受験情報

2021.11.29

【明治大学文学部の英語】傾向と対策や過去問情報をご紹介

目次

明治大学の文学部は、英語を利用した受験が可能です。
受験前には大学ごとの出題傾向を掴むだけでなく、学部ごとの傾向や科目ごとの特色を読み解き、万全の準備をしておきましょう。

今回は、明治大学文学部の英語に焦点を当て、傾向と対策を紹介します。

過去問情報などにも触れますので、志望校のひとつとして検討している方は是非参考にしてみてください。

明治大学文学部の入試情報

まずは、明治大学文学部の基本的なプロフィールを紹介します。
概要を知っておくことで他の学部・大学との比較がしやすくなりますので、チェックしてみましょう。

入試方式ごとの入試科目と配点

明治大学文学部に受験入学するためには、大学入学共通テスト利用入学試験もしくは学部別入学試験を突破する必要があります。
下記ではそれぞれで使用する科目と配点情報を紹介しますので、目を通してみましょう。

大学入学共通テスト利用入学試験

大学入学共通テストの利用入学試験では、3科目方式・5科目方式のうち希望するものを選択できます。

3科目方式を選択する場合、受験科目は下記の通りです。

・国語(200点)
・外国語(200点)
・地理歴史、公民、数学、理科から1科目選択(200点)

5科目方式を選択する場合、受験科目は下記の通りです。

・国語(200点)
・外国語(200点)
・地理歴史から1科目選択(200点)
・公民、数学、理科から2科目選択(各100点)

国語と外国語は、どの科目方式を選択しても必ず受験が必要です。
それ以外の科目は選択科目となるため、得意分野に合わせて選択していきましょう。

学部別入学試験

学部別入学試験では、下記3科目を使って受験します。

・外国語(100点)
・国語(100点)
・地理歴史(100点)

明治大学他学部では外国語の配点比重が高いことが多いですが、文学部ではどの科目も均等配点です。まんべんなく勉強しておきましょう。

明治大学文学部の学科ごとの偏差値

明治大学文学部は、学科ごとに偏差値が多少異なります。

・文学科62.5
・史学科60.0
・心理学科62.5

明治大学内では、比較的平均程度の偏差値に落ち着くことが多いです。

明治大学文学部の倍率情報

明治大学文学部の倍率は、入学方式によって異なります。
大学入学共通テスト利用入試の方が倍率は高めであり、3.6~5.2程度です。
一方、学部別入学試験は、3.0~3.5倍です。

年度によって幅がありますので、模試等を利用しながら確実な合格力を身につけていくことが重要です。

明治大学文学部の英語の入試情報

ここからは、実際に明治大学文学部英語の入試情報を紹介します。
概要を掴みながら、傾向と対策を読み取っていきましょう。

基本情報

明治大学文学部英語は、60分で解答します。
大学入学共通テストは全てマークシート形式ですが、学部別入学試験に限り記述形式も加わります。
大問の数は例年5題であり、長文読解の大問数が2~3題の範囲内で変動することが多いです。

明治大学文学部の英語の配点情報

明治大学文学部英語の配点は、入学形式により異なります。
大学入学共通テスト利用入学試験では、3科目方式でも5科目方式でも、200点で計算されます。
一方で学部別入学試験では、100点で計算されます。
大学入学共通テスト利用入学試験では英語を含む外国語と国語の比重が高めであり、学部別入学試験では他科目と均等な配点が成されています。

出題範囲

明治大学文学部の英語は、下記の範囲から出題されます。

・コミュニケーション英語Ⅰ
・コミュニケーション英語Ⅱ
・コミュニケーション英語Ⅲ
・英語表現Ⅰ
・英語表現Ⅱ

基本的な英語の力を問うコミュニケーション英語を範囲に含めているだけでなく、英語表現もⅠⅡ共に扱うことから、記述力を重視していると分かります。

問題量と時間配分

明治大学文学部の英語は、毎年大問5題から構成されることが大半です。
試験時間は60分と短いにも関わらず、読解問題の文章量が多く、スピードと質のどちらも試されているでしょう。
また、内容真偽について問うような問題が多く、設問そのものの読み込みも必要です。
総合的な英語力が試される試験であり、どの科目と比較しても手を抜くことができません。

明治大学文学部の英語の難易度・レベルはどれくらい?

扱われる文法知識やイディオムは平易なものであるため、基礎・基本に忠実な学習ができていれば、難しくありません。
しかし、大問1~2の文章量が多く、内容理解度を問うような正誤問題が多いため、精読が必須となってくるでしょう。
その分小さなミスが多くなりやすく、全体の難易度を底上げしています。

明治大学文学部の英語の傾向・特徴

ここからは、実際に明治大学文学部の英語について読み解き、傾向や特徴を掴んでいきましょう。
受験対策のカギとなるポイントでもあるため、しっかり把握することが大切です。

長文読解の大問数が変化する

明治大学文学部の英語は例年大問5つで構成されますが、長文読解の大問数が年度によって変動します。
長文読解2題と会話問題1題という年度もあれば、長文読解が3題になる年度もあり、対策が立てづらい科目だと言えるでしょう。
また、他学部の英語と比較してテーマも幅広く、評論・意見文・物語・エッセー・歴史などさまざまです。

長文読解以外の大問は知識問題が多い

長文読解以外の大問2~3つ分は、知識問題になることが多いです。
空所補充型で文法知識を問うような問題や、選択型でイディオムや単語の知識を問うような問題が頻出となっています。
基本的な語彙・単語・イディオムを履修できていればそう難しくありませんが、記述形式での問いも多いです。

他学部より記述の割合が高い

論述問題のように、長文で自分の意見を記述するような形式はほぼありません。
一方で、一般的な記述問題とされる、単語・熟語などを短文で記入させる形式の問題数はかなり多く、他学部の英語と比較しても突出しています。
そのため、選択形式だけでなく記述形式にも確実に対応できるような勉強法を、確立させておきましょう。

明治大学文学部の英語対策・勉強法

次に、更に踏み込んで単元ごとの対策法を確認していきましょう。
明治大学文学部用の対策ができていれば、受験を突破する十分な学力を身につけられます。

単語・熟語・文法

基本的な英単語・熟語・イディオムに関する知識がないと、解ける問題も解けません。
高校1年生のうちからコツコツ暗記に取り組むとともに、慣用句など教科書にはない範囲の学習にも取り組みましょう。
参考書や単語帳の数は、あまり多すぎなくて構いません。
網羅的に学べるものを1~2冊用意し、受験までの間に複数周回しながら知識の定着を図りましょう。

読解問題(長文)

明治大学文学部の英語は、テーマを限定しない幅広い話題が扱われることが特徴です。
そのため、文字量は多くなくて問題ありませんが、日常的に中文~長文程度の文章に触れる機会を多く設け、どんなテーマが出されても対応できるようにしておく必要があるでしょう。
スピードよりも正確な内容理解を意識することがポイントとなります。

対話文問題(会話表現問題)

明治大学文学部の対話文問題は、大問として完全に独立するか、知識問題の大問に含まれるか、年度によって異なります。
しかし基本的な口語表現の勉強が役立つことに変わりはありませんので、口語表現についても抜け・漏れなく学習しておきましょう。
長文対策だけでは抜けてしまう独特の表現法を学べれば、解答のスピードも挙げられます。

長文穴埋め問題

知識問題・長文問題共に、選択形式より記述形式の出題が多くなるのが特徴です。
そのため、ある程度穴埋め問題に対応できるよう、記述力を培っておく必要があるでしょう。
単語やイディオムをスペル含め記述できるよう対策しておくほか、短文を自由記述する素養も問われます。

明治大学文学部の英語対策におすすめの参考書

次に、明治大学文学部の英語対策をしたい人向けの参考書を紹介します。
それぞれ2冊ずつピックアップしましたので、参考書選びに迷っている方は検討してみましょう。

単語・熟語

まずは、単語・熟語の語彙を増やすための参考書です。
読解に活きるだけでなく、自由記述にも欠かせない要素となるため、基礎力のひとつとしてコツコツ取り組みましょう。

Z会『速読英単語2上級編[改訂第4版]』(風早寛)

難関大突破のための上級900語を収録しており、明治大学だけでなく東大・京大・早稲田・慶応・上智レベルの対策も可能です。
レベルの高い英単語・熟語を紹介するのみに留めず、「受験本番で知らない単語が出てきたらどう対処するか」という推察に関する項目が多いのも興味深いポイントだと言えるでしょう。
推測法による勉強を身につけたい人や、盲点になりがちな多義語・特定のテーマに特化した単語を学びたい人にも向いています。

駿台文庫『システム英単語Premium』(霜康司・刀祢雅彦)

比較的難易度の高い英単語が多く、私立難関大から国公立大学まで対応できる参考書です。
頻出レベルではなく語源ごとにまとまっているため、単純暗記ではなく意味や語源と併せて暗記したい人に向いているでしょう。
また、一般的な単語帳では網羅できないレベルのものに取り組みたい人にも向いています。

読解問題(長文)

次に、読解問題用の参考書を紹介します。
合否を分ける大きな点差がつきやすい単元であるため、時間をかけてテクニックを磨いていきましょう。

河合出版『英語長文読解の王道 パラグラフリーディングのストラテジー』(島田浩史・米山達郎)

センテンスごとにスラッシュを入れながらスピード重視で読む「パラグラフリーディング」を身につけるための参考書です。
スピードを上げるだけでなく、構文を理解したり内容を細かく紐解きながら読み解くことにも使えたりするため、多くの受験生がパラグラフリーディングを活用しています。
基本的な文法を学んでから挑戦すれば、より効率よく習得しやすくなるでしょう。

ナガセ『英語長文PREMIUM問題集:Advanced』(東進ハイスクール・東進衛星予備校編集部)

大学入試共通テスト及び中堅私立大学対策用の読解問題参考書です。
国際基準で標準的なレベルの問題を多く扱っているため明治大学文学部以外にも対応しやすく、併願や滑り止めも含めて総合的な学習をしたい人に向いています。
構成として、問題文・設問・解説・構造分析・和訳が一定のリズムになって繰り返されるため、勉強法を確立するうえでも便利です。

対話文問題(会話表現問題)

次に、対話文問題用の参考書を紹介します。
なんとなく読めるからとおざなりにすることなく、スピードを上げて深い内容理解ができるよう、対策しておきましょう。

桐原書店『英会話問題の徹底演習(大学受験スーパーゼミ)』(里中哲彦)

会話文の決まり文句を網羅的に学べる参考書です。
入試によく出る口語表現を学びたいときに便利であり、基礎の習得に役立てることができるでしょう。
参考書の半分以上は演習問題であり、100問以上の例題にチャレンジできることも魅力です。
論理展開をつかむトレーニングとしても有効なので、ぜひ入手してみましょう。

Z会出版『英会話問題のトレーニング』(風早寛)

単語・熟語・イディオム・文法単元では対応しきれない、重要な会話表現をリストアップしている参考書です。
代表的なやり取りの形式を学びながら丸暗記したい構文まで紹介しているため、ポイントを抑えながら学びたいときにおすすめです。
旧センター試験形式の問題演習が多いですが、単語帳代わりに使えば大学入学共通テストにも応用できます。

明治大学文学部の英語の過去問情報

最後に、明治大学文学部の英語について、過去問をダウンロードできるページを紹介します。
実際に過去問を見て傾向を掴みたい人や、問題に取り組んでみたい人は、確認してみてください。

2020年度の英語の過去問

こちらからダウンロード
長文が大問2つ分、会話文が大問1つ分出題された年度でした。
例年より選択形式の問題比重が高く、その分問題量が多めに設定されています。

2019年度の英語の過去問

こちらからダウンロード
長文が大問3つ分出題された年度でした。
例年より内容正誤を問うものが多く、読解のスピードが試された年でもあります。

まとめ

明治大学文学部の英語は、難問・奇問がないものの、文章量は多めに設定されています。
幅広いテーマが扱われる長文問題と、記述形式での書き取り問題が多いことに留意し、対策しておく必要があるでしょう。

入学を希望する人は、入試傾向を的確に掴み、対策していきましょう。
また、早期の段階で参考書の選定を終え、自分に合った学習法を確立することも大切です。