述方式で求める出題もありました。
実験の意図・理由を問うような記述問題や、「なぜその結果になったのか」「どうしてこのような方式で実験をしたのか」など背景を問うような記述問題が字数制限つきで出題された年もあったため、記述対策が欠かせません。

農学部

農学部の化学は、120分間に2科目を解きます。
国語(漢文を除く国語総合)、数学(数学Ⅰ・数学Ⅱ・数学A・数学B)・化学(化学基礎・化学)・生物(生物基礎・生物)のなかから2科目選択する必要があるため、あらかじめ得意科目に合わせて対策しておきましょう。

理論化学からの出題が多く、理工学部の化学同様計算問題への対策が必須です
特に濃度や結合エネルギーに関する計算問題は頻出ですので、漏れなく抑えるようにしましょう。
それでいて、細かな原子量・気体定数・アボガドロ定数は注釈して知識が補われることが多いです。
知識や公式の丸暗記だけでなく、それを活用できるような素養が求められると分かります。
また、化学反応式や構造式をフルで書かせる記述問題もよく出ますので、対策しておきましょう。

明治大学の入試化学の対策ポイント

明治大学の化学は、知識そのものは平易でありながら問題の出題傾向に癖があるのが特徴です。
ここでは、対策ポイントをいくつか紹介します。

理論化学の勉強比重を多めにする

全学部統一入試・理工学部入試・農学部入試共に、理論化学からの出題割合が多いという特徴があります。
学部ごとの一般入試の方が全体的な知識が問われる傾向にあるものの、他大学と比較するとやはり理論化学が多めだと言えるでしょう。
そのため、理論化学の勉強比重を多くして問題ありません。
定期的に反復演習をして、記憶の定着を図りましょう。

化学反応式や構造式は記述できるようにする

理工学部でも農学部でも、化学反応式や構造式はフルで記述を求めることが多いです。
一部の空欄補充に対応するだけでなく、1から自分で組み立てられる力を養いましょう。
全学部統一入試は全問マークシート形式ですが、そちらでは空欄補充で出題される傾向が多いです。
どの入試形態で化学を利用するとしても欠かせない単元ではありますので、繰り返し演習することが重要です。

化学が必須ではないことに注意

明治大学では、化学受験を必須とする学部がありません。
理工学部は物理と化学での選択が可能であり、農学部では国語・数学・化学・生物から2科目の選択ができます。
化学が必須ではないため、化学以外の科目がより得意なのであれば、化学にこだわる必要はないでしょう。
当日になってから他の科目の問題にザッと目を通し、解答できそうな科目を優先することも可能です。

明治大学の化学で高得点を取るための勉強法

明治大学の化学対策をするには、特定の単元への重点的な対策とスピードを重視した問題演習が欠かせません。
ここでは、効率よく学ぶ勉強法を紹介します。

「なぜこうなるのか」の背景を理解する

実験に関する出題では、「なぜこうなるのか」「なぜその実験をしたのか」など、「なぜ」の背景を問うことが多いです。
20~50字程度の字数制限つきで記述させることも多く、バックグラウンドを捉えた学習が必要です。
入試が近づくにつれ知識偏重になり対策を怠りやすいポイントでもありますので、定期的に超基礎レベルかつ解説の手厚い参考書を隅々まで読んでおくのがよいでしょう。
このような参考書は「なぜ」を重視して解説していることが多いため、移動時間や休憩中などのスキマ時間に目を通すだけでも十分効果的です。

基礎を重視して遡り演習を徹底する

頻出単元である理論分野を優先して学習し、点差を広げるのがポイントです。
「どこから手をつければいいか分からない」「点数に直結する学びがしたい」と考える人どちらとも相性がよく、焦って難易度の高い問題ばかりに取り組んで時間をロスすることもないでしょう。
まずは基礎基本を重視し、手堅く進めていくのがポイントです。
そのためには、間違えた問題に不随する単元を遡り学習するのがおすすめです。
化学は一見すると単元ごとに独立した知識を活用するように思われがちですが、実は単元を横断した問いを出題しやすい科目であり、複合的な知識が問われます。
間違えた問題が1つあったら関連する単元でもミスが発覚すると考え、遡りをじぅうしするのがよいでしょう。

時間配分を意識した学習をする

特に農学部受験をする場合、時間配分に注意が必要です。
「選択科目」として4科目のなかから2科目選んで120分以内に全て解答しきる必要がありますので、併せて選択するもう1科目の内容によっては化学に割ける時間が大きく減少します。
また、理工学部でも物理3大問・化学3大問の合計6大問のうち3つ分を解くことが求められているため、場合によっては物理2大問・化学1大問というような選択になることもあるでしょう。
どれだけ化学対策をしてもそれだけでは合格できないのが明治大学の特徴であるため、まずは化学の解答時間をスピードアップさせ、他科目に割ける時間を捻出できるよう対策しましょう。

明治大学の化学対策におすすめの参考書5選

ここでは、明治大学の化学対策に適した参考書を紹介します。
基礎から応用まで幅広くピックアップしていますので、自分のレベルや復習したい単元に合わせて検討してみましょう。

旺文社『橋爪のゼロから劇的!にわかる理論化学の授業 大学受験DoStart』(橋爪健作)

理論化学編と、有期・無機化学編の2つに分かれて展開している参考書です。
入試で頻出である化学の最重要項目を教科書より分かりやすく解説することに特化しており、丁寧に読み込みたい人に向いています。
また、実験のバックグラウンドを読み解くのにも向いており、正確な知識を系統立てて習得するのに便利です。
あくまでも解説書であるため問題演習の量は少な目で、各章の最後に数問ピックアップされている程度です。
演習用の問題集は別に用意するものと割り切り、単元理解のために活用しましょう。

駿台文庫『化学頻出!スタンダード問題230選』(西村能一)

明治大学化学の出題範囲である化学基礎及び化学の全範囲から、基礎~標準レベルの問題を230題ピックアップした参考書です。
設問ごとに3つの難易度に分けて掲載しているためレベルアップチャレンジしやすく、「基礎だけやる」「応用だけやる」といったアレンジも可能です。
解答・解説は最低限必要な内容にのみ絞られていますので、ある程度基礎力がついてから取り組むのがよいでしょう。

旺文社『化学の良問問題集[化学基礎・化学]』(中道淳一)

大学入試で類題の出題が予想される良問だけをピックアップした参考書です。
コンパクトにまとまった基礎項目確認ページがあり、確認問題・必須問題・レベルアップ問題と段階で踏んで挑戦することができます。
また、問題編よりも解答・解説編の方が分厚く仕上がっており、万が一分からない問題や抜けている単元があっても反復復習しやすい構造になっています。
また、問題は単元・テーマごとにまとまっているため知識を整理しながら解きやすく、必ず解いておいた方がいい良問だと言えるでしょう。
明治大学の化学は難問・奇問がほぼ出ないため、基本となる良問を繰り返し解くのがポイント です。

数研出版『2021実戦 化学重要問題集 化学基礎・化学』(数研出版編集部)

難関大学入試レベルまで対応している問題演習用参考書です。
明治大学に限定せず全国上位大学の入試問題からピックアップされているため、総仕上げの時期に活用するのがよいでしょう。
また、思考力・判断力・表現力が求められる問題には「思考」マークがついています。
記述形式への対策をしたいときや、知識の丸暗記だけでは対応できない問題への対策をしたいときに役立つため、積極的に活用していきましょう。

旺文社『《新入試対応》 大学入試 全レベル問題集 化学 4 私大上位・国公立大上位レベル 新装版』(岡島光洋)

レベル別に4つの分冊に分かれています。
一番難しいレベルが私立上位大学及び国公立大学上位レベルに対応しているので、ここまで問題なく解答できれば明治大学には十分対応できます。
理論化学33題・無機化学4題・有機化学18題の合計55題掲載されており、教科書とは異なる視点から化学現象を捉えた解説が特徴です。
別角度からの思考を養うきっかけにもなりますので、新鮮な学びと記述形式にも対応できる論理力が培われます。
1つレベルを下げると私立標準大学及び国公立大学レベルになるため、心配な人はそちらからチャレンジするのもおすすめです。

明治大学の応用化学科とは?

明治大学理工学部には、応用科学科が存在します。
化学に関するエキスパートを育成する学科でもありますので、化学の学習をより深めたい人は受験を検討してみましょう。

明治大学応用化学科の基本情報

明治大学理工学部応用科学科は、あらゆる生命現象から宇宙を構成する物質の謎解明まで、幅広く扱う学科です。
また、今の時代に必要な太陽電池・液晶・セラミックスなどのハイテク製品に不可欠である化学の知識の習得を行い、実学重視の学びも提供しています。
1~2年次には化学一般に関する基礎基本を身につけ、それ以降はゼミや研究室に所属しながら応用知識への発展や理学・工学と連携した広範な学問を習得します。

明治大学応用化学科の偏差値

明治大学理工学部物理学科の偏差値は、およそ58.0~60.0です。
年度によって多少の差はありますが、ここ数年大きな変動はありません。
明治大学のなかでも一般的な偏差値であり、難易度は平均レベルだと言えます。

明治大学応用化学科の入試情報

全学部統一入試の場合、外国語(コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・コミュニケーション英語Ⅲ・英語表現Ⅰ・英語表現Ⅱ・ドイツ語・フランス語)から1科目、数学ⅠⅡAB、数学Ⅲ(数学ⅠAⅡB含む)、化学の4科目必要です。
4科目全て受験しないと合否判定の対象にならないため、注意しましょう。

学部別の一般試験の場合、数学(数学Ⅰ・数学Ⅱ・数学Ⅲ・数学A・数学B)・理科(物理・化学それぞれ3題ずつ計6第のうち3題を選択して解答)・外国語が必須です。

また、大学入学共通テストを利用して受験することも可能です。
国語・数学・理科(物理・化学・生物・地学から1科目)・外国語で受験できます。

明治大学応用化学科の就職状況

明治大学理工学部物理学科は、大学院進学率が高いことでも有名です。
約半数が大学院に進学して企業の研究室や大学への就職を希望していますので、より高度な学びをしたい人に向いています。
就職の場合、IT業界もしくは製造業への就職で全体の過半数を占めています。
メーカーの製造部門などに配属されるケースも多く、理系学部ならではの就職活動が叶います。

まとめ

明治大学の化学は、基本的な単語や公式が習得できていれば問題なく解けるレベルです。
ただし、データを活用した論述問題への対策が欠かせないため、十分な問題演習を行いましょう

まずは、基礎力をつけてから思考力を養うのが効果的です。
紹介した参考書を利用しながら、少しずつ実力をつけていきましょう。

明治大学の入試を徹底解説!入試方式や学部ごとの入試科目もご紹介