受験情報

2021.10.11

【明治大学商学部の英語】傾向と対策や過去問情報をご紹介

目次

明治大学の商学部は、英語を利用した受験が可能です。
受験前には大学ごとの出題傾向を掴むだけでなく、学部ごとの傾向や科目ごとの特色を読み解き、万全の準備をしておきましょう。

今回は、明治大学商学部の英語に焦点を当て、傾向と対策を紹介します。

過去問情報などにも触れますので、志望校のひとつとして検討している方は是非参考にしてみてください。

明治大学商学部の入試情報

まずは、明治大学商学部の入試情報を解説します。
基本的な概要を理解し、受験へのイメージを固めていきましょう。

入試方式ごとの入試科目と配点

明治大学商学部に受験入学するためには、大学入学共通テスト利用入学試験もしくは学部別入学試験を突破する必要があります。
下記ではそれぞれで使用する科目と配点情報を紹介しますので、目を通してみましょう。

大学入学共通テスト利用入学試験

大学入学共通テストの利用入学試験では、4科目方式・5科目方式・6科目方式の3種類のうち希望するものを選択できます。

・国語(200点)
・外国語(200点)
・数学(200点)
・地理歴史(4科目方式の場合200点、それ以外は100点)
・公民(4科目方式の場合200点、それ以外は100点)
・理科(4科目方式の場合200点、それ以外は100点)

国語と外国語は必須科目です。
それ以外の科目は選択科目となるため、得意分野に合わせて選択していきましょう。

学部別入学試験

学部別入学試験では、下記3科目を使って受験します。

・国語(100点)
・外国語(150点)
・地理歴史・公民・数学から1科目選択(100点)

特に外国語の配点が高いため、外国語偏重の採点が成されると分かります。

明治大学商学部の学科ごとの偏差値

明治大学商学部は、商学科のみの単一学科です。
年度により多少の差はありますが、商学科の偏差値は62.5~65.0であり、明治大学内でも平均程度だと分かります。

明治大学商学部の倍率情報

明治大学商学部の倍率は、入学方式によって異なります。
大学入学共通テスト利用入学入試の方が倍率は高めであり、5.0~5.5倍程度です。
一方、学部別入学試験は3.9~4.9倍です。

年度によって幅がありますので、模試等を利用しながら確実な合格力を身につけていくことが重要です。

明治大学商学部の英語の入試情報

ここからは、実際に明治大学商学部英語の入試情報を紹介します。
概要を掴みながら、傾向と対策を読み取っていきましょう。

基本情報

明治大学商学部の英語は、80分で解答します。
大学入学共通テストは全てマークシート形式ですが、学部別入学試験に限り記述形式も加わります。
大問は4題出される年が大半であり、大問2では会話文が、大問3と大問4では読解問題が出題される確率が高いです。

明治大学商学部の英語の配点情報

明治大学商学部の英語の配点は、入学形式により異なります。
大学入学共通テスト利用入学試験では200点満点、学部別入学試験では150点で計算されます。
特に学部別入学試験の場合、他科目よりも高い配点になっているため、明治大学商学部が英語を重視していていることが分かります。
しっかり対策を練り、高得点を狙っていくことが合格への第一歩です。

出題範囲

明治大学商学部の英語は、下記5科目を出題範囲として設けています。

・コミュニケーション英語Ⅰ
・コミュニケーション英語Ⅱ
・コミュニケーション英語Ⅲ
・英語表現Ⅰ
・英語表現Ⅱ

基本的な英語の力を問うコミュニケーション英語を範囲に含めているだけでなく、英語表現もⅠⅡ共に扱うことから、記述力を重視していると分かります。

問題量と時間配分

明治大学商学部の英語は、年度によって大きく問題量が異なります。
近年は読解問題が大問2つ分であることが多いものの、年によっては3題扱われるなど、変動するため注意しましょう。
基本的には80分のうち60分を読解問題に使い、残り20分を文法問題や最終チェックに費やす形式が基本となります。

明治大学商学部の英語の難易度・レベルはどれくらい?

文法問題の難易度が高い傾向にあり、それが全体のレベルを底上げしています。
読解問題自体は比較的平易ですが、1つの大問あたり900文字近い分量になることが多く、ある程度のスピード感は不可欠になるでしょう。
MARCHレベルの範囲で見れば平均的ではあるものの、全国の大学と比較するとやはりレベルは高めです。

明治大学商学部の英語の傾向・特徴

ここからは、実際に明治大学商学部の英語について読み解き、傾向や特徴を掴んでいきましょう。
受験対策のカギとなるポイントでもあるため、しっかり把握することが大切です。

出題形式の幅が広い

内容の正誤を問う問題、空所を補充する問題、同意表現や反対表現を問う問題など、読解問題の定番でありながら幅広い出題形式を揃えています。
また、語形変化が問われることも多く、コロコロ変わる形式に対応するだけでも時間がかかりがちになるでしょう。
模試の復習や過去問演習を十分に行い、受験用の読解に慣れておくことが不可欠です。

社会・文化・国際などの読解テーマが多い

年によって読解問題のテーマは異なりますが、社会・文化・国際などのテーマを扱う傾向が強いです。
反面、テクノロジーや生命科学に関する出題は少なく、専門用語の暗記は少なくて済むでしょう。 一方、基本的な英単語は幅広く網羅し、ひとつの和訳に限定しない柔軟かつフレキシブルな読解の基礎となることが求められます。
単語やイディオムを知らないとそもそも解けない問題が多いため、テーマ別の対策をするより基礎力を重視する対策の方がよさそうです。

先に問題量や全体像を掴む必要がある

明治大学商学部の英語は、年によって大問数も小問数も異なります。
素直に頭から1題ずつ解いてしまうと、後半の読解問題になって時間が足らず、タイムアップのまま白紙提出しなければいけない事態になるでしょう。
試験開始と同時にまずは全体的に軽く目を通し、時間配分を大まかに決めておくことが肝心です。 基本的には80分のうち60分程度を大問2以降に使うイメージを固め、逆算しながら解いていきましょう。

明治大学商学部の英語対策・勉強法

次に、更に踏み込んで単元ごとの対策法を確認していきましょう。
明治大学商学部用の対策ができていれば、受験を突破する十分な学力を身につけられます。

単語・熟語

単語・熟語の基礎力がないと、そもそも内容理解できない問題が多いです。
スタートラインに立つという意味でも、早い段階からコツコツ暗記していくことが欠かせません。
参考書の数はあまり多くなくて問題ないため、網羅的なものを1~2冊用意し、受験までに4~5周しておくことが理想です。
自分がなかなか暗記できない単語・熟語にはチェックを入れ、受験直前期にはその部分だけをピックアップしながら解くことで、時間的な効率を飛躍的に伸ばすのもひとつの方法です。

文法

文法問題が単独で出題される確率はかなり低いものの、読解問題に入れ込む形で空所補充・並べ替えを問われることが多いです。
文法書を何往復もしながら、基本的な構文を丸暗記してしまうのがよいでしょう。
記述対策として英訳まで行っておけば、高得点を狙いやすくなります。

読解問題(長文)

明治大学商学部の英語は、問題量が定まらないことが原因となって読むスピードが変動しやすい科目です。
そのため、まずはどんな問題量が出ても対応できるよう、読解スピードを身につけておくのがよいでしょう。
センテンスごとにスラッシュを入れたり、主語・述語にマークを入れたり、なくても意味が通じる修飾語をカットしたりする、スラッシュリーディングを取り入れることがおすすめです。
最初は200語程度の中文から対応し、徐々にボリュームを広げていけるよう意識するとよさそうです。

明治大学商学部の英語対策におすすめの参考書

次に、明治大学商学部の英語対策をしたい人向けの参考書を紹介します。
それぞれ2冊ずつピックアップしましたので、参考書選びに迷っている方は検討してみましょう。

単語・熟語

まずは、単語・熟語の語彙を増やすための参考書です。
読解に活きるだけでなく、自由記述にも欠かせない要素となるため、基礎力のひとつとしてコツコツ取り組みましょう。

Z会『速読英単語2上級編[改訂第4版]』(風早寛)

難関大突破のための上級900語を収録しており、明治大学だけでなく東大・京大・早稲田・慶応・上智レベルの対策も可能です。
レベルの高い英単語・熟語を紹介するのみに留めず、「受験本番で知らない単語が出てきたらどう対処するか」という推察に関する項目が多いのも興味深いポイントだと言えるでしょう。
推測法による勉強を身につけいたい人や、盲点になりがちな多義語・特定のテーマに特化した単語を学びたい人にも向いています。

駿台文庫『システム英単語Premium』(霜康司・刀祢雅彦)

比較的難易度の高い英単語が多く、私立難関大から国公立大学まで対応できる参考書です。
頻出レベルではなく語源ごとにまとまっているため、単純暗記ではなく意味や語源と併せて暗記したい人に向いているでしょう。
また、一般的な単語帳では網羅できないレベルのものに取り組みたい人にも向いています。

文法

次に、英文法対策用の参考書を紹介します。
イディオムや構文は毎年問われているため、必須項目として捉えておきましょう。

ピアソン桐原『大学受験スーパーゼミ 全解説 実力判定 英文法ファイナル問題集 標準編』(瓜生豊・篠田重晃)

英文法・イディオムだけでなく、語法・会話表現もピックアップしながら網羅的に学べる参考書です。
標準~上級レベルの英文法参考書であり、明治大学を志望する学生から基礎から学ぶ際に便利です。
また、10回の問題演習が徐々にレベルを上げて作問されており、同じ範囲から主題されている問題でありながら自動的にステップアップすることが可能です。

桐原書店『Next Stage 英文法・語法問題[4th EDITION]: 入試英語頻出ポイント218の征服』(瓜生豊・篠田重晃)

受験英文法の定番参考書であり、1999年の初版以降ベストセラーにもなっています。
文法・語法・イディオム・会話表現・単語・アクセント発音と単元別に掲載されており、頻出単元を狙って効率よく学習することが可能です。
受験生のなかにはこの参考書を単語帳のごとく何周もしながら使い潰す人も多く、これ1冊をマスターできていれば明治大学商学部レベルの英語であればかなりの高得点が期待できるでしょう。

読解問題(長文)

次に、読解問題用の参考書を紹介します。
合否を分ける大きな点差がつきやすい単元であるため、時間をかけてテクニックを磨いていきましょう。

河合出版『英語長文読解の王道 パラグラフリーディングのストラテジー』(島田浩史・米山達郎)

センテンスごとにスラッシュを入れながらスピード重視で読む「パラグラフリーディング」を身につけるための参考書です。
スピードを上げるだけでなく、構文を理解したり内容を細かく紐解きながら読み解くことにも使えたりするため、多くの受験生がパラグラフリーディングを活用しています。
基本的な文法を学んでから挑戦すれば、より効率よく習得しやすくなるでしょう。

ナガセ『英語長文PREMIUM問題集:Advanced』(東進ハイスクール・東進衛星予備校編集部)

大学入試共通テスト及び中堅私立大学対策用の読解問題参考書です。
国際基準で標準的なレベルの問題を多く扱っているため明治大学商学部以外にも対応しやすく、併願や滑り止めも含めて総合的な学習をしたい人に向いています。
構成として、問題文・設問・解説・構造分析・和訳が一定のリズムになって繰り返されるため、勉強法を確立するうえでも便利です。

明治大学商学部の英語の過去問情報

最後に、明治大学商学部の英語について、過去問をダウンロードできるページを紹介します。
実際に過去問を見て傾向を掴みたい人や、問題に取り組んでみたい人は、確認してみてください。

2020年度の英語の過去問

こちらからダウンロード 記憶喪失・認知症・アルツハイマー・白昼夢・大脳皮質など、医療分野に関係する単語が多く扱われました。
専門用語であるため注釈がついているものの、読解に時間を要した学生が多く、全体的に難易度が高い年度であったと言えるでしょう。
また、語形変化が多く出題された年でもありました。

2019年度の英語の過去問

こちらからダウンロード 大問2の会話文ボリュームが例年より多いものの、読解問題のボリュームも大きく変動することがなく、特にスピードを求められた年でした。
初見の文章をいかに早く読むか、かつ正確性を担保できるかを、明治大学商学部が重視していることが分かります。

まとめ

明治大学商学部の英語は、難問・奇問がないものの、文章量は多めに設定されています。
幅広いテーマを扱うこともあり、基本的な文法・イディオムは網羅的に学び、どんなテーマにも対応できる素養を求められるでしょう。

入学を希望する人は、入試傾向を的確に掴み、対策していきましょう。
また、早期の段階で参考書の選定を終え、自分に合った学習法を確立することも大切です。