受験情報

2021.01.01

【明治大学政治経済学部の国語】傾向と対策や過去問情報をご紹介

目次

明治大学の理工学部は、数学を利用した受験が可能です。
受験前には大学ごとの出題傾向を掴むだけでなく、学部ごとの傾向や科目ごとの特色を読み解き、万全の準備をしておきましょう。

今回は、明治大学理工学部の数学に焦点を当て、傾向と対策を紹介します。

過去問情報などにも触れますので、志望校のひとつとして検討している方は是非参考にしてみてください。

明治大学理工学部の入試情報

まずは、明治大学理工学部の基本的なプロフィールを紹介します。
概要を知っておくことで他の学部・大学との比較がしやすくなりますので、チェックしてみましょう。

入試方式ごとの入試科目と配点

明治大学理工学部に受験入学するためには、大学入学共通テスト利用入学試験もしくは学部別入学試験を突破する必要があります。
下記ではそれぞれで使用する科目と配点情報を紹介しますので、目を通してみましょう。

大学入学共通テスト利用入学試験

大学入学共通テストの利用入学試験では、3科目方式・4科目方式のうち希望するものを選択できます。

3科目方式を選択する場合、受験科目は下記の通りです。

・数学ⅠA、数学ⅡBから1科目選択(100点)
・物理、化学、生物、地学から1科目選択(200点)
・外国語(200点)

4科目方式を選択する場合、受験科目は下記の通りです。

・国語(100点)
・数学ⅠA、数学ⅡBから1科目選択(100点)
・物理、化学、生物、地学から1科目選択(200点)
・外国語(200点)

外国語は、どの科目方式を選択しても必ず受験が必要です。
それ以外の科目は選択科目となるため、得意分野に合わせて選択していきましょう。

学部別入学試験

学部別入学試験では、下記3科目を使って受験します。

・数学(120点)
・理科(120点)
・外国語(120点)

明治大学他学部では外国語の配点比重が高いことが多いですが、理工学部ではどの科目も均等配点です。まんべんなく勉強しておきましょう。

明治大学理工学部の学科ごとの偏差値

明治大学理工学部は、学科ごとに偏差値が多少異なります。

・機械工学科57.5
・機械情報工学科60.0
・建築学科60.0
・応用化学科60.0
・情報化学科60.0
・数学科57.5
・物理学科57.5
・電気学科57.5

明治大学内では、少し低め~平均程度の偏差値に落ち着くことが多いです。

明治大学理工学部の倍率情報

明治大学理工学部の倍率は、入学方式によって異なります。
大学入学共通テスト利用入試の方が倍率は高めであり、3.1~3.7程度です。
一方、学部別入学試験は、3.2~3.6倍です。

年度によって幅がありますので、模試等を利用しながら確実な合格力を身につけていくことが重要です。

明治大学理工学部の数学の入試情報

ここからは、実際に明治大学理工学部数学の入試情報を紹介します。
概要を掴みながら、傾向と対策を読み取っていきましょう。

基本情報

明治大学理工学部の数学は、90分で解答します。
大学入学共通テストは全てマークシート形式ですが、学部別入学試験に限り記述形式も加わります。
大問の数は例年3題であり、少なくとも1つは小問集合が含まれます。

明治大学理工学部の数学の配点情報

明治大学理工学部数学の配点は、入学方式によって異なります。
大学入学共通テスト利用入試の場合、選択科目数に関わらず100点満点で計算されます。
外国語と理科科目が200点であることを考えると、少し比重が軽いと言えるでしょう。
学部別入学試験の場合、120点満点で計算されます。
こちらは外国語・理科科目との差はなく、全科目一律で120点です。

明治大学理工学部の数学は難しい?難易度を解説

明治大学理工学部の数学は、標準レベルです。
基本的な解法をしっかり身につけ、教科書に掲載されている応用問題をミスなく解ければ、問題なく合格できるでしょう。
そのため、特殊な難問・奇問に対応できる素養は問われません。
ただし、ある程度計算の確実性やスピードがないと点差が開きやすいことには注意が必要です。

明治大学理工学部の数学の傾向・特徴

ここからは、実際に明治大学理工学部の数学について読み解き、傾向や特徴を掴んでいきましょう。
受験対策のカギとなるポイントでもあるため、しっかり把握することが大切です。

微積分からの問題が頻出

明治大学は、全体的に微積分からの出題が多い大学だと言われています。
理工学部も例に漏れず、毎年必ず微積分からの出題がおこなわれているため、特に時間をかけて対策しておきましょう。
その場合は大問3にて完全記述形式で扱われることも多く、記述形式と併せて学んでおくことが理想です。

難問よりも基礎重視の対策を

理工学部に限らず、明治大学の数学に目立つ難問・奇問が出るケースはほとんどありません。
そのため、国公立や早慶にも対応できるような高いレベルの対策をするよりは、基礎・基本寄りの対策に時間を割き、何度も同じ難易度程度の問題を反復するのがよいでしょう。
ただし、微積分に限っては他よりも難易度が高めに設定されている割合が高いため、微積分単元のみハイレベルな対策をしておくことをおすすめします。

図形や方程式の出題割合も高い

小問集合では、方程式からの出題割合が高くなります。
基本的な計算力と処理スピードを問うものであるため難易度は高くないものの、確実性を求められる部分だと言えるでしょう。
また、図系からの出題も多く、記述が求められることも多いです。
過去問を通して時間配分なども計算し、取り組んでおくことが大切です。

明治大学理工学部の数学対策・勉強法

次に、更に踏み込んで単元ごとの対策法を確認していきましょう。
明治大学理工学部用の対策ができていれば、受験を突破する十分な学力を身につけられます。

基礎・基本対策

明治大学理工学部は基礎・基本寄りの「どこかで見たことのあるような問題」が出ることが多いです。
そのため、基本的な解法や公式は身につけたうえで、正確性とスピードのある解答を意識していくのがよいでしょう。
特に小問集合形式の可能性が高い大問1においては、その性質が高まります。
後半に出題される微分積分や図形問題に十分時間を割けるよう、計算問題には時間を割かないよう意識しておくことがおすすめです。

微積分対策

微積分についてはどの年度でも必ず出題される単元であるため、勉強時間を増やし、抜け・漏れのない理解をしておくことが肝心です。
場合によっては基礎・基本解説テキストに都度戻りながら、自分の実力を過信することなく対策していくのがよいでしょう。
また、演習問題のボリュームを増やし、初見問題を減らしていくこともおすすめです。

図形問題対策

図形問題の出題率も高く、記述式で解答を求められる場合があります。
自分の解答をどう分かりやすく相手に伝えるかという観点を持ち、表現力も磨いておく必要があるでしょう。
もちろん、基本的な解き方についても学んでおく必要があり、明治大学理工学部の数学内では比較的難易度の高い大問になる可能性が高いです。
合格を確実にしたい場合は少し難易度の高い問題集にも挑戦しておきましょう。

明治大学理工学部の数学対策におすすめの参考書

次に、明治大学理工学部の数学対策をしたい人向けの参考書を紹介します。
それぞれ2冊ずつピックアップしましたので、参考書選びに迷っている方は検討してみましょう。

基礎・基本対策

まずは、基礎・基本対策の参考書です。
繰り返し周回しながら、計算ミスをしない実力を身につけるためにコツコツ取り組みましょう。

数研出版『チャート式 基礎からの数学Ⅱ+B』(チャート研究所)

受験数学を乗り切る必須項目が揃った、ベストセラー参考書です。
大学入学共通テストレベルであればこれ1冊で対応できるとされている通り、数学ⅡBを網羅的に学びながら問題演習にも取り組むことが可能です。
例題が多く、トータルで900題以上収録されているため、周回しながら取り組むには適していると言えるでしょう。

文栄堂『合格る計算 数学I・A・II・B』(広瀬和之)

本冊200ページ、別冊解答104ページを誇る大ボリュームの参考書です。
既におよその解法が身についている人が挑戦するのに最適であり、計算法のブラッシュアップに活用できます。
また、高校指導要領の枠に囚われることなく、単元を横断しながらの問題演習をしたいときにも最適です。
毎日20~30分程コツコツ計算問題したいときに使用しましょう。

微積分対策

次に、微積分用の参考書を紹介します。
明治大学理工学部の数学ではほとんどの年で微積分が出題されているため、欠かさず対策しておきましょう。

KADOKAWA・中経出版『改訂版 坂田アキラの 数IIの微分積分が面白いほどわかる本』(坂田アキラ)

微積分に特化した参考書であり、基礎から応用まで完全網羅されています。
入試問題のフェーズでは大学入学共通テストレベルから国公立大学2次試験・難関私立大学レベルまで幅広く網羅されており、微積分対策を手厚くしたい人向きです。
グラフや図を活用して分かりやすく解説することに終始しているため、独学で微積分を学ぶのに限界を感じている人がいれば、ぜひ手に取ってみましょう。

数研出版『チャート式シリーズ 大学教養 微分積分』(加藤文元)

姉妹書『数研講座シリーズ大学教養微分積分』に掲載された練習問題・章末問題に加え、オリジナル問題を53問追加している演習特化型参考書です。
チャート式シリーズの中でも特に微積分に集中しており、1変数から多変素まで多くの問題を扱います。
徐々に難易度を上げられるよう工夫されており、教科書レベルの基礎・基本から入試問題対策まで手掛けることが可能です。

図形問題対策

次に、図形問題対策用の参考書です。
他の問題よりも難易度が高めになる可能性も考え、少しレベル高めのものに挑戦できると安心です。

KADOKAWA『大学入試 土田竜馬の 数学[図形問題] プラチナルール』(土田竜馬)

見かけ上は図形問題でも、使う知識は三角関数や微分積分であることが多い問題に対し、「どう解き方を見つけるか」に特化した参考書です。
図形問題に対する着眼点を磨きたい場合におすすめの一冊であり、知識の応用や解法選択などオリジナリティのある内容であるため、ぜひ入手してみましょう。
また、別解も多いため総合力を鍛える意味でもおすすめです。

河合出版『教科書だけでは足りない大学入試攻略理系受験生のための図形問題 (河合塾シリーズ)』(福井敏英)

教科書の範囲を少し超えた問題集であり、図形を中心にしながらも他の単元にも触れている一冊です。
理系学生用の参考書であるため難易度が少し高めに設定されており、数学が得意な人がよりレベルアップしたいとき向けだと言えるでしょう。
単元横断型の総合問題もリストアップされているため、数学全般に使えます。

明治大学理工学部の数学の過去問情報

最後に、明治大学理工学部の数学について、過去問をダウンロードできるページを紹介します。
実際に過去問を見て傾向を掴みたい人や、問題に取り組んでみたい人は、確認してみてください。

2020年度の数学の過去問

こちらからダウンロード
大問3のみ記述式であり、記述の割合が例年より少なめの年でした。
問題の難易度自体は例年と変わらず、平均の範囲内です。

2019年度の数学の過去問

こちらからダウンロード
難易度は例年より少し簡単めであったものの、小問集合の割合が高い年でした。
問題量も多く、スピードが求められた年度だと分かります。

まとめ

明治大学理工学部の数学は、難問・奇問がないものの、微積分の難易度が高めに設定されています。
途中式の多い計算問題の比重も高く、対策しておく必要がありそうです。

入学を希望する人は、入試傾向を的確に掴み、対策していきましょう。
また、早期の段階で参考書の選定を終え、自分に合った学習法を確立することも大切です。