受験情報

2021.01.01

【明治大学農学部の国語】傾向と対策や過去問情報をご紹介

目次

明治大学の農学部は、国語を利用した受験が可能です。
受験前には大学ごとの出題傾向を掴むだけでなく、学部ごとの傾向や科目ごとの特色を読み解き、万全の準備をしておきましょう。

今回は、明治大学農学部の国語に焦点を当て、傾向と対策を紹介します。

過去問情報などにも触れますので、志望校のひとつとして検討している方は是非参考にしてみてください。

明治大学農学部の入試情報

まずは、明治大学農学部の基本的なプロフィールを紹介します。
概要を知っておくことで他の学部・大学との比較がしやすくなりますので、チェックしてみましょう。

入試方式ごとの入試科目と配点

明治大学農学部に受験入学するためには、大学入学共通テスト利用入学試験もしくは学部別入学試験を突破する必要があります。
下記ではそれぞれで使用する科目と配点情報を紹介しますので、目を通してみましょう。

大学入学共通テスト利用入学試験

大学入学共通テストの利用入学試験では、3科目方式・4科目方式のうち希望するものを選択できます。

3科目方式を選択する場合、受験科目は下記の通りです。

・外国語(200点)
・国語(200点)
・地理歴史、公民、数学、理科から1科目選択(200点)

4科目方式を選択する場合、受験科目は下記の通りです。

・外国語(200点)
・国語(200点)
・物理、化学、生物、地学から1科目(200点)
・数学、物理、化学、地学から1科目(200点)

外国語と国語は、どの科目方式を選択しても必ず受験が必要です。
それ以外の科目は選択科目となるため、得意分野に合わせて選択していきましょう。

学部別入学試験

学部別入学試験では、下記3科目を使って受験します。

・外国語(120点)
・国語、数学、化学、生物から2科目選択(各120点)

明治大学他学部では外国語の配点比重が高いことが多いですが、農学部ではどの科目も均等配点です。まんべんなく勉強しておきましょう。

明治大学農学部の学科ごとの偏差値

明治大学農学部は、学科ごとに偏差値が多少異なります。

・脳学科57.5
・食料環境政策学科60.0
・農芸化学科57.5
・生命科学科60.0

明治大学内では、少し低め~平均程度の偏差値に落ち着くことが多いです。

明治大学農学部の倍率情報

明治大学農学部の倍率は、入学方式によって異なります。
大学入学共通テスト利用入試の方が倍率は高めであり、3.6~5.6程度です。
一方、学部別入学試験は、2.5~3.5倍です。

年度によって幅がありますので、模試等を利用しながら確実な合格力を身につけていくことが重要です。

明治大学農学部の国語の入試情報

ここからは、実際に明治大学農学部国語の入試情報を紹介します。
概要を掴みながら、傾向と対策を読み取っていきましょう。

基本情報

明治大学農学部の国語は、併せて選択するもう1つの科目と併せて120分で解答します。
大学入学共通テストは全てマークシート形式ですが、学部別入学試験に限り記述形式も加わります。
大問数は例年4題になることが多いですが、そのうちの2題は漢字の読み取り・書き取りであることが多いです。

明治大学農学部の国語の配点情報

明治大学農学部国語の配点は、入学方式によって異なります。
大学入学共通テスト利用入試の場合、選択科目数に関わらず200点満点で計算されます。
学部別入学試験の場合、120点満点で計算されます。
どの入学形式を選択しても、科目ごとの採点比重にバラツキはなく、全科目一律です。

出題範囲

明治大学農学部の国語は、国語総合から出題されます。
文学部のように現代文Bや古典Bの対策はいらない点を抑えておきましょう。
また、漢文は出題されません。
中国文学史なども含めて対策する必要がなく、ある程度範囲を絞りやすい科目だと言えます。

問題量と時間配分

学部別一般試験においては、国語ともう1つの選択科目を合わせて解答する必要があります。
同時に解答し、同時に提出する形式であるため明治大学内でも珍しい入試形態だと言えるでしょう。
また、全体で120分という長丁場になるため、ある程度の集中力が必要です。
なるべく国語に割く時間を下げ、もう1科目に時間を充てられるよう対策していきましょう。

明治大学農学部の国語は難しい?難易度・レベルを解説

明治大学の農学部国語は、基礎から標準レベルの出題です。
学部全体としては外国語や理科科目の難易度が高く作られており、その分国語は平易なレベルです。
4つある大問のうち2題が漢字の読み取り・書き取りであるため、暗記を重視した対策さえできていればそう難しくはありません。

明治大学農学部の国語の傾向・特徴

ここからは、実際に明治大学農学部の国語について読み解き、傾向や特徴を掴んでいきましょう。
受験対策のカギとなるポイントでもあるため、しっかり把握することが大切です。

漢字問題の比率が高い

明治大学農学部の国語は、大問の半分を漢字問題が占める、知識問題偏重型です。
一朝一夕では身につかない暗記単元であるため長期的な対策をする必要があるでしょう。
漢字が得意な人にとっては、全体の難易度が大きく下がるような印象を受けるかもしれません。

時間を余らせることがポイント

問題量は決して少なくないものの、知識問題の比率が高いため、時間を余らせやすいです。
漢字問題さえスピーディーに解き切ってしまえれば論説文・古文に集中しやすくなるでしょう。
それでも時間が余ることが想定されるため、その分をもう1つの選択科目に割くのが理想です。

点差が開きやすいのは現代文

国語で点差が開きやすいのは、現代文だと捉えて対策しましょう。
古典はベーシックな作品から基本問題寄りの出題がされることが多く、知識問題はある程度点が取れる前提で作られています。
そのため、文章量・設問量共にボリュームのある現代文で点差が開きやすく、合否の分かれ目となるでしょう。

明治大学農学部の国語対策・勉強法

次に、更に踏み込んで単元ごとの対策法を確認していきましょう。
明治大学農学部用の対策ができていれば、受験を突破する十分な学力を身につけられます。

知識問題対策

レベルはそう高くありませんが、漢字の読み書きのボリュームが多いです。
そのため、学校の小テストレベルで問題ないため、コツコツ長期間取り組むことが欠かせないでしょう。
余裕があれば漢字検定などの単元なども参考に、さまざまな情報に触れておくことも大切です。

現代文対策

硬質な評論文が多く、読解に時間がかかりやすいです。また、選択形式の設問が多いため、設問を読むだけでも時間がかかるでしょう。
キーワードセンテンスだけでなく、対照表現や同意表現に着目し、文章を文節ごとに切り分けながら読むトレーニングが必要です。
繰り返していけば、読解時間を大幅に短縮できるでしょう。

古文対策

古典文法・古文常識・古典文学史など、幅広く扱われます。
基本的な読解スキルを身につける他、古典に特化した知識問題も欠かさず学んでおく必要があるでしょう。
レベルはさほど高度ではないため、基礎重視の学びで問題ありません。

明治大学農学部の国語対策におすすめの参考書

次に、明治大学農学部の国語対策をしたい人向けの参考書を紹介します。
それぞれ2冊ずつピックアップしましたので、参考書選びに迷っている方は検討してみましょう。

現代文対策

まずは、現代文対策用の参考書です。
表論文対策を中心に、トレーニングしていきましょう。

河合出版『現代文と格闘する(河合塾シリーズ)』(竹國友康)

レベルの高い評論文が中心になっている問題集であり、基礎的な読解力が身についているか、チェックできます。
詳しい解説がついているため、テクニックや読み解き方のポイントを学びたいときにも最適でしょう。
明治大学他学部の出題にも、十分対応できるレベルです。

駿台文庫『現代文読解の基礎講義(駿台受験シリーズ)』(中野芳樹)

現代文の読解テクニック解説が多い参考書であり、問題収録数も多いため、参考書兼問題集のように使うことが可能です。
基礎力が身についていることが前提となっており、合格を勝ち取るためのあと1点を獲得したい人向けのテキストだと言えるでしょう。
「何となく現代文を読む」段階から脱却したい人は、ぜひ入手してほしい一冊です。

古文対策

次に、古文対策用の参考書です。
知識問題まで幅広く学び、対応力を上げていきましょう。

Z会『速読古文単語 改訂版』(Z会出版編集部)

古文単語を300語収録しており、ひとつひとつ全てにイラストがついています。
現代文と用途が異なる古文単語を具体的にイメージしづらい場合に活用しやすく、記憶に結びつく学習ができるでしょう。
また、例文も豊富なため、実際の用途や文章中での使い方を学びたいときにも便利です。

河合出版『古文(河合塾SERIES―入試精選問題集)』(河合塾国語科)

首都圏や関西圏の難解私立大学及び中堅国公立レベルに特化しており、古文23題を収録しています。
基礎固め用というよりは入試対策用の実践問題集という位置づけであり、自分の中の引き出しを多くしたい人におすすめの一冊です。
過去問だけでは演習量が足りない場合に、試してみましょう。

知識問題対策

まずは、知識問題対策の参考書です。
繰り返し周回しながら、確実に点を取る実力を身につけるためにコツコツ取り組みましょう。

旺文社『分野別漢検 でる順問題集2級新装四訂版』(旺文社編集)

漢字検定用のテキストではありますが、明治大学農学部レベルの漢字対策としても活用できる一冊です。
読み・書きはもちろん、四字熟語・慣用句・同音及び同訓異字・誤字訂正など、幅広く単元ごとに分けて収録されているため、入試当日の形式に早く慣れておきたい場合にも有効です。
出題形式に捉われず、掲載されている漢字を全て網羅的に学習しておけば、これ一冊でも十分な得点力が得られます。

ナガセ出版『古文単語FORMULA600【改訂版】』(富井健二)

古文単語を視覚的に理解しやすいとして注目を浴びている単語帳です。
実際に古文単語がどう文中で活用されているかを紹介する項目もあり、引用元も明記されているため、文学史を学ぶうえでも便利です。
確認テストや音声学習ができる提携アプリもリリースされているため、効率よく学習したい人はスマートフォン等にインストールして相乗効果を狙いましょう。

明治大学農学部の国語の過去問情報

明治大学農学部の過去問は、明治大学のオープンキャンパスなどで入手できます。 また、市販されている過去問集を使うこともおすすめです。 農学部だけでなく他学部の過去問も参考にすれば、十分な演習量を確保できるでしょう。

まとめ

明治大学農学部の国語は、難問・奇問がなく、知識問題偏重型の出題がおこなわれます。
漢文以外の単元を広く学び、点を落とさない対策をするのがポイントです。

入学を希望する人は、入試傾向を的確に掴み、対策していきましょう。
また、早期の段階で参考書の選定を終え、自分に合った学習法を確立することも大切です。