受験情報

2021.11.29

【明治大学文学部の世界史】傾向と対策や過去問情報をご紹介

目次

明治大学の文学部は、世界史を利用した受験が可能です。
受験前には大学ごとの出題傾向を掴むだけでなく、学部ごとの傾向や科目ごとの特色を読み解き、万全の準備をしておきましょう。

今回は、明治大学文学部の世界史に焦点を当て、傾向と対策を紹介します。

過去問情報などにも触れますので、志望校のひとつとして検討している方は是非参考にしてみてください。

明治大学文学部の入試情報

まずは、明治大学文学部の基本的なプロフィールを紹介します。
概要を知っておくことで他の学部・大学との比較がしやすくなりますので、チェックしてみましょう。

入試方式ごとの入試科目と配点

明治大学文学部に受験入学するためには、大学入学共通テスト利用入学試験もしくは学部別入学試験を突破する必要があります。
下記ではそれぞれで使用する科目と配点情報を紹介しますので、目を通してみましょう。

大学入学共通テスト利用入学試験

大学入学共通テストの利用入学試験では、3科目方式・5科目方式のうち希望するものを選択できます。

3科目方式を選択する場合、受験科目は下記の通りです。

・国語(200点)
・外国語(200点)
・地理歴史、公民、数学、理科から1科目選択(200点)

5科目方式を選択する場合、受験科目は下記の通りです。

・国語(200点)
・外国語(200点)
・地理歴史から1科目選択(200点)
・公民、数学、理科から2科目選択(各100点)

国語と外国語は、どの科目方式を選択しても必ず受験が必要です。
それ以外の科目は選択科目となるため、得意分野に合わせて選択していきましょう。

学部別入学試験

学部別入学試験では、下記3科目を使って受験します。

・外国語(100点)
・国語(100点)
・地理歴史(100点)

明治大学他学部では外国語の配点比重が高いことが多いですが、文学部ではどの科目も均等配点です。まんべんなく勉強しておきましょう。

明治大学文学部の学科ごとの偏差値

明治大学文学部は、学科ごとに偏差値が多少異なります。

・文学科62.5
・史学科60.0
・心理学科62.5

明治大学内では、比較的平均程度の偏差値に落ち着くことが多いです。

明治大学文学部の倍率情報

明治大学文学部の倍率は、入学方式によって異なります。
大学入学共通テスト利用入試の方が倍率は高めであり、3.6~5.2程度です。
一方、学部別入学試験は、3.0~3.5倍です。

年度によって幅がありますので、模試等を利用しながら確実な合格力を身につけていくことが重要です。

明治大学文学部の世界史の入試情報

ここからは、実際に明治大学文学部世界史の入試情報を紹介します。
概要を掴みながら、傾向と対策を読み取っていきましょう。

基本情報

明治大学文学部世界史は、60分で解答します。
大学入学共通テストは全てマークシート形式ですが、学部別入学試験に限り記述形式も加わります。
大問の数は例年4題であり、モンゴル史やロシア史など見落としやすい単元も含まれます。

明治大学文学部の世界史の配点情報

明治大学文学部世界史の配点は、入学形式により異なります。
大学入学共通テスト利用入学試験では、3科目方式でも5科目方式でも、200点で計算されます。
一方で学部別入学試験では、100点で計算されます。
大学入学共通テスト利用入学試験では外国語と国語の比重が高めであり、学部別入学試験では他科目と均等な配点が成されています。

明治大学文学部の世界史の難易度・レベルはどれくらい?

難問・奇問はありませんが、出題範囲が広いという点で難易度が高めです。
特定の出来事にフォーカスすることは少なく、幅広い年代・国の歴史を網羅的に問うような問題が多いため、広く学んでおく必要があるでしょう。
また、一般的に出題ボリュームが多いとされているアメリカ史やヨーロッパ史の他、モンゴル史やロシア史なども扱われることに注意が必要です。

明治大学文学部の世界史の傾向・特徴

ここからは、実際に明治大学文学部の世界史について読み解き、傾向や特徴を掴んでいきましょう。
受験対策のカギとなるポイントでもあるため、しっかり把握することが大切です。

国ごとに区切った出題がされることが多い

基本的には、国ごとに区切った出題がされることが多いです。
そのため、特定の時代ごとに横断的な事象を問うような問題や、特定の出来事にフォーカスを当てた問題は、少なめだと言えるでしょう。
時代ごとというよりは国ごとに細分化して学ぶことが必須です。

テーマ史も大問1~2つ分問われる

国ごとに区切った大問が多く設定されるなか、テーマ史区切りの大問も1~2つ分設けられています。
過去には、グローバリゼーション史や修道史のように、国際関係や宗教について問うような大問がありました。
一般的には通史を学ぶことが多い世界史ですが、テーマ史ごとの縦割り学習も意識しておく必要があるでしょう。

論述問題対策が必須

明治大学政治文学部の世界史では、記述問題だけでなく論述問題も頻出です。
基本的な世界史用語を穴埋め形式で補記するだけでなく、論理的な思考に基づいて、時代背景・その後の影響などを整理しながら書く必要があるため、必ず対策しておきましょう。
文章も、200~300文字程度と、他学部よりも多めです。
特定のキーワードが入っていないと途中点しかもらえないケースもあるため、注意が必要です。

明治大学文学部の世界史対策・勉強法

次に、更に踏み込んで単元ごとの対策法を確認していきましょう。
明治大学文学部用の対策ができていれば、受験を突破する十分な学力を身につけられます。

記述問題対策

明治大学文学部の世界史の記述問題は、基本的な世界史用語を問うものが多いです。
そのため、用語集や一問一答集を活用し、英単語や漢字と同じようにある程度暗記してしまうのが手っ取り早いでしょう
また、地図・グラフ・図表など史料問題が扱われることも多く、資料集を活用する必要もあります。
なるべく多くの情報と組み合わせて暗記できれば、確かな知識定着が図れます。

選択問題対策

正誤問題が多く、設問を読むだけでもそれなりの時間がかかります
出来事と時代背景が合っているか、出来事に関わった人物や場所がズレていないかなど、どの観点に着目すればいいかを学ぶのがよいでしょう。
結果として設問を読むスピードが上がり、論述問題や記述問題に割く時間を確保できます。
なるべく早めに終わらせて、他の単元に進むことをおすすめします。

論述問題対策

明治大学文学部の世界史の論述問題は、他学部と比較してもかなりボリュームが大きいです。
世界史知識を完全に丸暗記できていたとしても対応できないことが多く、論述専用の対策をすることが欠かせません。
論述用の参考書を使いながら、どう論理的に説明していくか、テクニック的な部分を学ぶ必要もあるでしょう。

明治大学文学部の世界史対策におすすめの参考書

次に、明治大学文学部の世界史対策をしたい人向けの参考書を紹介します。
それぞれ2冊ずつピックアップしましたので、参考書選びに迷っている方は検討してみましょう。

記述問題

まずは、世界史用語を記述させる問題に対応できる参考書です。
一問一答方式で暗記する際にも活用できますので、基礎力のひとつとしてコツコツ取り組みましょう。

文栄堂『時代と流れで覚える!世界史B用語』(相田知史・小林勇祐)

大学入試で頻出とされる世界史用語を、3ステップでチェックできる参考書です。
時代の流れ全体を把握したうえで重要用語の解説に進めるため短時間で高い理解度を得やすく、時代背景と絡めながら暗記することが可能です。
赤フィルターも付属しているため、効果的に使っていきましょう。

学研プラス『タテから見る世界史 パワーアップ版』(斎藤整)

国ごと・地域ごとに通史を理解するための参考書です。
時代ごとの流れを掴みやすいだけでなく、文化史・宗教史・戦争史などテーマごとに理解したいときにも便利であり、テーマ史対策が必須な明治大学文学部世界史にマッチしたものだと言えるでしょう。
最後には記述問題対策用のページもあり、大いに活用できます。

選択問題対策

次に、選択問題用の参考書を紹介します。 明治大学文学部の世界史では毎年正誤問題が出題されているため、欠かさず対策しておきましょう。

山川出版社『山川一問一答世界史 第3版』(今泉博)

大学受験における日本史・世界史のパイオニアになっている山川出版社のシリーズ参考書です。
世界史Bの教科書に掲載されている用語を一問一答式で解いていく問題集であり、選択問題対策として油工です。
重要度が3段階に分かれているため、暗記用に活用するのもよいでしょう。

山川出版社『スピードマスター世界史問題集―世界史B』(黒川潤二)

「30日完成スピードマスター」とある通り、短期間で世界史の単元を総復習するのに向いている参考書です。
効率よく基礎固めしたいときや、自分の苦手単元を把握したいときに使いやすい参考書だと言えるでしょう。
選択問題の量が多いため、選択問題対策がしたいシーンにも向いています。

論述問題対策

次に、論述問題用の参考書を紹介します。
合否を分ける大きな点差がつきやすい単元であるため、時間をかけてテクニックを磨いていきましょう。

Z会『段階式 世界史論述のトレーニング』(Z会出版編集部)

100字未満→100~180字論述→200~250字論述→300字以上、と段階を追って論述に取り組める参考書です。
明治大学文学部の世界史では論述割合が高いため、これ1冊あればボリューム多めの年に当たっても十分対応できるようになるでしょう。
また、問題に取り組むための着眼点やヒントも豊富に提示されているため、問題理解の面でも役立ちます。

旺文社『世界史 標準問題精講 五訂版』(松永陽子)

難関大学の世界史入試に特化した参考書であり、「補講」ページによる難問対策も実施しています。
実際の入試問題からピックアップした論述問題も多数収録しており、実際に受験で使える論述対策がしたい人に向いていると言えるでしょう。
解答や解説は別冊に分かれているため、使いやすいという点でも魅力です。

明治大学文学部の世界史の過去問情報

最後に、明治大学文学部の世界史について、過去問をダウンロードできるページを紹介します。
実際に過去問を見て傾向を掴みたい人や、問題に取り組んでみたい人は、確認してみてください。

2020年度の世界史の過去問

こちらからダウンロード
文字の歴史を問うテーマ史が出題された、特徴的な年度です。
また、史料問題も扱われるなど、例年と少し異なる傾向が見られました。

2019年度の世界史の過去問

こちらからダウンロード
地理について問われる問題があるなど、用語・語彙の暗記だけでは対応できない年度でした。
都市名を記述させる問題もあり、地図の歴史も含めて学んでおく必要があるでしょう。

まとめ

明治大学文学部の世界史は、難問・奇問がないものの、文章量は多めに設定されています。
他学部と比較してボリュームの大きい論述問題が扱われるケースが多く、書き方含めて対策しておく必要がありそうです。

入学を希望する人は、入試傾向を的確に掴み、対策していきましょう。
また、早期の段階で参考書の選定を終え、自分に合った学習法を確立することも大切です。