受験情報

2021.01.20

【明治大学情報コミュニケーション学部(情コミ)の国語】傾向と対策や過去問情報をご紹介

目次

明治大学の情報コミュニケーション学部(情コミ)は、国語を利用した受験が可能です。
受験前には大学ごとの出題傾向を掴むだけでなく、学部ごとの傾向や科目ごとの特色を読み解き、万全の準備をしておきましょう。

今回は、明治大学情報コミュニケーション学部(情コミ)の国語に焦点を当て、傾向と対策を紹介します。

過去問情報などにも触れますので、志望校のひとつとして検討している方は是非参考にしてみてください。

明治大学情報コミュニケーション学部(情コミ)の入試情報

まずは、明治大学情報コミュニケーション学部(情コミ)の基本的なプロフィールを紹介します。
概要を知っておくことで他の学部・大学との比較がしやすくなりますので、チェックしてみましょう。

入試方式ごとの入試科目と配点

明治大学情報コミュニケーション学部(情コミ)に受験入学するためには、大学入学共通テスト利用入学試験もしくは学部別入学試験を突破する必要があります。
下記ではそれぞれで使用する科目と配点情報を紹介しますので、目を通してみましょう。

大学入学共通テスト利用入学試験

大学入学共通テストの利用入学試験では、3科目方式・6科目方式のうち希望するものを選択できます。

3科目方式を選択する場合、受験科目は下記の通りです。

・外国語(200点)
・国語、数学から1科目選択(200点)
・地理歴史、公民、理科から1科目選択(200点)

6科目方式を選択する場合、受験科目は下記の通りです。

・国語(200点)
・外国語(200点)
・数学(100点)
・地理歴史、公民、理科から2科目選択(各100点)

外国語は、どの科目方式を選択しても必ず受験が必要です。
それ以外の科目は選択科目となるため、得意分野に合わせて選択していきましょう。

学部別入学試験

学部別入学試験では、下記3科目を使って受験します。

・外国語(100点)
・国語(100点)
・地理歴史、公民、数学から1科目選択(100点)

どの科目においても、配点バランスは変わりません。
バランスよく学習し、確実に点へとつなげられるよう対策しておきましょう。

明治大学情報コミュニケーション学部(情コミ)の学科ごとの偏差値

明治大学情報コミュニケーション学部(情コミ)は、情報コミュニケーション学科の単一学科のみを有しています。
偏差値は62.5~65.0程度に落ち着くことが多く、明治大学内では平均程度になることが多いです。

明治大学情報コミュニケーション学部(情コミ)の倍率情報

明治大学情報コミュニケーション学部(情コミ)の倍率は、入学方式によって異なります。
大学入学共通テスト利用入試の方が倍率は高めであり、4.54~8.5程度です。
一方、学部別入学試験は、3.7~4.9倍です。

年度によって幅がありますので、模試等を利用しながら確実な合格力を身につけていくことが重要です。

明治大学情報コミュニケーション学部(情コミ)の国語の入試情報

ここからは、実際に明治大学情報コミュニケーション学部(情コミ)国語の入試情報を紹介します。
概要を掴みながら、傾向と対策を読み取っていきましょう。

基本情報

明治大学情報コミュニケーション学部(情コミ)の国語は、60分で解答します。
大問は3つで構成されており、漢文の出題はされません。
原則として現代文がふたつ、古典からひとつというシンプルな作りになっていることが多いです。

明治大学情報コミュニケーション学部(情コミ)の国語の配点情報

明治大学情報コミュニケーション学部(情コミ)の国語は、大学入学共通テスト利用入学試験に限り200点満点で計算されます。
外国語と同じ配点であり、選択科目よりは配点が高いことを考えると、バランスが分かりやすくなるでしょう。
学部別入学試験は100点満点で、外国語や選択科目と同じ比重です。

出題範囲

明治大学情報コミュニケーション学部(情コミ)の国語は、国語総合から出題されます。
文学部のように現代文Bや古典Bの対策はいらない点を抑えておきましょう。
また、漢文は出題されません。
中国文学史なども含めて対策する必要がなく、ある程度範囲を絞りやすい科目だと言えます。

問題量と時間配分

60分という他科目と変わらない時間を設けられながら、大問が3つという比較的小規模な作りであるため、時間配分に困ることはないでしょう。
大問ひとつあたりの問題数も、大問数が少ない分若干多めに感じられますが、解き切れない量ではありません。
スピードよりも内容の精読が求められ、点を落とさないための対策が不可欠です。

明治大学情報コミュニケーション学部(情コミ)の国語は難しい?難易度・レベルを解説

明治大学情報コミュニケーション学部(情コミ)の国語は、標準レベルの出題です。
年度によってはひとつの大問で古文がふたつ扱われることもあり、古文の読解に時間がかかってしまうケースがあるでしょう。
そのため、古文対策を怠ってきた学生には難易度が高く感じられるかもしれませんが、レベル自体は比較的平易です。

明治大学情報コミュニケーション学部(情コミ)の国語の傾向・特徴

ここからは、実際に明治大学情報コミュニケーション学部(情コミ)の国語について読み解き、傾向や特徴を掴んでいきましょう。
受験対策のカギとなるポイントでもあるため、しっかり把握することが大切です。

古文のレベルが少し高め

明治大学内の他学部と比較して、古文のレベルが少し高めです。
基本的な古文単語を暗記できていないと解けない工夫がされていたり、古典文法が問われたりする問題が多く、暗記偏重型だと言えるでしょう。
また、時代背景を問うような日本史的出題も多く、代表的な古典文学は予備知識含めて触れておく必要があります。

漢字は完全解答を目指す

明治大学情報コミュニケーション学部(情コミ)の漢字レベルは基本レベルであり、サービス問題に感じる受験生が多いです。
その分点数を取りやすい単元ではありますが、反対に点を落とすと非常に痛い思いをする可能性が高いです。
ここで点を落とさないよう、完全解答を狙いましょう。

現代文はオーソドックスな出題が多い

現代文の難易度は古文よりも低く、オーソドックスな問題が多いです。
基本的な文法や読解力が身についていれば、そう難しくはないでしょう。
また、大問2題とも論説文からの出題が多く、小説・随筆が扱われることは非常に稀です。

明治大学情報コミュニケーション学部(情コミ)の国語対策・勉強法

次に、更に踏み込んで単元ごとの対策法を確認していきましょう。
明治大学情報コミュニケーション学部(情コミ)用の対策ができていれば、受験を突破する十分な学力を身につけられます。

知識問題対策

レベルはそう高くありませんが、漢字の読み書きは必ず出題されます。
学校の小テストレベルで問題ないため、コツコツ長期間取り組むことが欠かせないでしょう。
余裕があれば漢字検定などの単元なども参考に、さまざまな情報に触れておくことも大切です。

現代文対策

硬質な評論文が多く、読解に時間がかかりやすいです。また、選択形式の設問が多いため、設問を読むだけでも時間がかかるでしょう。
キーワードセンテンスだけでなく、対照表現や同意表現に着目し、文章を文節ごとに切り分けながら読むトレーニングが必要です。
繰り返していけば、読解時間を大幅に短縮できるでしょう。

古文対策

古典文法・古文常識・古典文学史など、幅広く扱われます。
基本的な読解スキルを身につける他、古典に特化した知識問題も欠かさず学んでおく必要があるでしょう。
レベルはさほど高度ではないため、基礎重視の学びで問題ありません。

明治大学情報コミュニケーション学部(情コミ)の国語対策におすすめの参考書

次に、明治大学情報コミュニケーション学部(情コミ)の国語対策をしたい人向けの参考書を紹介します。
それぞれ2冊ずつピックアップしましたので、参考書選びに迷っている方は検討してみましょう。

現代文対策

まずは、現代文対策用の参考書です。
評論文対策を中心に、トレーニングしていきましょう。

河合出版『現代文と格闘する(河合塾シリーズ)』(竹國友康)

レベルの高い評論文が中心になっている問題集であり、基礎的な読解力が身についているか、チェックできます。
詳しい解説がついているため、テクニックや読み解き方のポイントを学びたいときにも最適でしょう。
明治大学他学部の出題にも、十分対応できるレベルです。

駿台文庫『現代文読解の基礎講義(駿台受験シリーズ)』(中野芳樹)

現代文の読解テクニック解説が多い参考書であり、問題収録数も多いため、参考書兼問題集のように使うことが可能です。
基礎力が身についていることが前提となっており、合格を勝ち取るためのあと1点を獲得したい人向けのテキストだと言えるでしょう。
「何となく現代文を読む」段階から脱却したい人は、ぜひ入手してほしい一冊です。

古文対策

次に、古文対策用の参考書です。
知識問題まで幅広く学び、対応力を上げていきましょう。

Z会『速読古文単語 改訂版』(Z会出版編集部)

古文単語を300語収録しており、ひとつひとつ全てにイラストがついています。
現代文と用途が異なる古文単語を具体的にイメージしづらい場合に活用しやすく、記憶に結びつく学習ができるでしょう。
また、例文も豊富なため、実際の用途や文章中での使い方を学びたいときにも便利です。

河合出版『古文(河合塾SERIES―入試精選問題集)』(河合塾国語科)

首都圏や関西圏の難解私立大学及び中堅国公立レベルに特化しており、古文23題を収録しています。
基礎固め用というよりは入試対策用の実践問題集という位置づけであり、自分の中の引き出しを多くしたい人におすすめの一冊です。
過去問だけでは演習量が足りない場合に、試してみましょう。

知識問題対策

まずは、知識問題対策の参考書です。
繰り返し周回しながら、確実に点を取る実力を身につけるためにコツコツ取り組みましょう。

旺文社『分野別漢検 でる順問題集2級新装四訂版』(旺文社編集)

漢字検定用のテキストではありますが、明治大学情報コミュニケーション学部(情コミ)レベルの漢字対策としても活用できる一冊です。
読み・書きはもちろん、四字熟語・慣用句・同音及び同訓異字・誤字訂正など、幅広く単元ごとに分けて収録されているため、入試当日の形式に早く慣れておきたい場合にも有効です。
出題形式に捉われず、掲載されている漢字を全て網羅的に学習しておけば、これ一冊でも十分な得点力が得られます。

ナガセ出版『古文単語FORMULA600【改訂版】』(富井健二)

古文単語を視覚的に理解しやすいとして注目を浴びている単語帳です。
実際に古文単語がどう文中で活用されているかを紹介する項目もあり、引用元も明記されているため、文学史を学ぶうえでも便利です。
確認テストや音声学習ができる提携アプリもリリースされているため、効率よく学習したい人はスマートフォン等にインストールして相乗効果を狙いましょう。

明治大学情報コミュニケーション学部(情コミ)の国語の過去問情報

明治大学情報コミュニケーション学部(情コミ)の過去問は、明治大学のオープンキャンパスなどで入手できます。
また、市販されている過去問集を使うこともおすすめです。
情報コミュニケーション学部(情コミ)だけでなく他学部の過去問も参考にすれば、十分な演習量を確保できるでしょう。

まとめ

明治大学情報コミュニケーション学部(情コミ)の国語は、難問・奇問がなく、知識問題偏重型の出題がおこなわれます。
漢文以外の単元を広く学び、点を落とさない対策をするのがポイントです。

入学を希望する人は、入試傾向を的確に掴み、対策していきましょう。
また、早期の段階で参考書の選定を終え、自分に合った学習法を確立することも大切です。

明治大学情報コミュニケーション学部の入試傾向と対策!合格するための勉強法も解説