受験情報

2021.08.04

【明治大学政治経済学部】入試情報や就職状況、評判を徹底解説

目次

関東圏内の難関私立大学として有名な明治大学は、3つの学科と4つのコースに細分化されるゼミ指導型コースに分かれている政治経済学部を有しています。
明治大学政治経済学部は、他大学の政治経済学部や明治大学内の他学部と比較してどのような特徴があるのでしょうか。

今回は、学部の特徴だけでなく入試情報や就職情報についても触れながら解説していきます。

志望校のひとつとして検討している方は、是非参考に目を通してみてください。

明治大学政治経済学部の概要

まずは、明治大学政治経済学部の基本的なプロフィールを紹介します。
概要を知っておくことで他の学部・大学との比較がしやすくなりますので、チェックしてみましょう。

明治大学政治経済学部の学科情報

明治大学政治経済学部は、3つの学科と4つのコースに細分化されるゼミ指導型コースに分かれています。
ここでは1つずつコース情報を紹介します。

政治学科

政治学科は、社会の基本的枠組を決定する政治プロセスを把握・分析できる人材の育成を目的としています。
幅広い視野と専門性を兼ね備えた人材に成長することで、グローバル化社会や政治・経済に関する発展的な議論に参加する明治大学卒業生を輩出します。
政治学科における主要な研究テーマは名前の通り「政治」ではありますが、歴史・制度・文化や国ごとの背景に至るまで細かく学び、より多角的な視野が持てるようカリキュラム立てされているのが特徴です。

経済学科

経済学科は、有限資源の分配・生産・消費活動に焦点を当て、地球上の人々全ての経済的厚生を高められる人材の育成を目的としています。
経済学の視点はもちろん、他学部・他学科に設置されている政治学・行政学・社会学・文化人類学なども複合的に履修的できるのが特徴です。
総合的な視点から多様な経済事業を分析し、政策の立案やグローバル化の進展に対応できる教養を育てます。

地域行政学科

地域行政学科では、高齢化・グローバル化・環境問題などさまざまな課題を地域社会の観点から解決できる人材の育成を目的としています。
政治と経済を学ぶ政治経済学部のなかにありながら、地域の観点から企業・家計・公共の全てを分析できる学科であり、特定の小さな地域コミュニティから国家・国連単位まで幅広い分析ができるようカリキュラムが組まれています。
地域の最前線に立つプロフェッショナルとなるよう、人口問題・国際紛争・地域格差・過疎化や都市への人口集中などのプログラムに取り組めるのも特徴です。

政治学・社会学コース

国内外の政治現象をさまざまな角度から分析しながら、社会学・文化人類学・心理学の観点から人間社会の諸現象に接近するゼミ指導コースです。
理論・歴史・思想史・マスコミュニケーション科目群からの選択が多くなり、体系的なパッケージ学習を可能としています。

経済学コース

日本及び世界の経済情勢を分析・考察しながら、金融・財政・労働・環境・福祉・社会保障・国際経済問題といった広範囲な分野についての問題解決能力の育成するゼミ指導コースです。
経済理論・経済史・統計学を扱うことも多く、数学的な観点が欠かせないコースでもあり、国際系・財政金融系・総合経済政策系科目群からの選択が多くなります。

地域行政学コース

地域で活躍するプロフェッショナル人材を育成するために、地域を構成する自治体・地域住民・企業の3観点からの分析をするゼミ指導コースです。
公共政治・地域コミュニティ・産業社会科目群からの選択が多くなり、地域の実情や問題への対処法を学べるコースであることが特徴的です。

国際地域・文化論コース

国家・政治・経済・民族・宗教・言語など多数の要素が合わさって構成されている現代の国際地域に焦点を当て、総合的な観点から諸問題へのアプローチができる人材を育成するゼミ指導コースです。
国際理解・企画立案・国際コミュニケーションなどのエッセンスが多く、国によって異なる文化も学びます。

明治大学政治経済学部のキャンパス情報

明治大学政治経済学部の学生は、学年ごとに2つのキャンパスを使い分けます。

1~2年次は、和泉キャンパスに通学します。
京王線・井の頭線の「明大前駅」下車徒歩5分という立地にあり、新宿・渋谷・吉祥寺からのアクセスに強いのが特徴です。
他にも法学部・商学部・文学部・経営学部・情報コミュニケーション学部の1~2年生が通うキャンパスであるため、フレッシュな雰囲気です。

3~4年次は、明治大学のメインキャンパスである駿河台キャンパスに通学します。
JR中央線・総武線・東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水駅」、東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」、東京メトロ三田線・新宿線・半蔵門線「神保町駅」など複数の路線からアクセスできる都心の一等地にあり、通学の利便性が高いです。
こちらも法学部・商学部・文学部・経営学部・情報コミュニケーション学部の3~4年生が通うキャンパスであるため、より専門分野ごとに学問を極めようとする学生が多いのが特徴です。

明治大学政治経済学部の学費はどれくらい?

明治大学政治経済学部にかかる学費は、以下の通りです。

入学金:200,000円
授業料:876,000円
教育充実料:208,000円
実習料:10,000円
学生健康保険互助組合費:3,000円
父母会費:12,000円
【合計】1,309,000円

ただし、これは初年度(1年次)の学費です。
それ以降は、2年次1,114,000円、3年次1,119,000円、4年次1,154,000円と少し負担が減る傾向にあります。

留学費用・サークルや部活の会費・ゼミ活動にかかる費用などはこれに含まれませんので、あらかじめ知っておきましょう。

明治大学政治経済学部の人数と男女比

明治大学政治経済学部に在籍している学生は、4,490名です。
うち3,212名が男子学生、1,278名が女子学生であり、男女比率は約5:2です。

男子学生の比率が高い学部であることが分かります。

明治大学政治経済学部で学ぶこと

明治大学政治経済学部は、「教養豊かな専門人」の輩出を目指し、政治・経済・行政・社会・文化を有機的に結び付けて習得する学部です。
国際的な舞台で活躍できるグローバル人材の育成も視野に入れ、多言語コミュニケーションや海外諸国への理解も深めます。

・今日のグローバル社会で生じる多様な社会的事象を歴史や思想を踏まえて多角的な視点から正確に捉え、政治学・経済学・地域行政学の各分野における専門知識を修得し、さらに社会学などの知見を土台・ルーツとして独自の分析を行うことができる者
・データ分析力や語学力などを発揮しながら、社会に発信し、行動する力を修得した者

上記のスキルを培い、取得単位の基準を満たした学生に政治学士・経済学士・地域行政学士の称号が与えられます。

明治大学政治経済学部の特徴

政治経済学部は、通常の「学部」のイメージを根底から覆す、はるかに大きな規模での学習やバラエティに富んだ科目履修ができるのが特徴です。
フルタイムの教員だけでも100名以上在籍し、パートタイムの講師も含めると250名近い教員が在籍しています。
明治大学最大の講師数・生徒数を誇り、年間1,500コマの授業が行われているため、自分に合った学びを見つけやすい学部だと言えるでしょう。
科目の内容も、人文系の外国文学・日本語文章論・民俗学・社会心理学・マスメディア論から、社会学系のもの、政治・経済・地域行政系のものなど、幅広くラインナップされています。

明治大学の看板学部トップ3を発表!学部のカーストについても解説

明治大学政治経済学部の入試情報

ここでは、明治大学政治経済学部の入試情報を紹介します。
受験を検討している人は、合格のための情報収集を行いましょう。

学科ごとの偏差値と倍率

政治学科の偏差値は、62.5~65.0です。
一般入試の倍率は3.1~3.2倍、全学部統一入試の倍率は3.4~6.3と大幅な開きがあります。

経済学科の偏差値は、62.5前後で推移しています。
一般入試の倍率は3.5~5.1倍、全学部統一入試の倍率は3.3~8.5倍と、どちらも年度により大きな差が生じています。

地域行政学科の偏差値も、62.5前後で推移しています。
一般入試の倍率は4.0~4.5倍、全学部統一入試の倍率は2.8~10.0倍程度です。

【明治大学の学部偏差値ランキング】おすすめ学部や学部序列も解説

一般入試の受験科目・配点と合格最低点

明治大学政治経済学部の一般入試は、3科目の受験が課されます。

・外国語150点満点
・国語(漢文を除く)100点満点
・世界史、日本史、政治経済・数学(左記のうち1科目選択)100点満点

上記の3科目が必須となりますので、対策しておきましょう。
選択科目からは1科目のみの選択です。

共通テスト利用の科目とボーダー

明治大学政治経済学部の全学部統一入試は、3科目の受験が課されます。

・外国語
・国語(漢文を除く)・数学(左記のうち1科目)
・世界史、日本史、地理、政治経済、物理・化学・生物(左記のうち1科目)

選択科目が1つありますので、注意しましょう。
毎年合格最低点は公開されておらず、基本的に上位受験者から合格を判定するシステムとなっています。

明治大学政治経済学部の入試難易度

明治大学政治経済学部の入試は、特殊な難問・奇問は出題されません。
基礎・基本を重視して標準レベルの問題への対応ができれば、手堅く合格することができるでしょう。

しかし、一般入試の場合、どの科目でも必ず記述問題が出題されます。
欠文挿入や語句並べ替えなどが記述形式で扱われることも多く、必要な情報を短時間で読み取る読解力が求められますので、読解問題への対策を入念に行っておきましょう。

明治大学政治経済学部の入試傾向と対策

ここでは、明治大学政治経済学部に共通している入試傾向を紹介します。
科目ごとの対策も参照しながら、合格までの道筋を描きましょう。

記述問題の出題割合が高い

明治大学政治経済学部は、明治大学内の他学部と比較し、法学部と並んで記述問題の割合が高いのが特徴です。
全学部統一入試の場合は全問マークシート形式ですが、一般入試を受験する場合は記述対策が必須だと心得ておきましょう。
また、200~300字など比較的文字量が多い解答を指定してくるケースもあります。
基本的な表現力を磨き、日本語として意味の通る文章にしておくことが肝心です。

欠文挿入や語句並べ替えなど細かな記述も頻出

外国語や現代文・古文では、欠文挿入や語句並べ替えなど小規模な記述問題も頻出します。
1問ごとの配点こそ高くないものの、全体的な問題量やそもそもの問題文・設問が長い傾向にありますので、解答に時間がかかると想定されます。
ある程度スピード感を意識した勉強を行い、時間切れにならないよう配慮していきましょう。

テーマ史対策をしておく

世界史や日本史は、時代ごとに区切った出題よりもテーマ史からの出題の割合が高いのが特徴です。
宗教史・文化史・外交史など、時代の枠に囚われずテーマごとに流れを把握する学習をするのがおすすめです。
特定の時代・地域に偏らない出題が多いため対策しづらいですが、難易度は比較的平易であるため、基礎基本を重視した学びを徹底していきましょう。

明治大学政治経済学部の就職情報

明治大学政治経済学部に在籍する学生の就職情報を紹介します。
入口である受験だけでなく、出口である就職にも目を向けながら学校選びをしていきましょう。

卒業生の就職先について

明治大学政治経済学部は、卒業生1,018名のうち就職したのが951名と、高い就職率を誇ります。
進学16名、各種試験対策浪人11名、別の学校への編入なども5名おり、多種多様な進路があることが分かります。

就職先として母数が多い順に「情報通信業」「金融業・保険業」「製造業」「卸売業・小売業」「公務」となっており、多学部と比較すると公務員就職の割合が高い傾向にあります。

明治大学理商部は就職に強いか

就職率からみても就職サポートからみても、明治大学政治経済学部は就職に強い学部だと言えるでしょう。
1~2年次の早期から「就業力育成講座」を開講しており、ジャーナリストや国際キャリアを持つ社会人を講師として招き、卒業後のキャリアデザインへの興味を喚起します。
3年次には「政治経済学部就職支援セミナー」、女子学生を対象とした「明女のためのキャリアデザインセミナー」など複数開講されており、直接OBとコミュニケーションする機会があるなど、サポートに恵まれているのも特徴です。

明治大学政治経済学部の評判・口コミ

では、実際に明治大学政治経済学部に通う学生からの口コミを紹介します。
パンフレットやHPだけでは分からない生の声に触れ、学生生活をより具体的にイメージしていきましょう。

チャラすぎず堅すぎない

必修が多いですが、特に公務員志望の人は向いていると思います。
地域行政学科だけでなく、政治学科と経済学科とも共通した授業をとることも多いので、友達は広くできると思います。
https://www.minkou.jp/university/school/review/20293/825/rd_710526/

世の中を注視する力を養うことができる学科

1年生の間は必修科目が多いため、自分で自由に選択できる科目が決して多いわけではありませんが、空きコマに履修可能な講義をシラバスで確認してみると、意外と自分の興味に合っている講義がたくさん設けられています。
1,2年生の間は専門の科目よりも、教養演習科目が多いので将来役に立つことがたくさん身につけられると思います。
https://www.minkou.jp/university/school/review/20293/825/rd_673379/

意欲溢れる活発な学科

少しでも興味があると思う方には是非きて欲しい学部です。
非常に面白く意欲的に取り組むことができます。教授の話が面白いです。
https://www.minkou.jp/university/school/review/20293/825/rd_612651/

まとめ

明治大学は、10学部を有する総合大学です。
政治経済学部は、政治・経済やその背景にある文化・歴史なども総合して学べる学部であるため、毎年多くの受験生が志願しています。

明治大学政治経済学部への入学を希望する人は、入試傾向を的確に掴み、対策していきましょう。
また、早期の段階で学内の雰囲気や就職・留学などの情報を掴み、入学後のミスマッチがないか確認していくことも重要です。

明治大学の特徴を学部ごとに徹底解説!魅力や強み、評判を解説