受験情報

2021.10.21

【明治大学法学部の世界史】傾向と対策や過去問情報をご紹介

目次

明治大学の法学部は、世界史を利用した受験が可能です。
受験前には大学ごとの出題傾向を掴むだけでなく、学部ごとの傾向や科目ごとの特色を読み解き、万全の準備をしておきましょう。

今回は、明治大学法学部の世界史に焦点を当て、傾向と対策を紹介します。

過去問情報などにも触れますので、志望校のひとつとして検討している方は是非参考にしてみてください。

明治大学法学部の入試情報

まずは、明治大学法学部の入試情報を解説します。
基本的な概要を理解し、受験へのイメージを固めていきましょう。

入試方式ごとの入試科目と配点

明治大学法学部に受験入学するためには、大学入学共通テスト利用入学試験もしくは学部別入学試験を突破する必要があります。
下記ではそれぞれで使用する科目と配点情報を紹介しますので、目を通してみましょう。

大学入学共通テスト利用入学試験

大学入学共通テストの利用入学試験では、3科目方式・4科目方式・5科目方式の3種類のうち希望するものを選択できます。

・国語(200点)
・外国語(200点)
・地理歴史(200点、3科目方式の場合のみ100点)
・公民(200点、3科目方式の場合のみ100点)
・数学(200点、3科目方式の場合のみ100点)
・理科(200点、3科目方式の場合のみ100点)

国語と外国語は、どの科目方式を選択しても必ず受験が必要です。
それ以外の科目は選択科目となるため、得意分野に合わせて選択していきましょう。

学部別入学試験

学部別入学試験では、下記3科目を使って受験します。

・外国語(150点)
・国語(100点)
・地理歴史・公民から1科目選択(100点)

特に外国語の配点が高いため、外国語偏重の採点が成されると分かります。

明治大学法学部の学科ごとの偏差値

明治大学法学部は、法律学科のみの単一学部です。
年度により多少の差はありますが、法律学科の偏差値は60.0~62.5であり、明治大学内でも平均程度だと分かります。

明治大学法学部の倍率情報

明治大学法学部の倍率は、入学方式によって異なります。
大学入学共通テスト利用入試の方が倍率は高めであり、3.4~5.0程度です。
一方、学部別入学試験は、3.1~3.5倍です。

年度によって幅がありますので、模試等を利用しながら確実な合格力を身につけていくことが重要です。

明治大学法学部の世界史の入試情報

ここからは、実際に明治大学法学部世界史の入試情報を紹介します。
概要を掴みながら、傾向と対策を読み取っていきましょう。

基本情報

明治大学法学部の世界史は、60分で解答します。
大学入学共通テストは全てマークシート形式ですが、学部別入学試験に限り記述形式も加わります。
大問4つのうち、2つがマークシート形式、残り2つが記述形式であることが多く、設問形式ははっきり分かれている確率が高いでしょう。

明治大学法学部の世界史の配点情報

明治大学法学部の世界史の配点は、入学形式により異なります。
大学入学共通テスト利用入学試験では、4科目・5科目方式の場合200点、3科目方式の場合100点で計算されます。
4科目・5科目方式であれば、必須である外国語や国語と同じ比重であることが分かります。 一方で学部別入学試験では、100点で計算されます。
外国語が150点であるため比重は大きくありませんが、外国語以外の科目とは同等の配点で設定されています。
しっかり対策を練り、高得点を狙っていくことが合格への第一歩です。

明治大学法学部の世界史の難易度・レベルはどれくらい?

明治大学法学部の世界史は、記述形式偏重のため他大学より難しい傾向にあります。
問題文だけでなく地図やグラフなどのデータを読み取る力が求められ、その上で速やかに自分の解答を文章化するスキルが求められます。
また、どんなに記述力が高くても基本的な知識がないと解けない出題が多いため、基礎と記述の両方をバランスよく整えていく必要がありそうです。

明治大学法学部の世界史の傾向・特徴

ここからは、実際に明治大学法学部の世界史について読み解き、傾向や特徴を掴んでいきましょう。
受験対策のカギとなるポイントでもあるため、しっかり把握することが大切です。

一問一答や空所補充が中心

明治大学法学部の世界史は、一問一答や空所補充形式であることが多いです。
マークシート形式にしろ記述形式にしろ、正解である単語を穴埋めするような解答ができれば、問題なく得点につながるでしょう。
また、求める知識レベルが極端に高いこともなく、比較的オーソドックスな知識を習得できていれば合格可能です。

テーマ史ごとの大問設定になっていることが多い

明治大学法学部の世界史の特徴的なポイントは、大問がテーマ史ごとに分けられている可能性が高いことにあります。
年代や時期ごとに歴史を区切らず、「貿易史」「戦争史」「貨幣史」など、特定のテーマを設け、その歴史を負うような形式であることに注意しましょう。
古代から近代まであらかた追い終わったあとは、テーマ史単位に見方を変え、再度復習しておくことが欠かせません。

通史も扱うため、幅広い知識が必要

古代から近代まで通しで問うような、いわゆる「通史」も頻出です。
時代ごとに出来事を並び替えたり、設問中の正誤指摘を求めたりする問題も多く、幅広い知識が求められます。
しかし、若干近代~近現代からの出題ボリュームが多いため、総復習に割く時間を調整しておくことをおすすめします。

明治大学法学部の世界史対策・勉強法

次に、更に踏み込んで単元ごとの対策法を確認していきましょう。
明治大学法学部用の対策ができていれば、受験を突破する十分な学力を身につけられます。

記述問題

明治大学では、法学部と商学部の世界史において、200文字以上の記述が出題されたケースがあります。
他学部では1~2文程度の記述であるため、比較するとそのボリュームの大きさが分かるでしょう。
大問の大半を占めた年もあり、十分な記述力が求められます。
表現方法を含めて、対策しておいた方がよさそうです。

選択問題対策

明治大学法学部の世界史における選択問題は、正誤選択形式であることが多いです。
ときには教科書や参考書の片隅にひっそり掲載されているような内容の真偽を問うこともあり、細かな知識と確かな暗記が必要だと分かります。
特に、出来事が起きた年代や場所の違いを指摘させるような問題が多いため、出来事の背景や前後との関連も含めて覚えることが必須です。

論述問題対策

単純に知識を問うものではなく、自分の意見や、歴史上の出来事から学んだことを論述させるような形式が多いです。
明確な正解があるわけではないため採点基準が難しいと思われがちですが、きちんと論述対策をしておけば、最低限盛り込むべき項目やNGワードが分かるため、注力していきましょう。
また、書き方そのものを学び、伝わりやすい論述にする練習も必要です。

明治大学法学部の世界史対策におすすめの参考書

次に、明治大学法学部の世界史対策をしたい人向けの参考書を紹介します。
それぞれ2冊ずつピックアップしましたので、参考書選びに迷っている方は検討してみましょう。

記述問題

まずは、世界史用語を記述させる問題に対応できる参考書です。
一問一答方式で暗記する際にも活用できますので、基礎力のひとつとしてコツコツ取り組みましょう。

文栄堂『時代と流れで覚える!世界史B用語』(相田知史・小林勇祐)

時代ごとの背景・要因に関する解説を重視しながら、ひとつひとつの出来事を解説するスタイルの参考書です。
「なぜその出来事が起きたのか」を理解する際に活用しやすく、記述問題対応力の基礎である理解度を上げられるでしょう。
赤フィルターも付属しているため、暗記用参考書としても活用できます。

学研プラス『タテから見る世界史 パワーアップ版』(斎藤整)

基本的な記述力を身につけるためにも、まずは世界史を体系的に理解することに重きを置きましょう。
国ごと・地域ごとに通史を理解しやすい参考書であり、全体像を把握するのに役立ちます。
参考書の最後には記述問題特化型の演習ページがあるため、最後に力試しとしてチャレンジすることも可能です。

選択問題対策

次に、選択問題用の参考書を紹介します。
明治大学法学部の世界史では毎年正誤問題が出題されているため、欠かさず対策しておきましょう。

山川出版社『山川一問一答世界史 第3版』(今泉博)

明治大学法学部の世界史は一問一答や空所補充形式で出題されることが多いため、まずは一問一答対策を完璧にしておくことが合格への近道となります。
多くの高校で教科書として活用されている山川出版社の参考書であり、基本的な用語は全て網羅している一冊なので、チャレンジの第一歩として使いやすいでしょう。
重要度が3段階に分かれて掲載されているため、世界史単語帳として活用することもおすすめです。

山川出版社『スピードマスター世界史問題集―世界史B』(黒川潤二)

短期間で世界史の重要項目を大まかに学ぶための参考書です。
通史に関する理解力が上がるだけでなく、時代のズレを問うような正誤問題に対応しやすくなるでしょう。
また、効率よく時代の流れを追いたい場合や、自分が苦手とする時代・単元を探るのにも便利です。

論述問題対策

次に、論述問題用の参考書を紹介します。
合否を分ける大きな点差がつきやすい単元であるため、時間をかけてテクニックを磨いていきましょう。

Z会『段階式 世界史論述のトレーニング』(Z会出版編集部)

論述が苦手な人でも取り組みやすいよう、参考書の前半は100字未満の論述から始まるのが特徴です。
最終的に300字以上の論述にも取り組めるようステップアップされるため、最大でも200字程度の論述が求められる明治大学法学部には、これ一冊で十分対応できるでしょう。
論述で必須のキーワードや書き方に関するコラムも豊富なため、スキマ時間に読む楽しさも見いだせます。

旺文社『世界史 標準問題精講 五訂版』(松永陽子)

難関大学の世界史に特化した参考書であり、論述はもちろん、記述・一問一答・適語選択・適語補充・内容正誤など、さまざまな出題形式に対応しています。
総合的な問題演習をするための一冊ではありますが、実際に入試で出題された論述問題を豊富に扱っているため、論述問題用の参考書として活用する受験生も多いです。
採点基準についても言及されているため、自分の解答でどれくらいの点が取れるか、試してみましょう。

明治大学法学部の世界史の過去問情報

最後に、明治大学法学部の世界史について、過去問をダウンロードできるページを紹介します。
実際に過去問を見て傾向を掴みたい人や、問題に取り組んでみたい人は、確認してみてください。

2020年度の世界史の過去問

こちらからダウンロード
政治・政権の移り変わりに関する問題の比重が高い年度です。
ヨーロッパから中国まで幅広く扱っていますが、政治が軸であることに変わりはありません。
法学部らしい出題であり、明治大学の世界史でも特に学部の性質が表れていることが分かります。

2019年度の世界史の過去問

こちらからダウンロード
貿易に関するテーマ史に比重が置かれた年であり、ヨーロッパや中東の例をピックアップしながら基本的な知識が問われました。
設問自体の文字ボリュームが多かったことも特徴的で、時間内に正確な解答をするスピードが求められた年でもあります。
ストップウォッチを使いながら、目標時間を決めて問題演習に取り組むことも必要になってきそうです。

まとめ

明治大学法学部の世界史は、難問・奇問がないものの、テーマ史や通史を扱うなど、特殊な出題傾向が見られます。
時代だけで歴史を区切ることなく、見方や角度を変えながら読み解いていく必要があるでしょう。

入学を希望する人は、入試傾向を的確に掴み、対策していきましょう。
また、早期の段階で参考書の選定を終え、自分に合った学習法を確立することも大切です。