受験情報

2021.08.16

明治大学の評判がガタ落ちしたのは本当?口コミから考察

目次

Googleなどで「明治大学 評判」と検索すると、候補として「明治大学 評判 ガタ落ち」と出てきます。でも、本当に明治大学の評判がガタ落ちしたのでしょうか?確かに受験生が減少したりはしているものの、定員割れをしたり、極端に減少したりしているわけではありません。この記事では、その真相を紹介していきます。

明治大学の評判がガタ落ちしたって本当?

Googleなどで「明治大学 評判」と検索すると、候補として「明治大学 評判 ガタ落ち」と出てくるため、「明治大学の評判がガタ落ちした」といううわさがあるようです。
しかし、受験生が減少したりはしているものの、定員割れをしたり、極端に減少したりしているわけではありません。この項では、明治大学の評判がガタ落ちしたのは本当か?や、明治大学の評判がガタ落ちしたと考えられている理由について考察していきます。

検索結果に表示される「「明治大学 評判 ガタ落ち」

Googleなどで「明治大学 評判」と検索すると、候補として「明治大学 評判 ガタ落ち」と出てきます。そのため、「明治大学の評判がガタ落ちした」といううわさがあります。
しかし、明治大学の受験者が減少していることは事実ですが、決して評判が悪いからではありません。
その証拠に、政治経済学部の受験者は増加していますし、一般入試では、どの学部でも明治大学の受験生が極端に減少したわけではありません。
明治大学の受験生が減少したのには、明治大学のレベルが難化したという大きな理由があります。明治大学のレベルが難化したために、従来は明治大学を狙っていた受験生が受験を諦めたということなのです。
では実際の明治大学の評判はどうなのでしょうか?次項では、実際の明治大学の評判について考察していきます。

実際は評判は良い

明治大学には、伝統のある学部や学科が多く存在します。例えば、文学部の考古学専攻は1950年に日本の私立大学では初めて設置されていらいの学科ですし、法学部は1881年に設置された明治法律学校がルーツで、この学校が明治大学になっています。商学部も早稲田大学と並ぶ日本の私立大学で最古の設置です。そのため、豊富なノウハウや業績が蓄積されており、就職活動のサポ―トやキャンパスの設備、教員の充実した配置などが行われており、受験生の間でも、実際の明治大学の学生の間でも評判が良いのが実際のところです。
また、明治大学のキャンパスは、昔はあまりきれいではなく「バンカラ」な男子学生が多いというイメージがあったものの、現在はきれいに整備されており、女子学生の割合も多くなってきています。そのこともあって評判は良いです。
インターネットでの明治大学の学生の口コミを見ても、「図書館が様々なことに活用できてよい」「就職活動のサポートが充実している」「多くのサークル活動があって楽しめてよい」など肯定的な意見が目立ちます。
つまり、実際には、明治大学の評判がガタ落ちしている事実はなく、明治大学の評判のよさは健在なのですが、「明治大学の評判がガタ落ちしている」といううわさだけが独り歩きしてしまっているのです。

明治大学は頭いい?世間イメージや賢い学部をご紹介

明治大学の評判がガタ落ちしていると思われる理由

それでは、なぜ、明治大学の評判のよさは健在なのにもかかわらず、「明治大学の評判がガタ落ちしている」といううわさだけが独り歩きしてしまっているのでしょうか?
それには、いくつかの原因が考えられますが、その中の主なものが

・明治大学で不幸にも起こってしまったいくつかの不祥事によるイメージの悪化
・明治大学の受験者が全体として減少傾向にあること
・昔、明治大学にあった、「バンカラな学生が多い」とか、「チャラチャラした軽いイメージの学生が多い」といったイメージのままで見ている。

というようなものです。
以降でこの3つの原因についてそれぞれ考察していきます。

いくつかの不祥事によるイメージの悪化

明治大学では、2014年から2016年にかけて、不幸にも、明治大学で不祥事が3つ立て続けに起こったことがありました。このうち、2つが法学部でおこっています。もっとも、一番近年に起こった不祥事でも2016年で今から4-5年も前のことになりますので、どこまで影響しているかは疑問もあります。
不祥事3つとは、

1・明大鬼ごっこ事件
「明大鬼ごっこ事件」とは、2016年に、明治大学法学部で起こった不祥事です。
試験でカンニングしていたことが試験監督にばれてしまった女子学生が、逃亡を図りました。一旦は、近くにいた男子学生のタックルで転倒したのですが、その後も逃亡を続けて、ついに駅まで逃げ切ったという不祥事です。

2・明治大学教授司法試験問題漏洩事件 「明治大学教授司法試験問題漏洩事件」とは、2015年に当時、明治大学法学部の教授だった青柳被告が、交際していた女性に、司法試験の問題の内容を漏洩したという不祥事です。
交際していた女性が司法試験で、考えにくい高得点をとったことから、採点に関わった別の考査委員が疑問に思って法務省に通報したことから不祥事が発覚しました。
その後、法務省が、青柳被告と、交際していた女性の両方の調査を行い、その調査の中で、青柳被告と、交際していた女性のどちらも容疑を認めたため裁判にかけられて、青柳被告には、懲役1年、執行猶予5年の判決が下っています。この不祥事については教授という立場を悪用しているので、少し悪質性が高いといえるでしょう。

3・明大クライス集団昏睡事件

「「明大クライス集団昏睡事件」とは、2016年に、当時、明治大学の公認テニスサークルだった「クライステニスクラブ」が、新宿歌舞伎町のお店で日本女子大学との懇親会を開いたときに、未成年飲酒や、ウォッカやウイスキーの一気飲みが行われた事件で、懇親会の後に、旧新宿コマ劇場の前で何人かの女子大生が倒れこんだうえ、明治大学の学生2人が救急搬送されました。その時の画像がインターネット上で拡散されたことも社会に衝撃を与えました。
その後、問題を起こした「クライステニスクラブ」は、明治大学の公認取り消しになり、廃部となりました。一つ間違えば命に係わる不祥事だっただけに当然といえるでしょう。

のことで、いずれも当時は大いに話題になりましたが、4-5年も前の不祥事であり、それ以降は起こっていないので、最大の理由とは言えないと考えられます。

明治大学の受験生が全体として減少傾向にある

明治大学の受験生が全体として減少傾向にあることは事実です。2020年度の入試では、全体として、受験生は9000人の減少となっています。ただ、センター入試を利用しない一般入試の受験者は、数%の減少に過ぎないので、受験生の減少の大きな要因 センター入試にあるといえそうです。
また、2018年に成立した、東京23区の定員を10年間禁止する地域大学振興法によって定員を増やせなくなった結果、今まで明治大学を受験していたようなレベルの受験生が明治大学を受験しなくなったということも受験生減少の要因の1つと考えられます。
いずれにしても、明治大学の受験者が減少したこと=明治大学の評判が落ちて人気がなくなったということではありません。

「バンカラな学生が多い」とか、「チャラチャラした軽いイメージの学生が多い」といったイメージがある

昔は、明治大学というと、「バンカラな学生が多い」とか、「チャラチャラした軽いイメージの学生が多い」といったイメージを持っている方も多くいました。今の受験生の親世代の方は、まだ、そのようなイメージを持っている方も多くいらっしゃるかもしれません。
しかし、現在の明治大学は、キャンパスもきれいに整備され、女子学生も昔とは比べ物にならないくらい多くいます。かつての「バンカラな学生が多い」とか、「チャラチャラした軽いイメージの学生が多い」といったイメージとは程遠くいなっているのです。

明治大学は人気急上昇中?人気の理由や人気学部を徹底紹介

明治大学の実際の口コミ

それでは、ここで明治大学の学生による実際の口コミを悪い口コミと良い口コミを3つずつ紹介していきます。

悪い口コミ

まずは、悪い口コミから紹介します。

・事務の融通が利かない
文学部の学生さんですが、機械の故障で、学割の証明書を発行してもらえなかったり、授業の提出物を提出しにいったのに門前払いになったりしたそうです。

・学部と関係ない授業が多い 政治経済学部の学生さんですが、政治や経済と関係のない授業が多いと感じたそうです。「理系科目などは、とりたい人だけ授業料を多く払ってとればいい」という意見でした。

・図書館や食堂が狭い 国際日本学部の学生さんですが、国際日本学部のあるキャンパスの図書館や学生食堂が狭く、お昼の時に席をとるのが大変だったりするとのことでした。

食堂が狭いという意見は、ほかにもいくつかありましたので、改善の余地があるのかもしれません。

良い口コミ

次に、良い口コミを紹介します。

・設備が整っている 理工学部を卒業した方ですが、「実験用の器具や図書館などの設備が整っていて良かった」とのことでした。図書館については、学部よっては狭いという意見もあったので、キャンパスによって事情が異なるのかもしれません。

・就職活動のための企画が多い 農学部の学生さんですが、「就職活動のサポートになるような、インターン・研修会などの規格が多いので助かる」とのことでした。これらの企画は、他学部でも出席可能だそうです。

・所属するゼミなどを2つもてる 商学部の卒業生の方ですが、「所属するゼミなどを選ぶときに、メインのほかにサブも選択できるダブルコアという制度があって魅力的だった」とのことでした。

明治大学が定員割れって本当?志願者減少の理由を解説

明治大学の人気の秘密

では、明治大学の人気が健在な理由は何でしょうか?この項では、考えられる理由をいくつか紹介します。

就職に有利

前項で紹介した農学部の学生さんの口コミにもありましたが、就職活動をサポートする企画が多く、実際に卒業生が就職した企業も、日本郵政グループや富士通、NECといった、有名な一流企業が多く名を連ねています。
つまり、それだけ就職に有利であるといえるので、受験生に人気の理由の一つになっていると考えられます。

おしゃれなイメージが定着してきた

昔は、明治大学というと、バンカラなイメージが強かったのですが、近年の明治大学は、キャンパスが新しくなって洗練された雰囲気になったこともあり、女子学生にも人気があるようになりました。

設備が充実している

明治大学の学生さんや卒業生の口コミなどを見ても、設備が充実しているという意見が多くみられました。どの設備が充実しているかは、通うキャンパスによって異なるようですが、設備の充実度も人気の一つと考えられます。

明治大学はモテる?モテる理由やモテる大学ランキングを発表

まとめ

ここまで、明治大学の評判について考察してきました。Googleなどで「明治大学 評判」と検索すると、候補として「明治大学 評判 ガタ落ち」と出てくることから、「明治大学の評判がガタ落ちした」といううわさがあるようですが、実際には、明治大学の評判はガタ落ちしたわけではなく、むしろ人気は今でも健在であるということがわかっていただけたと思います。明治大学を目指している受験生の皆さん、頑張ってぜひ合格を勝ち取りましょう。