受験情報

2021.10.11

【明治大学商学部の世界史】傾向と対策や過去問情報をご紹介

目次

明治大学の商学部は、世界史を利用した受験が可能です。
受験前には大学ごとの出題傾向を掴むだけでなく、学部ごとの傾向や科目ごとの特色を読み解き、万全の準備をしておきましょう。

今回は、明治大学商学部の世界史に焦点を当て、傾向と対策を紹介します。

過去問情報などにも触れますので、志望校のひとつとして検討している方は是非参考にしてみてください。

明治大学商学部の入試情報

まずは、明治大学商学部の入試情報を解説します。
基本的な概要を理解し、受験へのイメージを固めていきましょう。

入試方式ごとの入試科目と配点

明治大学商学部に受験入学するためには、大学入学共通テスト利用入学試験もしくは学部別入学試験を突破する必要があります。
下記ではそれぞれで使用する科目と配点情報を紹介しますので、目を通してみましょう。

大学入学共通テスト利用入学試験

大学入学共通テストの利用入学試験では、4科目方式・5科目方式・6科目方式の3種類のうち希望するものを選択できます。

・国語(200点)
・外国語(200点)
・数学(200点)
・地理歴史(4科目方式の場合200点、それ以外は100点)
・公民(4科目方式の場合200点、それ以外は100点)
・理科(4科目方式の場合200点、それ以外は100点)

国語と外国語は必須科目です。
それ以外の科目は選択科目となるため、得意分野に合わせて選択していきましょう。

学部別入学試験

学部別入学試験では、下記3科目を使って受験します。

・国語(100点)
・外国語(150点)
・地理歴史・公民・数学から1科目選択(100点)

特に外国語の配点が高いため、外国語偏重の採点が成されると分かります。

明治大学商学部の学科ごとの偏差値

明治大学商学部は、商学科のみの単一学科です。
年度により多少の差はありますが、商学科の偏差値は62.5~65.0であり、明治大学内でも平均程度だと分かります。

明治大学商学部の倍率情報

明治大学商学部の倍率は、入学方式によって異なります。
大学入学共通テスト利用入学入試の方が倍率は高めであり、5.0~5.5倍程度です。
一方、学部別入学試験は3.9~4.9倍です。

年度によって幅がありますので、模試等を利用しながら確実な合格力を身につけていくことが重要です。

明治大学商学部の世界史の入試情報

ここからは、実際に明治大学商学世界史の入試情報を紹介します。
概要を掴みながら、傾向と対策を読み取っていきましょう。

基本情報

明治大学商学部の世界史は、60分で解答します。
大学入学共通テストは全てマークシート形式ですが、学部別入学試験に限り記述形式も加わります。
大問5つあるうちの1~2個程度が記述形式となっていることが多く、過去には1950年代~1980年代の第三世界に関する記述などが出題されました。

明治大学商学部の世界史の配点情報

明治大学商学部の世界史の配点は、入学形式により異なります。
大学入学共通テスト利用入学試験では、何科目受験をするかによって異なります。4科目方式の場合は200点満点、5科目方式及び6科目方式の場合は100点満点です。
学部別入学試験では100点で計算されます。
しっかり対策を練り、高得点を狙っていくことが合格への第一歩です。

明治大学商学部の世界史の難易度・レベルはどれくらい?

使用する知識自体は比較的平易ですが、出題形式が特徴的です。
単元や時代の区切りに囚われない横断的な出題がされているため解きづらく、それが高い難易度につながっています。
まずは教科書レベルの基本から始め、受験学年以降は横断型の演習を増やす必要がありそうです。

明治大学商学部の世界史の傾向・特徴

ここからは、実際に明治大学商学部の世界史について読み解き、傾向や特徴を掴んでいきましょう。
受験対策のカギとなるポイントでもあるため、しっかり把握することが大切です。

商学部ならではの特色がある

明治大学の世界史は、学部ごとに出題傾向が異なります。
商学部の場合、アダム・スミスの「国富論」から始まる資本主義工場生産を皮切りに、世界の経済がどう変遷していったか、時代ごとの移り変わりを問うような問題が多いです。
また、世界における経済活動の動きや、転換点となった出来事を問うケースも見られます。
明治大学だからと他学部の過去問に手を広げすぎず、商学部に特化した対策をするのがよいでしょう。

近代史からの出題が多い

明治大学商学部の世界史は、近代史からの出題が多い傾向にあります。
全体の約6~7割が近代史からの出題であるため、特に比重多めに対策しておくとよいでしょう。
また、世界における日本の立ち位置や動きを問うような問題も多いです。
世界史だからといって日本の学びをおろそかにすると、思わぬ落とし穴になるかもしれません。

テーマ史対策が欠かせない

時代や単元の枠に関係なく、テーマごとに横断的な知識を問うような問題が多いです。
宗教史・文学史・文化史など、テーマ単位で縦割りされた問題に対応できるようにしておきましょう。
まずは基本的な時代変遷を学んだ上で、テーマごとに細分化することをおすすめします。

明治大学商学部の世界史対策・勉強法

次に、更に踏み込んで単元ごとの対策法を確認していきましょう。
明治大学商学部用の対策ができていれば、受験を突破する十分な学力を身につけられます。

記述問題対策

明治大学商学部の世界史の記述問題は、基本的な用語や単語を問うものが多いです。
そのため、用語集や一問一答集を複数周回しながら、暗記の一環として取り組んでおくのがよいでしょう。
また、地図・グラフ・図表・写真などから情報を読み取らないといけない問題も多く、基礎力と予測力のどちらも試されます。
なるべく資料集なども活用し、歴史的偉人の写真や歴史の転換点となった出来事の史料はチェックしておくとよいでしょう。

選択問題対策

正誤問題の出題割合が高いため、対策が欠かせません。
設問自体の文章量も多くなりやすく、スピードを意識した学習を心がけましょう。
特に多い傾向として、「出来事と時代が合っていない」「出来事に関わった場所や人物が少しずれている」など、際どい出題が挙げられます。
基本的な用語を丸暗記するのみに留めず、時代背景や与えた影響についてもセットで学んでいくことが近道です。

論述問題対策

毎年必ず論述問題が出されているため、必ず対策しておきましょう。
特に戦争の概要を説明させるような出題が多く、時代背景・人物については間違いなく解答しながら多くの要素を盛り込んでいく必要があります。
また、その後の歴史に与えた影響についても記せれば、高い配点になりやすいでしょう。
論述用の参考書を活用しながら、「書き方そのもの」を学ぶことも重要です。

明治大学商学部の世界史対策におすすめの参考書

次に、明治大学商学部の世界史対策をしたい人向けの参考書を紹介します。
それぞれ2冊ずつピックアップしましたので、参考書選びに迷っている方は検討してみましょう。

記述問題

まずは、世界史用語を記述させる問題に対応できる参考書です。
一問一答方式で暗記する際にも活用できますので、基礎力のひとつとしてコツコツ取り組みましょう。

文栄堂『時代と流れで覚える!世界史B用語』(相田知史・小林勇祐)

大学入試で頻出とされる世界史用語を、3ステップでチェックできる参考書です。
時代の流れ全体を把握したうえで重要用語の解説に進めるため短時間で高い理解度を得やすく、時代背景と絡めながら暗記することが可能です。
赤フィルターも付属しているため、効果的に使っていきましょう。

学研プラス『タテから見る世界史 パワーアップ版』(斎藤整)

国ごと・地域ごとに通史を理解するための参考書です。
時代ごとの流れを掴みやすいだけでなく、文化史・宗教史・戦争史などテーマごとに理解したいときにも便利であり、テーマ史対策が必須な明治大学商学部世界史にマッチしたものだと言えるでしょう。
最後には記述問題対策用のページもあり、大いに活用できます。

選択問題対策

次に、選択問題用の参考書を紹介します。 明治大学商学部の世界史では毎年正誤問題が出題されているため、欠かさず対策しておきましょう。

山川出版社『山川一問一答世界史 第3版』(今泉博)

大学受験における日本史・世界史のパイオニアになっている山川出版社のシリーズ参考書です。
世界史Bの教科書に掲載されている用語を一問一答式で解いていく問題集であり、選択問題対策として油工です。
重要度が3段階に分かれているため、暗記用に活用するのもよいでしょう。

山川出版社『スピードマスター世界史問題集―世界史B』(黒川潤二)

「30日完成スピードマスター」とある通り、短期間で世界史の単元を総復習するのに向いている参考書です。
効率よく基礎固めしたいときや、自分の苦手単元を把握したいときに使いやすい参考書だと言えるでしょう。
選択問題の量が多いため、選択問題対策がしたいシーンにも向いています。

論述問題対策

次に、論述問題用の参考書を紹介します。
合否を分ける大きな点差がつきやすい単元であるため、時間をかけてテクニックを磨いていきましょう。

Z会『段階式 世界史論述のトレーニング』(Z会出版編集部)

100字未満→100~180字論述→200~250字論述→300字以上、と段階を追って論述に取り組める参考書です。
明治大学商学部の世界史では200字以下の論述割合が高いため、これ1冊あればボリューム多めの年に当たっても十分対応できるようになるでしょう。
また、問題に取り組むための着眼点やヒントも豊富に提示されているため、問題理解の面でも役立ちます。

旺文社『世界史 標準問題精講 五訂版』(松永陽子)

難関大学の世界史入試に特化した参考書であり、「補講」ページによる難問対策も実施しています。
実際の入試問題からピックアップした論述問題も多数収録しており、実際に受験で使える論述対策がしたい人に向いていると言えるでしょう。
解答や解説は別冊に分かれているため、使いやすいという点でも魅力です。

明治大学商学部の世界史の過去問情報

最後に、明治大学商学部の世界史について、過去問をダウンロードできるページを紹介します。
実際に過去問を見て傾向を掴みたい人や、問題に取り組んでみたい人は、確認してみてください。

2020年度の世界史の過去問

こちらからダウンロード 「三十年戦争について3行以内で説明しなさい」など、ボリュームの多い記述問題が出題されています。
また、正誤問題の比重が大きく、設問を読むだけでも大きな時間が取られがちな作りになっていました。
記述対策と解答スピードの両方を求められる年だったと分かります。

2019年度の世界史の過去問

こちらからダウンロード 2020年と似た傾向として、「百年戦争について3行以内で説明しなさい」という問題が出題されていることが挙げられます。
基本的な概要と歴史的背景を併せて解答しないと満点が取れないつくりになっているため、なるべく多くの要素を入れ込むようにして解答していくことが不可欠です。

まとめ

明治大学商学部の世界史は、難問・奇問がないものの、文章量は多めに設定されています。
近代史からの出題割合が高いため、記述含めて対策しておく必要がありそうです。

入学を希望する人は、入試傾向を的確に掴み、対策していきましょう。
また、早期の段階で参考書の選定を終え、自分に合った学習法を確立することも大切です。