受験情報

2021.10.21

【明治大学法学部の国語】傾向と対策や過去問情報をご紹介

目次

明治大学の法学部は、国語を利用した受験が可能です。
受験前には大学ごとの出題傾向を掴むだけでなく、学部ごとの傾向や科目ごとの特色を読み解き、万全の準備をしておきましょう。

今回は、明治大学法学部の国語に焦点を当て、傾向と対策を紹介します。

過去問情報などにも触れますので、志望校のひとつとして検討している方は是非参考にしてみてください。

明治大学法学部の入試情報

まずは、明治大学法学部の入試情報を解説します。
基本的な概要を理解し、受験へのイメージを固めていきましょう。

入試方式ごとの入試科目と配点

明治大学法学部に受験入学するためには、大学入学共通テスト利用入学試験もしくは学部別入学試験を突破する必要があります。
下記ではそれぞれで使用する科目と配点情報を紹介しますので、目を通してみましょう。

大学入学共通テスト利用入学試験

大学入学共通テストの利用入学試験では、3科目方式・4科目方式・5科目方式の3種類のうち希望するものを選択できます。

・国語(200点)
・外国語(200点)
・地理歴史(200点、3科目方式の場合のみ100点)
・公民(200点、3科目方式の場合のみ100点)
・数学(200点、3科目方式の場合のみ100点)
・理科(200点、3科目方式の場合のみ100点)

国語と外国語は、どの科目方式を選択しても必ず受験が必要です。
それ以外の科目は選択科目となるため、得意分野に合わせて選択していきましょう。

学部別入学試験

学部別入学試験では、下記3科目を使って受験します。

・外国語(150点)
・国語(100点)
・地理歴史・公民から1科目選択(100点)

特に外国語の配点が高いため、外国語偏重の採点が成されると分かります。

明治大学法学部の学科ごとの偏差値

明治大学法学部は、法律学科のみの単一学部です。
年度により多少の差はありますが、法律学科の偏差値は60.0~62.5であり、明治大学内でも平均程度だと分かります。

明治大学法学部の倍率情報

明治大学法学部の倍率は、入学方式によって異なります。
大学入学共通テスト利用入試の方が倍率は高めであり、3.4~5.0程度です。
一方、学部別入学試験は、3.1~3.5倍です。

年度によって幅がありますので、模試等を利用しながら確実な合格力を身につけていくことが重要です。

明治大学法学部の国語の入試情報

ここからは、実際に明治大学法学部国語の入試情報を紹介します。
概要を掴みながら、傾向と対策を読み取っていきましょう。

基本情報

明治大学法学部の国語は、60分で解答します。
大学入学共通テストは全てマークシート形式ですが、学部別入学試験に限り記述形式も加わります。
大問は3つに分かれており、基本的に大問1~2が現代文、大問3が古典であることが多いです。
漢文の独立問題は出題されないため、まずは現代文と古典に重きを置いて学習していくことをおすすめします。

明治大学法学部の国語の配点情報

明治大学法学部の国語の配点は、入学形式により異なります。
大学入学共通テスト利用入学試験では、200点で計算されます。他科目も最大で200点であるため、国語の比重は大きいと言えるでしょう。
一方で学部別入学試験では、100点で計算されます。
外国語が150点であることと比較すると、少し比重が落ちることが分かります。
しっかり対策を練り、高得点を狙っていくことが合格への第一歩です。

明治大学法学部の国語は難しい?難易度・レベルを解説

明治大学法学部の国語は、難しい知識がなくとも解けるよう工夫されています。
しかし、限られた時間のなかで長文読解をするスキルが必須であり、じっくり読んでいると時間切れになってしまうことも少なくありません。
スピード重視の対策を怠ってしまうと高得点は取れないため、その分全体的な難易度が上がっていると言えるでしょう。

漢文の独立問題は出題される?

明治大学の法学部では、漢文の独立問題は出題されません。
唯一文学部のみ漢文の出題がされると明記されているため、文学部と併願しない限りは漢文対策の優先度は下げて問題ないでしょう。
その分、現代文と古典の対策比率を上げ、確実に点を狙うことが求められます。

明治大学法学部の国語の傾向・特徴

ここからは、実際に明治大学法学部の国語について読み解き、傾向や特徴を掴んでいきましょう。
受験対策のカギとなるポイントでもあるため、しっかり把握することが大切です。

全ての大問でマークシート形式と記述形式が入り混ざっている

明治大学法学部の学部別入学試験では、全ての大問でマークシート形式と記述形式が入り混ざって出題されます。
内容一致・適語補充・正誤選択など多種多様な設問が扱われるため、柔軟に思考を切り替えられないと時間が足りなくなるでしょう。
特定の大問を優先して解くなどのテクニックも反映させづらく、本当の国語力が求められます。

法律に関する論説文出題が多い

法律に関する論説文が多く、日本国内だけでなく海外の論説文を扱うこともあります。
専門用語を知らないと解けないレベルではありませんが、政治経済レベルの基本的な法律知識は持ち合わせておいた方がよいでしょう。
もしくは、推察力を上げるなど、独自の対策が必要です。

漢字や単語などの知識問題レベルが高い

漢字・四字熟語・慣用句などの知識問題や、古文単語に関する出題のレベルが高い傾向にあります。
長期的な目線でコツコツ努力しておかないと点につながりにくい単元であり、早い段階からの着手が必要になってくるでしょう。
漢検2級程度の問題は全て網羅しMARCHレベルの古文単語は余すところなくチェックしておくことをおすすめします。

明治大学法学部の国語対策・勉強法

次に、更に踏み込んで単元ごとの対策法を確認していきましょう。
明治大学法学部用の対策ができていれば、受験を突破する十分な学力を身につけられます。

知識問題対策

明治大学法学部の受験を突破したい場合、少し難易度の高い知識問題対策をしておく必要があります。
漢字の読み・書きはもちろん、慣用句や四字熟語は意味や用例も含めて暗記しておく必要があるでしょう。
また、古文単語に関する出題は例年頻出であるため、古文単語帳を複数周回しておくことがよさそうです。

読解問題対策

読解問題のボリュームが多く、かつ設問形式も年度により傾向が異なるため、予測しづらいことが特徴です。
まずは時間内にしっかり内容を読み取れるよう、スピード重視の対策をしておいた方がよいでしょう。
読み進めている最中に接続詞に印をつけたり、指示語の内容を示す文章を探したりしながら、読み返す手間を削減していくのが理想です。

古文対策

明治大学法学部の古文は、難問・奇問が少ないオーソドックスな問題が多いです。
しかし、古文単語に関する知識問題のレベルは高いため、ある程度暗記を重視した学習をしておく必要があるでしょう。
また、指示語の内容を問う問題も多く、「誰が・いつ・どこで・何を・何のためにしたか」を意識しながら読む訓練をしておくことが必須です。

漢文対策

明治大学法学部の国語では、漢文の独立問題は出題されません。
もし扱われたとしても、古文の範囲内で古典文学や漢文学を問う程度の問題であるため、特に漢文に注力する必要はないでしょう。

明治大学法学部の国語対策におすすめの参考書

次に、明治大学法学部の国語対策をしたい人向けの参考書を紹介します。
それぞれ2冊ずつピックアップしましたので、参考書選びに迷っている方は検討してみましょう。

知識問題対策

まずは、知識問題対策の参考書です。
繰り返し周回しながら、確実に点を取る実力を身につけるためにコツコツ取り組みましょう。

旺文社『分野別漢検 でる順問題集2級新装四訂版』(旺文社編集)

漢字検定用のテキストではありますが、明治大学法学部レベルの漢字対策としても活用できる一冊です。
読み・書きはもちろん、四字熟語・慣用句・同音及び同訓異字・誤字訂正など、幅広く単元ごとに分けて収録されているため、入試当日の形式に早く慣れておきたい場合にも有効です。
出題形式に捉われず、掲載されている漢字を全て網羅的に学習しておけば、これ一冊でも十分な得点力が得られます。

ナガセ出版『古文単語FORMULA600【改訂版】』(富井健二)

古文単語を視覚的に理解しやすいとして注目を浴びている単語帳です。
実際に古文単語がどう文中で活用されているかを紹介する項目もあり、引用元も明記されているため、文学史を学ぶうえでも便利です。
確認テストや音声学習ができる提携アプリもリリースされているため、効率よく学習したい人はスマートフォン等にインストールして相乗効果を狙いましょう。

読解問題対策

次に、読解問題対策用の参考書を紹介します。
合否を分ける大きな点差がつきやすい単元であるため、時間をかけてテクニックを磨いていきましょう。

かんき出版『ゼロから覚醒Final 読解力完成現代文』(柳生好之)

文章を短文に分けつつポイントごとに要約しながら読むテクニックを授ける参考書です。
長文問題のボリュームが多く、スピード重視で読むことが求められる明治大学法学部のような現代文に最適な一冊だと言えるでしょう。
情報を整理しながら読む訓練としても有効であり、基本的な文法知識をフル活用した読解法についても触れています。
効率よく大量の文章を読めるようになりたい人は、是非入手してみましょう。

Z会『記述編 現代文のトレーニング』(Z会編集)

テーマごとに細分化しながらオリジナル文章を掲載しており、特に記述形式の問題に特化している参考書です。
採点者目線で作成された採点マニュアルも付属しているため、自分の記述回答が実際の入試でどれくらいの点になるか知りたい人にも、おすすめできます。
問題文のレベル自体も高く、聞き慣れない用語も多数扱われるため、初見力を高める訓練にもなるでしょう。

古文対策

次に、古文対策用の参考書を紹介します。
大問1つ分は全て古文が占めるため、手を抜くことなく対策していきましょう。

駿台文庫『古文解釈の方法<改訂版>』(関谷浩)

教科書や参考書に載ることのない、多少マイナーめな作品も多く取り扱う参考書です。
演習問題の量よりも解説に重きを置いており、古典文法を使った読解方法や、重要な古文単語を学びたい人に向いています。
古典における受け身や使役の関係などややこしい表現についても分かりやすく解説しているため、基本的な理解力を上げたいときに便利でしょう。

河合出版『首都圏「難関」私大古文演習』(池田修二)

MARCHレベルの大学に対応できるよう、専門的に編集された参考書です。
前述の『古文解釈の方法<改訂版>』と比較し、オーソドックスな作品を多く取り扱っているため、どちらもバランスよく取り組めばよい相乗効果が生まれるでしょう。
また、文学史に関する出題も多く扱っているため、暗記項目の実力を知るうえでも役立ちます。
掲載されている制限時間を意識しながら、スピード重視の読解を叶えていくこともおすすめです。

明治大学法学部の国語の過去問情報

最後に、明治大学法学部の国語について、過去問をダウンロードできるページを紹介します。
実際に過去問を見て傾向を掴みたい人や、問題に取り組んでみたい人は、確認してみてください。

2020年度の国語の過去問

こちらからダウンロード
漢文の独立問題が出題されない学部でありながら、大問2において「造反漢文のすすめ」が扱われています。
漢文そのものの知識を問う問題はないものの、返り点がでていたり、中国文学史に関する話題が出ていたりするため、戸惑った受験生も多いのではないでしょうか。
独特の雰囲気に惑わされることなく、現代文として読む基礎力が求められます。

2019年度の国語の過去問

こちらからダウンロード
大問3における、古文単語の意味を選択させる問題が多かった年度です。
また、本文の内容について別の研究者が述べた意見を引用し、その内容に関する問題が出るなど、出題形式が例年と少し異なりました。
また、文学史に関する出題も少ないながら扱われ、幅広い知識と教養が求められていたことが分かります。

まとめ

明治大学法学部の国語は、難問・奇問がないものの、読解問題の量が多めに設定されています。
正確かつ素早く読む訓練をするとともに、記述含めて対策しておく必要がありそうです。

入学を希望する人は、入試傾向を的確に掴み、対策していきましょう。
また、早期の段階で参考書の選定を終え、自分に合った学習法を確立することも大切です。