受験情報

2021.10.11

【明治大学商学部の国語】傾向と対策や過去問情報をご紹介

目次

明治大学の商学部は、国語科目を利用した受験が可能です。
受験前には大学ごとの出題傾向を掴むだけでなく、学部ごとの傾向や科目ごとの特色を読み解き、万全の準備をしておきましょう。

今回は、明治大学商学部の国語に焦点を当て、傾向と対策を紹介します。

過去問情報などにも触れますので、志望校のひとつとして検討している方は是非参考にしてみてください。

明治大学商学部の入試情報

まずは、明治大学商学部の入試情報を解説します。
基本的な概要を理解し、受験へのイメージを固めていきましょう。

入試方式ごとの入試科目と配点

明治大学商学部に受験入学するためには、大学入学共通テスト利用入学試験もしくは学部別入学試験を突破する必要があります。
下記ではそれぞれで使用する科目と配点情報を紹介しますので、目を通してみましょう。

大学入学共通テスト利用入学試験

大学入学共通テストの利用入学試験では、4科目方式・5科目方式・6科目方式の3種類のうち希望するものを選択できます。

・国語(200点)
・外国語(200点)
・数学(200点)
・地理歴史(4科目方式の場合200点、それ以外は100点)
・公民(4科目方式の場合200点、それ以外は100点)
・理科(4科目方式の場合200点、それ以外は100点)

国語と外国語は必須科目です。
それ以外の科目は選択科目となるため、得意分野に合わせて選択していきましょう。

学部別入学試験

学部別入学試験では、下記3科目を使って受験します。

・国語(100点)
・外国語(150点)
・地理歴史・公民・数学から1科目選択(100点)

特に外国語の配点が高いため、外国語偏重の採点が成されると分かります。

明治大学商学部の学科ごとの偏差値

明治大学商学部は、商学科のみの単一学科です。
年度により多少の差はありますが、商学科の偏差値は62.5~65.0であり、明治大学内でも平均程度だと分かります。

明治大学商学部の倍率情報

明治大学商学部の倍率は、入学方式によって異なります。
大学入学共通テスト利用入学入試の方が倍率は高めであり、5.0~5.5倍程度です。
一方、学部別入学試験は3.9~4.9倍です。

年度によって幅がありますので、模試等を利用しながら確実な合格力を身につけていくことが重要です。

明治大学商学部の国語の入試情報

ここからは、実際に明治大学商学部国語の入試情報を紹介します。
概要を掴みながら、傾向と対策を読み取っていきましょう。

基本情報

明治大学は「漢文の独立問題は出題しない」とする学部が多いなか、商学部は「漢文を除く」と明記されています。
そのため、例年漢文からの出題は一切されません。
現代文と古文にのみ焦点を絞り、対策していきましょう。

明治大学商学部の国語の配点情報

明治大学商学部の国語の配点は、入学形式により異なります。
大学入学共通テスト利用入学試験では200点満点、学部別入学試験では100点で計算されます。

出題範囲

明治大学商学部の国語は、「国語総合」から出題されます。
国語総合には古文を含むため、古文対策も欠かさず行っておきましょう。
しかし、前述の通り「漢文を除く」と受験要項に明記されているため、漢文対策は必要ありません。

問題量と時間配分

明治大学商学部の国語は、60分で解答します。
大学入学共通テストは全てマークシート形式ですが、学部別入学試験に限り記述形式も加わります。
他大学と比較しても問題量は平均的であり、基礎・基本が徹底できていれば十分対応できます。

明治大学商学部の国語の難易度・レベルはどれくらい?

明治大学商学部の国語は、学内でも平均的なレベルです。
同じ偏差値の他大学と比較しても、オーソドックスな問題寄りの出題が多いと言えるでしょう。
しかし、論説文などの文章量は長めに設定されています。
問題自体は難しくないものの、読解スピードは求められる学部です。

明治大学商学部の国語の傾向・特徴

ここからは、実際に明治大学商学部の国語について読み解き、傾向や特徴を掴んでいきましょう。
受験対策のカギとなるポイントでもあるため、しっかり把握することが大切です。

論説文が2題扱われる

現代文では、ほとんどの年度で論説文が大問2つ分出題されます。
商学部であるため社会論や経済論が出題される可能性が高くなっていますが、教育・テクノロジー・生命科学・文化・哲学・言語などさまざまなテーマが扱われてきました。
専門用語を多用したり複数の意見を比較・検討したりするようなことも多く、論説文の扱いに長けている必要があります。

文学史や歴史背景からの出題がある

古文では、文学史や歴史背景を学んでいないと解けない問題が出るかもしれません。
過去に古典常識を問うような問題が出題されたこともあり、対策しておいた方がよいでしょう。
日本史を別に選択しないと解けないレベルではありませんが、古典の教科書や参考書で扱われる作品についてはチェックしておく必要があります。

明治大学商学部の国語対策・勉強法

次に、更に踏み込んで単元ごとの対策法を確認していきましょう。
明治大学商学部用の対策ができていれば、受験を突破する十分な学力を身につけられます。

現代文の対策

現代文については、論説文を読むスピードを重視しておくことが大切です。
明治大学商学部の国語は大問2つ合わせて7,000文字以上になることもあり、60分という限られた時間内で古文も含めて解答するスキルが求められます。
言い換えや内容正誤を問うような問題も多く、設問自体の文章量も多めです。
日常的に論説文に触れ、短時間で正確な内容を読み取るトレーニングをしておきましょう。

古文の対策

古典については、教科書や参考書で扱われやすいオーソドックスな作品について、背景を含めて学んでおくことをおすすめします。
特に、著者・執筆年(時代)・概要については、一通り抑えておいた方がよいでしょう。
基本的な古文単語や文法を学ぶことも欠かせませんが、難易度は一般的な範囲に収まっているため、特殊な対策は必要ありません。

知識問題の対策

漢字の読み書きを、慣用句や四字熟語のなかで問うことが多いです。
漢検で問われるような単元ごとに対策しておくと、近道になるでしょう。
出題のボリュームとしてはそう多くありませんが、これを全て「捨て問」にしてしまうと高得点は狙えません。
また、現代文・古文共に文学史が問われるケースがあるため、暗記項目として対策しておくことをおすすめします。

明治大学商学部の国語対策におすすめの参考書

次に、明治大学商学部の国語対策をしたい人向けの参考書を紹介します。
それぞれ2冊ずつピックアップしましたので、参考書選びに迷っている方は検討してみましょう。

語彙・知識編

まずは、現代文・古文に関する語彙や知識を増やすための参考書です。
暗記項目が多くなるため、早い段階からスキマ時間を活用しながらコツコツ取り組みましょう。

学研プラス『現代文最重要語句暗記いらずのらくらく練習帳―熟語・慣用句・評論語句・外来語』(森永茂)

現代文の読解問題に活用できる重要語句を学びたいときに便利な参考書です。
読解問題のテーマが幅広く、かつ硬い文章の論説文が多い明治大学商学部向きの参考書であり、注釈のない専門用語や意味を取り違えやすい単語を一度に学べます。
単語帳のような暗記ベースの形式ではなく、簡単なチェック形式で掲載されているため、飽きることなくどんどん次に進めるのも魅力となるポイントです。

ナガセ出版『漢字 一問一答【完全版】』(河本敏浩)

大学入試に頻出の漢字を、「常識レベル」「頻出レベル」「最頻出レベル」の3段階に分けて掲載している参考書です。
語句の意味そのものを問うような問題も多く、漢字の暗記だけでなく現代文への応用や、完全記述問題対策時に不可欠である語句・語彙取得にも役立ちます。
また、訓読み・音読みの違いや、四字熟語などにも対応しており、漢字検定試験用の参考書のような使い勝手に近いことも特徴です。

現代文編

次に、現代文対策用の参考書を紹介します。
マークシート形式にも記述形式にも対応できるよう、トレーニングしていきましょう。

水王舎『システム現代文 バイブル編』(出口汪)

「出口のシステム現代文」シリーズとして名高い出口汪執筆の受験現代文専用参考書です。
現代文の大原則やルールを優しく解説している他、「解き方」や「読み方」に着目し、一文をセンテンスごとに細分化して読むテクニックを学べます。
接続詞に注目する理由や、指示語の内容読み取り法など幅広く学べますので、現代文と論理的に向き合いたい人は入手してみましょう。

Z会『記述編 現代文のトレーニング[改訂版]』(草土力)

国公立の受験にも対応できるように作られた、ハイレベル向け現代文用参考書です。
記述問題に特化した参考書であり、文章の書き方から読解を助ける方法まで幅広く掲載されています。
また、採点の目安となる解説文も盛り込まれているため、「自分の解答が受験時に何点になるのか」を把握したいときに便利です。
採点者の目線で記述問題を読み解きたい人は、是非チャレンジしてみましょう。

古文編

次に、古文対策用の参考書を紹介します。
基本的な古文単語・古文文法を覚えるだけでなく、文学史対策も必須の項目として捉えましょう。

旺文社『《新入試対応》大学入試 全レベル問題集 古文 4 私大上位・私大最難関・国公立大レベル 新装版』(伊藤紫野富)

私立上位大学・私立最難関大学・国公立大学レベルに対応できる、シリーズ内最難関の古文用参考書です。
実際にMARCHレベルで出題された古文問題を14題掲載しているため、より実践的な参考書だと言えるでしょう。
文法・単語も含め、読解・記述まで幅広い出題傾向を網羅しており、より総合的な演習が叶います。
はじめて挑戦する人は、ひとつレベルが下の「古文3」を使い、私立大学標準レベルに対応できるように意識してみましょう。

桐原書店『読んで見て覚える 重要古文単語315 三訂版』(武田博幸)

イラストや図表つきで古文単語を解説する参考書です。
315語という比較的ボリューム多めの古文単語帳であり、暗記することだけに特化せず、解説重視の編集がされています。
古典世界の最も重要な常識となる時代背景や当時の風習を学ぶこともできるため、内容理解を深めながら暗記に取り組みたい人に向いているでしょう。
古文そのものを学ぶ楽しさが分かるような参考書でもあり、自然と勉強へのモチベーションを上げられるのも魅力です。

明治大学商学部の国語の過去問情報

最後に、明治大学商学部の国語について、過去問をダウンロードできるページを紹介します。
実際に過去問を見て傾向を掴みたい人や、問題に取り組んでみたい人は、確認してみてください。

2020年度の国語の過去問

こちらからダウンロード 大問1は深田淳太郎による「貨幣と信用」、大問2は本川達雄による「生きものとは何か 世界と自分を知るための生物学」から出題されています。
商学部らしい貨幣論がテーマとして扱われる一方で、理系学部や生命科学系学部とも親和性の高い生物学をテーマにしていることもあり、幅広い知識と対応力が求められると分かります。
古文は「岩清水物語」の一節が扱われ、小問9個が出題されました。

2019年度の国語の過去問

こちからダウンロード 大問1は中澤渉による「日本の公教育」、大問2は諏訪正樹による「身体が生み出すクリエイティブ」から出題されています。
どちらも筆者の言いたいことや指示語の内容を問うような問題になっていることが多く、的確かつ本質を掴んだ読解力を身につけている必要があると分かります。
古文は「栄花物語」の一節が扱われ、現代語訳が完全記述形式で問われました。

まとめ

明治大学商学部の国語は、難問・奇問がないものの、現代文の文章量は多めに設定されています。
幅広いテーマを扱うこともあり、基本的な現代文ワードは網羅的に学び、どんなテーマにも対応できる素養を求められるでしょう。

入学を希望する人は、入試傾向を的確に掴み、対策していきましょう。
また、早期の段階で参考書の選定を終え、自分に合った学習法を確立することも大切です。