受験情報

2021.09.19

明治大学との併願におすすめの大学とは?滑り止めにおすすめの大学もご紹介

目次

明治大学は偏差値60以上と決して簡単ではありません。明治大学を志望する学生は、併願を含め、しっかりと準備を行う必要があります。今回は、明治大学との併願におすすめの大学について詳しく解説します。

明治大学と併願されやすい大学とは?

明治大学は共通テストの点数が必要ではないため、、共通テストを利用しない法政大や中央大、学習院大などが併願されやすいです。
また、レベルを下げて成城、明治学院、日東駒専を受けておくことになります。明治大学は人気のある大学のため、受験競争が激しいです。自分のレベルを把握し、併願校も選んでおきましょう。
明治大学の併願校はさまざまな選択肢があります。他のMARCHを含め、ワンランク上の早慶にチャレンジするケースや日東駒専といったすべり止め枠など自分のレベルや行きたい学部、受験日程などと相談しながら決めるようにしてください。

明治大学との併願におすすめの大学10選

明治大学と同じレベル、いわゆる「マーチ」であれば、共通テストを使用しない学習院・法政大学・中央大学がおすすめとなります。マーチの中では明治大学の方が少し難易度が高い傾向にあるため、効率的に対策できるでしょう。
また、共通テスト利用のケースであれば、あ立教大学や青山学院大学も視野に入ります。立教大学は複数日程から選べる全学部試験での実地になっており、受験日程を気にせずに複数受験できます。
加えて、英語の4技能試験を利用する場合、立教大学が併願できます。英検だと2級〜準1級 を取得していると受験レベルに達しています。

私立

私立大学で明治大学との併願におすすめの大学は以下の通りです。
立教大学 学習院大学 法政大学 中央大学 青山学院大学 上智大学 駒澤大学 成蹊大学 成城大学 早稲田大学

立教大学

同じくMARCHの一角を担う立教大学も併願におすすめです。難易度が上がっており、学部によっては早慶に次ぐレベルの場合もあります。
立教大学は、リベラルアーツに特化した私立大学です。立教大学は、1876年に聖書と英語を学ぶエピスコパリアン系キリスト教の私立学校として誕生しました。現在では、2万人以上の学生と2,500人のスタッフが在籍しています。
立教大学の学部で最も人気のあるコースは、芸術、経済、社会学、法律と政治などです。立教大学では、2024年までに留学生の数を2,000人に増やし、国際的なパートナーとのネットワークを拡大し、外国人スタッフの比率を5人に1人にすることを目指しています。
また、グローバル・リベラル・アーツという完全に英語で行われる4年制の学部を新たに立ち上げました。

学習院大学

学習院大学のキャンパスには4つの学部と16の学科があります。それぞれの分野で最先端の活動を行っている著名な研究者を中心に、多面的な研究が行われています。
学習院大学の特徴は、少人数教育の教育研究を徹底するという方針のもと、学生一人ひとりが提案したテーマについて指導を受けることができる点にあります。
また、奨学金だけでなく、国内外での学会報告への資金援助や、留学後のキャリア支援など、学生へのサポートも充実しています。

法政大学

法政大学は1880年に法律学校として設立されました。1903年に現在の名称になり、1920年に私立大学として認可されました。
現在、15の学部、14の大学院を擁しています。市ヶ谷、小金井、多摩の3つのメインキャンパスがあり、市ヶ谷キャンパスは、東京都心に近い最も都会的なキャンパスです。
理系科目は東京の西に位置する小金井キャンパスで学び、その他の科目は多摩と市ヶ谷に分かれています。部活が盛んで、野球部、ラグビー部、アメリカンフットボール部など、200以上のクラブがあります。
著名な卒業生には、サッカー選手の本田拓也氏、政治家の實川幸夫氏、金子恵美氏、モデルで女優の安座間美優氏などがいます。

中央大学

中央大学はMARCHの中では偏差値が低い方です。法学部を除けば全体的に明治大学のレベルが高いため、併願校としておすすめです。
すべり止めとまではいきませんが、同じような学部がある場合は併願すると良いでしょう。ただし、法学部を目指している場合は難易度が逆転するので、注意してください。
中央大学は、1885年に東京に設立され、設立者の多くがロンドンのミドルテンプルで学んだことから、当初は「英国法学校」と呼ばれていました。その後、中央大学と改称されました。
前者の名前が示すように、この大学は当初、法律と立法に特化して設立され、現在も教育の中心的な部分を形成しています。
しかし、近年では、経済学、科学、政策学など、より幅広い分野をカバーする新しい学部が導入され、大学の学術的ポートフォリオは大幅に多様化しています。
中央大学は研究にも力を入れており、工学、スポーツ科学、経済学、会計学などの幅広い分野をカバーする9つの研究機関を擁しています。
中央大学の有名な卒業生の多くは法律分野で活躍しており、日本の最高裁判事も中央大学で学んだことがあります。また、元首相の海青山学院大学 部俊樹氏も同大学の卒業生です。

青山学院大学

青山学院大学は、1874年にメソジスト・エピスコパル教会の宣教師によって設立されたのが始まりで、その後1949年に現在の形に改められ、青山学院となりました。日本で最も古い高等教育機関のひとつです。
その宗教的ルーツに則り、キリスト教信仰に基づいた教育方針のもと、現代社会に貢献できるような社会的責任感と道徳心を持った学生の育成を目指しています。
青山キャンパスは、渋谷区の東部、東京23区の中でも特に洗練された雰囲気を持つ港区の近くに位置しています。また、日本のプロバスケットボールリーグチームの一つであるサンロッカーズ渋谷のホームアリーナであるAGU体育館があります。

上智大学

上智大学は1913年、カトリックのイエズス会によって設立されました。創立者たちは当初から、国際的なカリキュラムと厳しい外国語教育を重視していました。
現在、上智大学は人文科学、社会科学、自然科学の3分野で13,800人の学生と1,400人の教職員を擁し、85カ国から1,500人を超える留学生を受け入れています。多様な分野を英語で学ぶことが可能です。
上智大学は、文部科学省の国際化拠点整備事業「トップグローバル大学創成事業」に採択された37大学の1つとなります。

駒澤大学

日東駒専の一角である駒澤大学は明治大学のすべり止めとしておすすめです。自分の中で「ここなら大丈夫!」と余裕をもって併願できるレベルの学校を選ぶことが重要となります。
駒澤大学は日本で最も古い大学のひとつで、その歴史は1592年にさかのぼります。当時、駒沢大学は若い仏教徒の僧侶のための学習センターでした。
大学は8つの学部と24の学科で構成されており、芸術や人文科学から科学に至るまで、さまざまな分野で幅広い学術プログラムを提供しています。駒沢大学は、特に芸術系のプログラムで人気が高く、また、同大学の研究センターも国内で高い評価を得ています。
駒沢大学は、日本文化を学ぶのに最適な場所として特に有名で、仏教や仏教史に関するコースを数多く提供しています。

成蹊大学

「日東駒専」の上位にあたるのが「成成明学獨國武」です。「成成明学獨國武」とは、成蹊大学、成城大学、明治学院大学、獨協大学、国学院大学の総称です。明治大学の中でも上位学部を目指す学生によっては、すべり止めにもおすすめとなります。
その一角である成蹊大学は、成蹊大学は成蹊大学は、武蔵野市の活気ある街、吉祥寺に位置し、東京都心から電車で20分ほどのところにあります。キャンパス内にはケヤキ並木があり、「日本の音風景100選」のひとつにもなっています。
大学には、経済学部、人文学部、法学部、理工学研究科の4つの学部があり、学生はそれぞれの専門分野を選択することができます。
また、大学院のプログラムも充実しています。春の訪れを告げる桜祭り、ボートレースの成蹊レガッタ、大学独自のお祭りであるけやき祭など、イベントが豊富です。

成城大学

成城大学も「成成明学獨國武」の一角として明治大学の併願におすすめとなります。並木道のあるキャンパスは、東京の閑静な住宅街に位置していますが、公共交通機関を利用して首都圏の繁華街へのアクセスも良好です。
大学には、経済学部、芸術・文学部、法律学部、社会イノベーション学部の4つの学部があり、大学院と学部のコースを提供しています。
成城大学には、ジムやスイミングプールを備えたトレーニングセンターがあります。また、東京近郊にはいくつかのロッジがあり、クラブが利用しています。その中には、白馬栂池周辺の山小屋も含まれており、学生はそこから登山やスキーを楽しむことが可能です。
大学には、日本の伝統文化を研究する「民俗学研究所」があります。この研究所には、日本の民俗学を初めて研究したとされる柳田國男教授から寄贈された37,000枚の記録が保管されています。

早稲田大学

あえてワンランク上の早稲田大学を併願するのも選択肢の一つです。早稲田大学は学部が多いため、明治大学を受ける学生には自分の学びたい範囲の学部が見つかるでしょう。
受かったらラッキーくらいの気持ちで臨ことをおすすめします。明治大学を志望する学生のチャレンジ枠としていかがでしょうか。
早稲田大学は、東京の中心に位置するトップレベルの高等教育機関であり、13の学部と21の大学院に約5万人の学生が在籍しています。
早稲田の使命はリーダーを育成することであり、7人の総理大臣をはじめ、政府、ビジネス、ジャーナリズム、科学、文学、芸術の分野で数多くのリーダーを輩出しています。

国立

明治大学の併願校は基本的に他のMARCHや日東駒専といった1ランク下の私立大学が主となります。明治大学の併願校として国立大学はあまり適していません。国立大学は共通テストを受ける必要があるため、勉強する範囲が広いからです。
勉強する範囲が広いと、その分明治大学の受験対策に費やせる時間が薄くなってしまいます。基本的に旧帝大レベルを志望する学生がすべり止めとして早慶やMARCHを受験します。逆に私立大学を目標として国立大学に受験することは、失敗するリスクが高まるでしょう。

明治大学のすべり止めにおすすめの大学は?

明治大学のすべり止めにおすすめの大学は「日東駒専」です。明治大学を含むMARCHのワンランク下の大学はすべり止めに適しています。明治大学の合格圏内のレベルであれば、安心して併願できるでしょう。
また、明治大学の偏差値の高い学部を目指している場合は他のMARCHや「成成明学獨國武」もすべり止めにおすすめです。これらの大学は日東駒専よりもレベルが高く、MARCHよりもレベルが低い位置にいます。
ただし、成成明学獨國武をすべり止めにするのは、あくまで明治大学を志望する上位学生のみです。最低でも偏差値60以上と考えてください。

まとめ

今回は明治大学を志望する学生におすすめの併願校を紹介してきました。明治大学は国内有数の難しい大学のため、併願校を含み、しっかりと準備する必要があります。明治大学を志望する学生に対する併願校の選択肢は幅広いです。
他のMARCHや日東駒専、チャレンジ枠として早慶、成成明学獨國武なども考えられます。すべり止めとしては、日東駒専や、成成明学獨國武レベルがおすすめです。現状の偏差値や志望する学部などを考慮し、自分に合った併願校を選びましょう。