受験情報

2021.10.21

【明治大学法学部の英語】傾向と対策や過去問情報をご紹介

目次

明治大学の法学部は、英語を利用した受験が可能です。
受験前には大学ごとの出題傾向を掴むだけでなく、学部ごとの傾向や科目ごとの特色を読み解き、万全の準備をしておきましょう。

今回は、明治大学法学部の英語に焦点を当て、傾向と対策を紹介します。

過去問情報などにも触れますので、志望校のひとつとして検討している方は是非参考にしてみてください。

明治大学法学部の入試情報

まずは、明治大学法学部の入試情報を解説します。
基本的な概要を理解し、受験へのイメージを固めていきましょう。

入試方式ごとの入試科目と配点

明治大学法学部に受験入学するためには、大学入学共通テスト利用入学試験もしくは学部別入学試験を突破する必要があります。
下記ではそれぞれで使用する科目と配点情報を紹介しますので、目を通してみましょう。

大学入学共通テスト利用入学試験

大学入学共通テストの利用入学試験では、3科目方式・4科目方式・5科目方式の3種類のうち希望するものを選択できます。

・国語(200点)
・外国語(200点)
・地理歴史(200点、3科目方式の場合のみ100点)
・公民(200点、3科目方式の場合のみ100点)
・数学(200点、3科目方式の場合のみ100点)
・理科(200点、3科目方式の場合のみ100点)

国語と外国語は、どの科目方式を選択しても必ず受験が必要です。
それ以外の科目は選択科目となるため、得意分野に合わせて選択していきましょう。

学部別入学試験

学部別入学試験では、下記3科目を使って受験します。

・外国語(150点)
・国語(100点)
・地理歴史・公民から1科目選択(100点)

特に外国語の配点が高いため、外国語偏重の採点が成されると分かります。

明治大学法学部の学科ごとの偏差値

明治大学法学部は、法律学科のみの単一学部です。
年度により多少の差はありますが、法律学科の偏差値は60.0~62.5であり、明治大学内でも平均程度だと分かります。

明治大学法学部の倍率情報

明治大学法学部の倍率は、入学方式によって異なります。
大学入学共通テスト利用入試の方が倍率は高めであり、3.4~5.0程度です。
一方、学部別入学試験は、3.1~3.5倍です。

年度によって幅がありますので、模試等を利用しながら確実な合格力を身につけていくことが重要です。

明治大学法学部の英語の入試情報

ここからは、実際に明治大学法学部英語の入試情報を紹介します。
概要を掴みながら、傾向と対策を読み取っていきましょう。

基本情報

明治大学法学部の英語は、70分で解答します。
大学入学共通テストは全てマークシート形式ですが、学部別入学試験に限り記述形式も加わります。
大問の数は年度によって異なりますが、2題もしくは3題であることが大半です。
直接的な文法問題はほとんど出題されず、基本的に読解問題を通した問いが中心になるでしょう。

明治大学法学部の英語の配点情報

明治大学法学部の英語の配点は、入学形式により異なります。
大学入学共通テスト利用入学試験では、200点で計算されます。他科目も最大で200点であるため、英語の比重は大きいと言えるでしょう。
一方で学部別入学試験では、150点で計算されます。
他科目は最大でも100点であるため、明治大学法学部が特に英語を重視していることが分かります。
しっかり対策を練り、高得点を狙っていくことが合格への第一歩です。

出題範囲

明治大学法学部の英語の出題範囲は、下記の通りです。

・コミュニケーション英語Ⅰ
・コミュニケーション英語Ⅱ
・コミュニケーション英語Ⅲ
・英語表現Ⅰ
・英語表現Ⅱ

英語表現も扱うことから、記述対策が必須であることが分かります。

問題量と時間配分

問題量は、大問2~3つで構成される程度であり、数そのものは多くありません。
時間も70分あるため、単純計算で大問1つずつに20~35分程度かけられることが分かります。
しかし、後々詳しく解説しますが、明治大学法学部の英語は本文・設問ともに文章量が多いことが特徴的です。
なるべく大問1つあたりにかける時間を15分程度にして、残りの時間を見直しに充てられるよう、対策しておく必要があるでしょう。

明治大学法学部の英語の難易度・レベルはどれくらい?

教科書や参考書のレベルを超える難問・奇問が出題されることはほぼないと言ってよいでしょう。
しかし、本文・設問ともに文章量が多く、ざっと目を通すだけでも相当の時間がかかります。
時間内に効率よく読み解けないと高得点が狙えないという意味で、難易度は高めだと言えるでしょう。

明治大学法学部の英語の傾向・特徴

ここからは、実際に明治大学法学部の英語について読み解き、傾向や特徴を掴んでいきましょう。
受験対策のカギとなるポイントでもあるため、しっかり把握することが大切です。

単独での文法問題は出題されない

明治大学法学部の英語は、全て長文問題形式で出題されます。
そのため、単独で英文法の知識を試す問題は扱われません。
ただし、長文のなかで適語補充をしたり、並び替えをしたりするような問題は頻出であるため、注意しましょう。
文章としての内容を読解したうえで、文法知識を活用して正しい表現に直すスキルが求められます。

文章1つ1つが長め

本文の一節はもちろん、設問自体の文章量も長めであることが多いです。
設問そのものが英語であるケースは稀ですが、内容真偽を選択させるような問題において、特に時間がかかってしまいやすいと分かります。
時には同意表現や内容説明を問うこともあり、正しくかつ素早く読む力が試されます。
語彙力をつけて読解スピードを上げるとともに、前後の文章から推測するなど効率よく読み解く力をつけていくことが理想です。

レベルの高い記述問題が出ることがある

年度により出題頻度は異なりますが、字数制限つきの内容説明を求められたり、和文英訳(もしくは英文和訳)が求められたりするケースも少なくありません。
どちらも完全記述形式であるため、英語表現の力を養っておく必要があるでしょう。
併せて文法知識を問うような問題も頻出であり、総合的な英語力が試されていることが分かります。

明治大学法学部の英語対策・勉強法

次に、更に踏み込んで単元ごとの対策法を確認していきましょう。
明治大学法学部用の対策ができていれば、受験を突破する十分な学力を身につけられます。

単語・熟語

できれば高校1年生の段階から、コツコツ単語力をつけていくことが望ましいです。
単語・熟語の基礎が身についていないと、推測のみに頼る読解しかできないため、どうしても限界が出てきてしまうでしょう。
参考書の数はあまり多くなくても構いませんが、1~2冊を網羅的に学び、繰り返し周回しながら確実に暗記していくことが肝心です。

文法

明治大学法学部の英語において、文法問題が単独で出題される確率はかなり低いです。
しかし、長文問題と絡めながら適語選択・適語補充形式で扱われることが多く、却って難易度を底上げていることも多いでしょう。
文法書を何往復もしながら、基本的な構文は暗記するつもりで臨む姿勢が欠かせません。
熟語の一環として覚えてしまえれば、解答のスピードも速くできます。

読解問題(長文)

明治大学法学部の英語は、大問数が定まらないため、時間の逆算が難しいと言われています。
試験が始まってすぐに大問数を確認し、時間配分を計算しておくのがよいでしょう。
また、SVOCなどの役割ごとに印をつけたり、スラッシュリーディングしながら短い文節ごとに内容を理解したりするテクニックも必要です。
最初から長文に臨まずとも、短文程度からはじめて読める量を増やしていきましょう。

明治大学法学部の英語対策におすすめの参考書

次に、明治大学法学部の英語対策をしたい人向けの参考書を紹介します。
それぞれ2冊ずつピックアップしましたので、参考書選びに迷っている方は検討してみましょう。

単語・熟語

まずは、単語・熟語の語彙を増やすための参考書です。
読解に活きるだけでなく、自由記述にも欠かせない要素となるため、基礎力のひとつとしてコツコツ取り組みましょう。

駿台文庫『システム英単語Premium』(霜康司・刀祢雅彦)

掲載されている単語のボリュームが多く、難易度も高めの一冊です。
頻出レベルに関係なく語源ごとにまとまっていることが特徴であり、単語の意味や用法と結びつけながら暗記したいときに便利です。
MARCHレベル以上の単語力が身につくため、早慶上智レベルと併願する人や、高得点を取って確実な合格を目指したい人がチャレンジするとよいでしょう。

Z会『速読英単語2上級編[改訂第4版]』(風早寛)

上記の『システム英単語Premium』より、少し易しめの単語帳です。
しかし、「上級編」とある通り、難関大学を突破できるレベルの単語は網羅しているため、十分な信頼性があると分かります。
受験当日、覚えていない単語が扱われたときの予測法についても紹介しており、スキマ時間を活用してコラム的にチェックしていくことが可能です。

文法

次に、英文法対策用の参考書を紹介します。
イディオムや構文は毎年問われているため、必須項目として捉えておきましょう。

ピアソン桐原『大学受験スーパーゼミ 全解説 実力判定 英文法ファイナル問題集 標準編』(瓜生豊・篠田重晃)

英文法・イディオム・語法・会話表現など、単元ごとに細分化しながら文法を学べる参考書です。
標準~上級レベルになるよう編集されているため、明治大学法学部にも向いています。
問題演習のボリュームも多く、徐々にレベルアップするよう作られているため、少しずつステップアップしたいときにも便利な一冊です。

桐原書店『Next Stage 英文法・語法問題[4th EDITION]: 入試英語頻出ポイント218の征服』(瓜生豊・篠田重晃)

大学受験英語の代表的な参考書であり、英文法・語法に特化しています。
解説書でありながら単語帳のように利用することもでき、似たような系統のForest参考書よりも演習ボリュームが多めです。
単語やアクセントに関する項目もあるため、併せてチェックしておきましょう。

読解問題(長文)

次に、読解問題用の参考書を紹介します。
合否を分ける大きな点差がつきやすい単元であるため、時間をかけてテクニックを磨いていきましょう。

河合出版『英語長文読解の王道 パラグラフリーディングのストラテジー』(島田浩史・米山達郎)

パラグラフリーディング(=スラッシュリーディング)を習得することに特化した参考書であり、長文読解のスピードを上げたい人におすすめの一冊です。
文章そのものの構成を素早く読み解く方法が習得できるため、内容理解のレベルも上げやすくなるでしょう。
基本的な文法や単語を学んでからチャレンジする、上級向けの参考書だと言えます。

ナガセ『英語長文PREMIUM問題集:Advanced』(東進ハイスクール・東進衛星予備校編集部)

大学入学共通テストレベルに対応している、オーソドックスな長文読解用参考書です。
基本的なレベルの長文を確実に解けるようになりたい人向けの参考書であり、指示語や接続詞などに着目しながら効率よく読む方法を学べます。
また、解説や構造分析のボリュームが大きいため、内容をより深掘りしやすいこともメリットです。

明治大学法学部の英語の過去問情報

最後に、明治大学法学部の英語について、過去問をダウンロードできるページを紹介します。
実際に過去問を見て傾向を掴みたい人や、問題に取り組んでみたい人は、確認してみてください。

2020年度の英語の過去問

こちらからダウンロード
設問も選択肢も英語で出題されるなど、読解に割く時間が多いように作られていた年度です。
内容正誤を問うものが多く、各選択肢を読むだけでも相当の時間がかかるでしょう。
あらかじめ設問を読んでおき、本文を読み進めるうちに該当箇所が出てきたら設問に戻るなど、時間短縮を最大限狙っていく必要がありそうです。

2019年度の英語の過去問

こちらからダウンロード
「下線部の示す内容を45字以内の日本語で説明しなさい」という出題がなされ、例年のように英語による自由記述が少なかった年度でもありました。
しかし、下線部が刺し示す内容の抜き出しなどもあり、出題形式が多岐に渡ったとも言えるでしょう。
初見問題にも強くなるよう、ある程度場数を踏んでおくことが大事だと分かります。

まとめ

明治大学法学部の英語は、難問・奇問がないものの、読解問題の量が多めに設定されています。
正確かつ素早く読む訓練をするとともに、記述含めて対策しておく必要がありそうです。

入学を希望する人は、入試傾向を的確に掴み、対策していきましょう。
また、早期の段階で参考書の選定を終え、自分に合った学習法を確立することも大切です。