受験情報

2021.01.13

【明治大学農学部の生物】傾向と対策や過去問情報をご紹介

目次

明治大学の農学部は、生物を利用した受験が可能です。
受験前には大学ごとの出題傾向を掴むだけでなく、学部ごとの傾向や科目ごとの特色を読み解き、万全の準備をしておきましょう。

今回は、明治大学農学部の生物に焦点を当て、傾向と対策を紹介します。

過去問情報などにも触れますので、志望校のひとつとして検討している方は是非参考にしてみてください。

明治大学農学部の入試情報

まずは、明治大学農学部の基本的なプロフィールを紹介します。
概要を知っておくことで他の学部・大学との比較がしやすくなりますので、チェックしてみましょう。

入試方式ごとの入試科目と配点

明治大学農学部に受験入学するためには、大学入学共通テスト利用入学試験もしくは学部別入学試験を突破する必要があります。
下記ではそれぞれで使用する科目と配点情報を紹介しますので、目を通してみましょう。

大学入学共通テスト利用入学試験

大学入学共通テストの利用入学試験では、3科目方式・4科目方式のうち希望するものを選択できます。

3科目方式を選択する場合、受験科目は下記の通りです。

・外国語(200点)
・国語(200点)
・地理歴史、公民、数学、理科から1科目選択(200点)

4科目方式を選択する場合、受験科目は下記の通りです。

・外国語(200点)
・国語(200点)
・物理、化学、生物、地学から1科目(200点)
・数学、物理、化学、地学から1科目(200点)

外国語と国語は、どの科目方式を選択しても必ず受験が必要です。
それ以外の科目は選択科目となるため、得意分野に合わせて選択していきましょう。

学部別入学試験

学部別入学試験では、下記3科目を使って受験します。

・外国語(120点)
・国語、数学、化学、生物から2科目選択(各120点)

明治大学他学部では外国語の配点比重が高いことが多いですが、農学部ではどの科目も均等配点です。まんべんなく勉強しておきましょう。

明治大学農学部の学科ごとの偏差値

明治大学農学部は、学科ごとに偏差値が多少異なります。

・農学科57.5
・食料環境政策学科60.0
・農芸化学科57.5
・生命科学科60.0

明治大学内では、少し低め~平均程度の偏差値に落ち着くことが多いです。

明治大学農学部の倍率情報

明治大学農学部の倍率は、入学方式によって異なります。
大学入学共通テスト利用入試の方が倍率は高めであり、3.6~5.6程度です。
一方、学部別入学試験は、2.5~3.5倍です。

年度によって幅がありますので、模試等を利用しながら確実な合格力を身につけていくことが重要です。

明治大学農学部の生物の入試情報

ここからは、実際に明治大学農学部生物の入試情報を紹介します。
概要を掴みながら、傾向と対策を読み取っていきましょう。

基本情報

明治大学農学部の生物は、他の選択科目と併せて120分で解答します。
大学入学共通テストは全てマークシート形式ですが、学部別入学試験に限り記述形式も加わります。
大問数は例年5題になることが多く、幅広い単元から出題されます。

明治大学農学部の生物の配点情報

明治大学農学部生物の配点は、入学方式によって異なります。
大学入学共通テスト利用入試の場合、選択科目数に関わらず200点満点で計算されます。
学部別入学試験の場合、120点満点で計算されます。

明治大学農学部の生物の難易度・レベルはどれくらい?

特別な難問・奇問は出題されないため、基礎~標準程度の難易度だと言えるでしょう。
しかし、計算問題が多くなる傾向にあり、正確性とスピードが求められます。
また、年度によって問題数が変動するため、予測しづらい科目だと言えるでしょう。
基礎・基本を重視しながら計算問題に対する十分な対策が求められます。

明治大学農学部の生物の傾向・特徴

ここからは、実際に明治大学農学部の生物について読み解き、傾向や特徴を掴んでいきましょう。
受験対策のカギとなるポイントでもあるため、しっかり把握することが大切です。

遺伝分野からの出題が多い

明治大学農学部の生物は幅広い単元から出題されますが、特に遺伝分野は頻出です。 計算問題がピックアップされることも多く、特に点差がつきやすい単元だと言えるでしょう。 合格をより確実なものにしたいのであれば、遺伝分野の対策は抜け・漏れなくやっておくことが大切です。

代謝からの出題も多い

DNA・環境に対するヒトの反応・体内環境の維持に必要な要素・交配実験に関する出題も多く、代謝単元は必ず押さえておきたいポイントです。 前述した遺伝単元と併せて、頻出単元としてチェックしておきましょう。 ただし、難易度はそう高くありませんので、基礎・基本問題を周回しながら確実な知識習得を狙うことがおすすめです。

スピード対策が重要

明治大学の生物は、農学部に限らず大問数・問題数が変動しやすい科目として知られてします。そのため、受験当日にならないとボリュームが分からず、時間配分に迷ってしまう可能性があるでしょう。 また、生物以外の選択科目と併せて120分で解答するという特別な入試形式であるため、生物はなるべくスピード重視で解くことをおすすめします。

明治大学農学部の生物対策・勉強法

次に、更に踏み込んで単元ごとの対策法を確認していきましょう。
明治大学農学部用の対策ができていれば、受験を突破する十分な学力を身につけられます。

文章の読解力を上げておく

明治大学の生物は、問題文そのものの文章量が他大学と比較して多めです。
「全文に目を通しているだけでかなりの時間を食われてしまった」ということになりかねないため、文章の読解力を上げておく必要があるでしょう。
また、問題に慣れることである程度アタリをつけてナナメ読みする技術も必要です。
1文ずつ全てに目を通そうとすると、どんなに解答スピードが速い人でも時間が足りなくなってしまうとあらかじめ心得ておき、設問から先に目を通すなど工夫しておきましょう。

遺伝子分野は難問まで挑戦しておく

明治大学の生物は基本的に平易な難易度であるものの、遺伝分野は毎年頻出の単元です。
年度によっては大問2つ分を割いたこともあるため、ここで点数が取れないと合格が遠ざかると思っておきましょう。
そのため、高得点を取り合格を確実なものにしたいのであれば、遺伝分野に限ってはある程度の難易度がある問題にチャレンジしておくことをおすすめします。
伴性遺伝・対立遺伝子・減数分裂・組換え価と染色体地図などの基本的な要項に加え、DNAの構造・RNAの加工・遺伝の法則なども抑えておきたいポイントです。

PCR法に関する知識を定着させておく

新型コロナウイルスの流行に伴い、「PCR検査」の単語が話題になるシーンが増えています。
PCR法は高校生物の範囲で基礎を学べるため、時事問題対策としても取り組んでおくのがよいでしょう。
コロナ流行前の2017年には実際にポリメラーゼ連鎖反応をテーマにPCR法に関する出題が行われたこともあり、DNAの構造・遺伝子組み換えと同様のボリュームで扱われていました。
記述形式で出題されることも視野に入れ、自分の言葉で基本的な概要や解法を説明できるようになっておくのが理想です。

明治大学の生物対策におすすめの参考書5選

ここでは、明治大学の生物対策に適した参考書を紹介します。
基礎から応用まで幅広くピックアップしていますので、自分のレベルや復習したい単元に合わせて検討してみましょう。

ナガセ『田部の生物基礎をはじめからていねいに(東進ブックス名人の授業)』(田部眞哉)

超基礎レベルの参考書であり、高校生物の概要にザッと目を通したい人に向いています。
図・グラフ・表・イラスト・キャラクターによる吹き出し解説などが豊富であり、非常に見やすいレイアウトになっています。
生物の図説や資料集としても活用できるくらいの解説量を誇りますので、生物に苦手意識がある人でも問題なく取り組めるでしょう。
また、知識・用語・語句・公式の丸暗記だけでなく、「そもそもなぜこの実験結果が得らえるのか」「なぜこのような構造・仕組みになっているのか」を根本から把握するのにも便利です。
新課程である「生物基礎」科目にも対応した最新版でもありますので、教科書ガイドとして補足的に活用するのもおすすめです。

文英堂『生物基礎の必修整理ノート新課程版(要点を書き込むだけで覚える)』(文英堂編集部)

生物基礎の単元を全範囲的に網羅したうえで、ノートに書き込むような形で知識の定着が図れる参考書です。
書き込みながら覚えられるため、ただ参考書を読んでいるよりも効率よく頭に入れることができるでしょう。
また、問題演習のページも豊富に確保されているため、習ったばかりの知識を演習に活かしたい人にも向いています。
超基礎レベルの参考書に目を通し終わったら、ヒントや解説なしでどれくらい欄を埋められるかチャレンジしながら取り組み、自分の抜け・漏れがニガテ単元を確認するのに使うのがおすすめです。

河合出版『生物用語の完全制覇』(汐津美文)

中学生物では出てこなかった、高校生物ならではの単語を網羅して紹介する参考書です。
データ編と問題編との2つに分けて構成されており、演習問題ベースで解説されるため、用語集としてだけでなく演習用参考書としても活用できるのがメリットです。
問題編は大学入試問題から生物用語問題を213題ピックアップして収録されているため、受験を見据えた演習にレベルアップしたい人にも向いているでしょう。
また、基礎問題と応用問題それぞれにレベル分けされているので、自分のレベルに合わせて活用することも可能です。

旺文社『大森徹の生物 記述・論述問題の解法 新装版』(大森徹)

生物の記述・論述にターゲティングした参考書です。
第1編では、記述・論述のルール・構文・考察パターンに的を絞った解説が行われます。
「答えは分かっているけれどどのように記述すればいいか分からない」
「最終的な解答は合っているのにいつも途中点までしか取れない」
という人に最適であり、採点者の目線で記述対策しやすくなるでしょう。
第2編では、実際に入試で出題された問題を解きながら、自分で表現する力を養います。
明治大学以外の大学にも目を向け、より多角的な問題演習がしたい場合は是非活用していきましょう。

文英堂『大森徹の最強問題集159問 生物』(大森徹)

明治大学より上位の難関校を受験する学生が使用することも多い、レベルの高い参考書です。
タイトルの通り問題演習に特化しており、国公立大学や難関私立大学の過去問から良問がピックアップされています。
実践重視の問題集であるため、マークシート形式はもちろん記述形式にも対応しており、遺伝子分野からの計算問題も扱っています。
明治大学の生物で頻出である計算問題対策をしたい人は、是非活用したい1冊です。

明治大学農学部の生物過去問情報

最後に、明治大学農学部の生物について、過去問をダウンロードできるページを紹介します。
実際に過去問を見て傾向を掴みたい人や、問題に取り組んでみたい人は、確認してみてください。

・2020年度の生物の過去問
こちらからダウンロード

・2019年度の生物の過去問
こちらからダウンロード

まとめ

明治大学農学部の生物は、出題範囲が広めです。
特に遺伝や代謝の単元は頻出であり、ときには時事問題に関連する話題もピックアップされます。

入学を希望する人は、入試傾向を的確に掴み、対策していきましょう。
また、早期の段階で参考書の選定を終え、自分に合った学習法を確立することも大切です。