受験情報

2021.08.16

明治大学の就職先を学部ごとに紹介!就職に強い学部についても解説

目次

大学選びの上で、考えることの大きな一つが卒業後の将来についてですよね。「あこがれのあの大学、でも卒業後は?」「ちゃんと仕事は見つかるの?」という疑問を持たれている方や、現在就職活動をしていらっしゃる方や、始めようとしている方も沢山いらっしゃると思います。そうした方に向けて、参考になる情報をいろいろな角度からお届けしたいと思います。

明治大学の学部ごとの就職率と大手就職先

明治大学の学生は、卒業後どのような企業に就職していくのでしょうか。学部別に詳しい就職先と就職率について見ていきましょう。

文系

法学部

 就職率84.2% 就職者数709人
株式会社みずほフィナンシャルグループ…16人
国家公務員 一般職…14人
東京特別区…10人
株式会社三菱東京UFJ銀行…10人
裁判所職員(一般職)…9人
民間企業とあわせて、国家公務員や裁判所職員が並んでいるところが法学部ならではですね。その他にも進学する人も多いようです。

商学部

就職率90.5% 就職者数930人
株式会社みずほフィナンシャルグループ…19人
三井住友海上火災保険株式会社…17人
株式会社三井住友銀行…9人
JTBグループ【旅行事業会社群】…8人
三菱UFJ信託銀行株式会社…8人
りそなグループ…8人
非常に高い就職率を誇っています。金融機関や証券会社が多いところが特徴ですね。

政治経済学部

就職率89.8% 就職者数837人
株式会社みずほフィナンシャルグループ…16人
損害保険ジャパン日本興亜株式会社…15人
東京特別区…12人
日本郵政グループ…12人
株式会社三菱東京UFJ銀行…12人
金融機関や地方公務員も多くいました。

文学部

就職率76.2% 就職者数554人
東京特別区…7人
日本郵政グループ…7人
神奈川県教育委員会…6人
東日本旅客鉄道株式会社…5人
明治安田生命保険(相)…4人
金融機関や公務員の他に教育関連での就職も多いところが特徴の一つです。

経営学部

就職率86.1% 就職者数609人 株式会社みずほフィナンシャルグループ…15人
損害保険ジャパン日本興亜株式会社…13人
東京特別区…8人
株式会社三菱東京UFJ銀行…8人
株式会社大和証券グループ本社…6人
沢山の就職先の中でも特に証券会社に多く就職していることが特徴の一つと言えます。

国際日本学部

就職率82.8% 就職者数303人
JTBグループ【旅行事業会社群】…9人
全日本空輸株式会社…7人
株式会社みずほフィナンシャルグループ…6人
三井住友海上火災保険株式会社…6人
ANAエアポートサービス株式会社…5人
金融機関の他に、航空会社など国際性が求められる会社への就職が多いことが特徴です。

情報コミュニケーション学部

就職率88.2%  就職者数418人 株式会社みずほフィナンシャルグループ…5人
株式会社ワークスアプリケーションズ…5人
イオンフィナンシャルサービス…4人
損害保険ジャパン日本興亜株式会社…4人
株式会社三菱東京UFJ銀行)…4人
金融機関やIT系への就職が多いようです。

理系

理工学部

就職率56.2% 就職者数520人 キヤノン株式会社…12人
本田技研工業株式会社…12人
オリンパス株式会社…10人
富士重工業株式会社…8人
いすゞ自動車株式会社…7人
トヨタ自動車株式会社…7人
進学する人が多く全体の約4割を占めていることが大きな特徴です。

農学部

就職率75.0% 就職者数433人
NECソリューションイノベータ株式会社…4名
国家公務員 一般職…4名
国分首都圏株式会社…3名
SCSK株式会社…3名
全国農業(協組連)本所…3名
公務員とともに農業系での就職も多いことが特徴と言えます。

総合数理学部

就職者数252人 就職率66.3%
株式会社みずほフィナンシャルグループ…5人
SCSK株式会社…4人
都築電気株式会社…4人
東日本旅客鉄道株式会社…4人
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社…3人
エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社…3人
IT系や電気会社への就職が多く見られました。進学が約3割を占めます。

全体を通して、株式会社みずほフィナンシャルグループへの就職が全ての学部において一番多いという結果になりました。ついで東京特別区、損害保険ジャパン日本興亜株式会社の順です。全体の就職率は80.0%、全体の進学率は10.8%という結果です。

明治大学で就職に強い学部ベスト3

第3位 情報コミュニケーション学部

第2位 政治経済学部

第1位 商学部

上位にはこれらの学部がランクイン。文系が強い印象です。ただし理系学部では進学が多く見られるので、就職率だけで一概に見る事はできません。特に理工学部では大学院の2ヶ年も含めたカリキュラムであるとうたっており、高い進学率もうなずけますね。

明治大学は就職に強い?弱い?

結論から言えば、強いと言えるでしょう。どの学部もおおむね8割に近い就職率がありますし、進学率と就職率を合わせれば9割を超えます。一部理系学部では5~6割の就職率ですが、そうした学部は進学率が4~3割あります。後述いたしますが、明治大学のキャリア支援センターでも様々な支援が受けられますので、活用するべきでしょう。「何から始めたら良いの?」「不安でしかたがない」という人にも寄り添った支援が展開されています。

明治大学の企業からのイメージ

明治大学の学生は、企業からどのようなイメージを持たれているのでしょうか。結論から言えば、総じて良い評価を受けています。具体的に3つ提示すると以下の通りです。

地頭が良い

明治大学は、全国の大学のうち「出世が早いと思うランキング」5位。会社内で出世する力、すなわち実力を発揮できる力として「知識を得て、応用し、問題に対応する力=地頭の良さ」があると評価を受けています。

コミュニケーション力がある

そして社内・社外両方との関わりの中で大切になるのはコミュニケーション力です。先ほどの「地頭の良さ」に加え、「出世が早い」ランキング5位と言うことで、企業からはコミュニケーション力がありムードメーカーになれる人材だという評価を受けています。

協調性がある

明治大学は全国の大学のうち「協調性があると思う」ランキング2位。他人と協力する力は仕事をする上で必要不可欠ですね。こうした力が企業からも認められ、上位にランクイン。

明治大学の就職支援制度一覧

皆さんが実際に就職活動を行っていく上で、明治大学ではどのような就職支援を受けることができるのでしょうか。以下に4点まとめてみましたので参考にしてみて下さい!

就職・進路についての個別相談

就職活動や進路選択で生じた不安や疑問に専門のスタッフが答えてくれます。就職活動や進路選択に関する相談の他,エントリーシートのチェック,模擬面接など各種選考対策も可能です。対面相談の場合は,予約時間までに各キャンパス就職キャリア支援センターの受付カウンターに行って下さい。オンライン相談の場合,当日の朝に案内メールを送られるので,ご自宅等ネット環境が整う場所でご参加ください。

OB・OG名簿の閲覧

明治大学を卒業して社会で活躍する先輩たちの名簿を閲覧することが出来ます。OB・OG訪問を行って,会社案内や就職情報サイトだけでは分からない生の貴重な情報を手に入れられます。予約後,予約時間までに各キャンパスの就職キャリア支援センターの受付カウンターにお越しください。OBOG名簿は学部3年・院1年の6月頃から閲覧可能になります。

各種就職支援イベントの実施

「面接練習会」や「企業説明会」,「OBOG懇談会」等,各種就職支援イベントを実施しています。何度も練習し、繰り返すことで得られる経験は多いです。

就職活動に関する書籍の閲覧

四季報,業界・企業研究,筆記試験対策,公務員試験勉強等就職活動のノウハウが詰まった書籍が多数そろっています。これらの書籍を閲覧し、情報を入手することで周りの就活生と差をつけることができます。

まとめ

いかがでいたでしょうか。ここでは、明治大学の主な就職先や就職への強さ、企業からのイメージ、実際に受けられるキャリア支援制度について見てきました。「どうしたら良いんだろう」「何から始めたら?」という方!このページを読んだことでまず初めの一歩を踏み出せたのではないでしょうか。不安点や疑問点の解消には、詳しい方に相談に乗って貰うことが一番でしょう。まずはキャリア支援センターで相談してみたり、身近な先輩に話を聞いてみたりしてみてはいかがでしょうか。
就職活動に不安はつきものですよね。でも、「知る」ことで不安は少しずつ減っていき、緊張はしますが何度も面接練習をしたりエントリーシートを書いたりすることで自身がついてきます。皆さんの進路実現を心より応援しております。このページの情報をぜひ、皆さんの進路決定や就職活動に役立てて下さいね。

明治大学卒業生の年収は平均いくら?大学別年収ランキングも紹介