受験情報

2021.10.21

【明治大学法学部の政治経済(政経)】傾向と対策や過去問情報をご紹介

目次

明治大学の法学部は、政治経済(政経)を利用した受験が可能です。
受験前には大学ごとの出題傾向を掴むだけでなく、学部ごとの傾向や科目ごとの特色を読み解き、万全の準備をしておきましょう。

今回は、明治大学法学部の政治経済(政経)に焦点を当て、傾向と対策を紹介します。

過去問情報などにも触れますので、志望校のひとつとして検討している方は是非参考にしてみてください。

明治大学法学部の入試情報

まずは、明治大学法学部の入試情報を解説します。
基本的な概要を理解し、受験へのイメージを固めていきましょう。

入試方式ごとの入試科目と配点

明治大学法学部に受験入学するためには、大学入学共通テスト利用入学試験もしくは学部別入学試験を突破する必要があります。
下記ではそれぞれで使用する科目と配点情報を紹介しますので、目を通してみましょう。

大学入学共通テスト利用入学試験

大学入学共通テストの利用入学試験では、3科目方式・4科目方式・5科目方式の3種類のうち希望するものを選択できます。

・国語(200点)
・外国語(200点)
・地理歴史(200点、3科目方式の場合のみ100点)
・公民(200点、3科目方式の場合のみ100点)
・数学(200点、3科目方式の場合のみ100点)
・理科(200点、3科目方式の場合のみ100点)

国語と外国語は、どの科目方式を選択しても必ず受験が必要です。
それ以外の科目は選択科目となるため、得意分野に合わせて選択していきましょう。

学部別入学試験

学部別入学試験では、下記3科目を使って受験します。

・外国語(150点)
・国語(100点)
・地理歴史・公民から1科目選択(100点)

特に外国語の配点が高いため、外国語偏重の採点が成されると分かります。

明治大学法学部の学科ごとの偏差値

明治大学法学部は、法律学科のみの単一学部です。
年度により多少の差はありますが、法律学科の偏差値は60.0~62.5であり、明治大学内でも平均程度だと分かります。

明治大学法学部の倍率情報

明治大学法学部の倍率は、入学方式によって異なります。
大学入学共通テスト利用入試の方が倍率は高めであり、3.4~5.0程度です。
一方、学部別入学試験は、3.1~3.5倍です。

年度によって幅がありますので、模試等を利用しながら確実な合格力を身につけていくことが重要です。

明治大学法学部の政治経済(政経)の入試情報

ここからは、実際に明治大学法学部政治経済(政経)の入試情報を紹介します。
概要を掴みながら、傾向と対策を読み取っていきましょう。

基本情報

明治大学法学部の政治経済(政経)は、60分で解答します。
大学入学共通テストは全てマークシート形式ですが、学部別入学試験に限り記述形式も加わります。
大問1~2が記述形式、大問3~4がマークシート形式の全4項目から成る、比較的分かりやすい構成であることが特徴です。

明治大学法学部の政治経済(政経)の配点情報

明治大学法学部の政治経済(政経)の配点は、入学形式により異なります。
大学入学共通テスト利用入学試験では、4科目・5科目方式の場合200点、3科目方式の場合100点で計算されます。
4科目・5科目方式であれば、必須である外国語や国語と同じ比重であることが分かります。 一方で学部別入学試験では、100点で計算されます。
外国語が150点であるため比重は大きくありませんが、外国語以外の科目とは同等の配点で設定されています。
しっかり対策を練り、高得点を狙っていくことが合格への第一歩です。

明治大学法学部の政治経済(政経)の難易度・レベルはどれくらい?

法学部に入学してから実際に学ぶ内容とリンクしている単元が多いため、他の選択科目より難易度は高めに設定されています。
使う知識自体は教科書レベルであるため平易ですが、出題形式が特殊であったり、毎年確実に論述問題が扱われたりするため、しっかり時間をかけて対策しておく必要があります。

明治大学法学部の政治経済(政経)の傾向・特徴

ここからは、実際に明治大学法学部の政治経済(政経)について読み解き、傾向や特徴を掴んでいきましょう。
受験対策のカギとなるポイントでもあるため、しっかり把握することが大切です。

政治分野からの出題が多い

政治および政治経済で大問1つ分、政治で大問1つ分、経済で大問1つ分、国際で大問1つ分と構成されることが多く、政治分野からの出題が比較的多めです。
政治単元については、政治思想・社会制度・人権など幅広い知識が問われるため、抜け・漏れのないよう対策しておきましょう。

経済分野はほぼ近現代からの出題

ごく稀に経済史について問われることがありますが、経済分野のほとんどは近現代からの出題です。
アダム・スミスなど代表的な経済学者と発言だけは網羅的に暗記しておく必要がありますが、それ以外については近現代に重点を置いてよいでしょう。
具体的には、労働問題・社会保障制度など、近年話題になっていることがピックアップされることが多いです。

論述問題が必出である

明治大学法学部の政治経済(政経)は、毎年必ずと言っていいほど論述問題が出ます。
政治制度と日本国憲法の関連について書かせたり、憲法の判例について解説させたり、多種多様な角度から出題されるため、全体の難易度が底上げされる原因となっています。
主に政治分野・経済分野からの出題が多いため、対策していきましょう。

明治大学法学部の政治経済(政経)対策・勉強法

次に、更に踏み込んで単元ごとの対策法を確認していきましょう。
明治大学法学部用の対策ができていれば、受験を突破する十分な学力を身につけられます。

通史対策

明治大学法学部の政治経済(政経)は、政治・経済・思想の動きや、憲法成立の背景に関する知識を求める問題が多いです。
日本史や世界史のように歴史に特化して暗記する必要はありませんが、時代背景に合わせた流れを知り、通史として知っておく必要があるでしょう。
教科書や参考書には具体的な内容が記載されていない憲法や法律についても、内容が引用されることも多いです。

時事問題対策

経済分野及び国際分野については、特に時事問題に関する出題が多いです。
少なくとも、入試問題が作成される秋頃までの時事問題はピックアップしておく必要があるでしょう。
日常的に新聞や最新の資料集に目を通す癖をつけていれば、問題ありません。

論述対策

明治大学法学部の政治経済(政経)では、論述問題が必出です。
法学部であることも加わって、政治思想や人権思想に関する完全記述が多いため、必ず対策しておきましょう。
時代背景や制度立案の理由を問うものも多く、単語の暗記だけでは対応できないことも予測されます。
基本的な単語を覚えたあとは、論述対策に踏み込むことがおすすめです。

明治大学法学部の政治経済(政経)対策におすすめの参考書

次に、明治大学法学部の政治経済(政経)対策をしたい人向けの参考書を紹介します。
それぞれ2冊ずつピックアップしましたので、参考書選びに迷っている方は検討してみましょう。

通史対策

まずは、通史対策用の参考書です。
政治経済(政経)に関する基本的な項目を網羅して解説する参考書が向いているため、以下の利用を検討してみましょう。

旺文社『《新入試対応》共通テスト政治・経済集中講義 四訂版(大学受験SUPER LECTURE)』(金城透)

テーマ別に政治経済を整理し、学習項目にランクをつけながら優先度ベースで学べる参考書です。
1ページ4テーマという見やすいデザインでもあるため、体系的な学習に役立つでしょう。
別冊で一問一答形式の問題集が付属しているため、空欄補充・正誤判定などの問題対策をするときにも便利です。

Z会『畠山のスパっとわかる政治・経済爽快講義 改訂第6版』(畠山創)

政治経済の解説に的を絞った参考書であり、基礎知識を仕入れたいときにおすすめです。
左ページに「板書ポイント」、右ページに「爽快講義」という見やすいデザインが採用されているため、学校や予備校で授業を受けているような感覚に近い状態で学べるでしょう。
受験対策を突破するための十分なボリュームがあることも、大きな魅力です。

時事問題対策

次に、時事問題対策用の参考書です。
時事問題の内容そのものは時代ごとに変化していきますが、どんなポイントに着目してニュースをチェックしておけばいいか、ポイントを学んでおきましょう。

KADOKAWA『改訂第3版大学入試 蔭山克秀の政治・経済が面白いほどわかる本』(蔭山克秀)

政治経済(政経)を網羅的に解説する参考書です。
授業をそのまま書籍化したようなスタイルであり、「覚えるべき用語」と「理解すべき記述」に分けて学べます。
参考書の第3編では、時事問題だけを単独で取り扱う章があるため、チェックしてみましょう。

KADOKAWA『大学入試マンガで政治・経済が面白いほどわかる本』(蔭山克秀)

政治の仕組みや経済理論などをマンガで分かりやすく解説している一冊です。
時事問題に関する単独の章はないものの、主人公となるキャラクターたちが素朴な疑問を投げかけ、それを紐解く形式で進行します。
時事問題として出題されやすい社会保障制度・労働問題・人口問題・資源エネルギー問題・選挙制度の変革などを多く扱っているため、息抜きをかねて勉強したいときに活用していきましょう。

論述対策

次に、論述対策用の参考書を紹介します。
背景や目的も含めて論述できるよう、少し高レベルな参考書を使うことをおすすめします。

河合出版『政治・経済計算&論述特訓問題集(河合塾シリーズ)』(栂明宏・吉見直倫)

論述特化型の政治経済(政経)参考書でありながら、計算問題にも対応しているハイレベルな一冊です。
基本的な数学の公式の説明も多く、理系科目に苦手意識がある人であってもチャレンジしやすい仕組みになっています。
論述問題のパターンをピックアップしながら、例題・練習問題・入試問題と段階的にステップアップすることが可能です。

旺文社『政治・経済 標準問題精講 四訂版』(昼神洋史・金城透)

難関大学の政治経済(政経)で、合否の分かれ目となる80題を掲載している参考書です。
実際の入試から良問をピックアップしているため、より実戦形式での問題演習ができるでしょう。 改定して以降、論述問題や思考力問題の数が多くなりました。
別冊解答にまで目を通せば採点ポイントについても触れられているため、自分の論述で何点取れるか把握したいときにもおすすめです。

明治大学法学部の政治経済(政経)の過去問情報

最後に、明治大学法学部の政治経済(政経)について、過去問をダウンロードできるページを紹介します。
実際に過去問を見て傾向を掴みたい人や、問題に取り組んでみたい人は、確認してみてください。

2020年度の政治経済(政経)の過去問

こちらからダウンロード
例年通り、政治から大問2つ、経済から大問1つ、国際から大問1つが出題されました。
政治分野のうちひとつは人権問題をピックアップしたものであり、戦争や国際とリンクする項目も多数見られます。
単元の枠組みだけに捉われることなく、横断的な学習も意識しておいた方がよいでしょう。

2019年度の政治経済(政経)の過去問

こちらからダウンロード
論述の文字量が70文字程度と、比較的少な目の年でした。
その分記述問題のボリュームが増え、単語の書き出しが多い印象です。
晴れ着のレンタルをめぐる消費者問題や、シェアハウスをめぐる契約トラブルなど、時事的な話題が多いことも特徴的でした。

まとめ

明治大学法学部の政治経済(政経)は、難問・奇問がないものの、政治分野に偏ることが多く、かつ論述の比重が高いなど、出題傾向が特殊です。
単元だけで区切ることなく、見方や角度を変えながら読み解いていく必要があるでしょう。

入学を希望する人は、入試傾向を的確に掴み、対策していきましょう。
また、早期の段階で参考書の選定を終え、自分に合った学習法を確立することも大切です。